犬にやさしい無添加ドッグフードのランキング&選び方のコツ

犬を家族の一員として育てている飼い主さんの中には、「愛犬には安心できるフードを食べさせてあげたい」と考えている方も多いです。

ただ、現時点で売られているドッグフードの数はかなり多く、同じメーカーの商品でも「◯◯用」「●●味」などと様々な種類に分かれています。

…そんな現状なので、「結局、どれがいいの?」となってしまい、選ぶ時点で挫折してしまう場合も。。。

そこで、全部で100種類以上もあるドッグフードの中身を分析し、「無添加で安全・安心」というドッグフードや、「グレインフリー(穀物不使用)でアレルギー対策もばっちり」という情報をランキング形式でまとめてみました。

大切な愛犬のためのドッグフードを探している方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

当サイトで実際に選ばれている「ドッグフード」ランキング

それではまず、当サイトで実際に選ばれているドッグフードをランキング形式でご紹介します。

評価のポイントは主に以下の5つ。

  1. 食いつきは良好か?
  2. 新鮮なお肉(お魚)がたっぷり含まれているか?
  3. 100%無添加か?
  4. グレインフリー(穀物不使用)のフードか?
  5. フード全体の栄養バランスは優れているか?

この5つのポイントに「価格」や「みんなの評判」「毎月の販売実績」などもプラスした、現実的に選べるドッグフードを掲載しています。

1位:まるで手作り「モグワン」

mogwan
評価 Sランク
価格 3,960円(1.8kg)
1kgあたりの価格 2,200円
カロリー 344kcal/100g
メイン食材 チキン生肉・生サーモン
生産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
着色料 ◎(未使用
穀物 ◎(グレインフリー
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

あらゆるドッグフードの優れた点だけを集結させたフード。我が家の愛犬も毎日喜んで食べています。

メイン食材にチキン生肉と生サーモンを使い、犬の成長や健康維持に欠かせない栄養素である「動物性たんぱく質」の割合が50%以上という優れもの。その他、野菜やフルーツもたっぷり使用し、栄養バランスの取れたフードが愛犬の健康を支えてくれます。

また、オイルに上質なココナッツオイルを使用することで愛犬の皮膚トラブルや涙やけを防ぎ、グルコサミンやコンドロイチンが足腰のケアをサポートしてくれます。アミノ酸・オメガ3脂肪酸など、今話題の成分もたっぷり含まれています。

 

2年という歳月をかけて厳選されたそれらの食材が “手作りのようなおいしさ” の秘密で、「97.8%のワンちゃんが食べた!」と好評です。

「愛犬には栄養バランスの整ったフードを食べさせてあげたい」
「手作りフードを用意するのは、時間的に難しい!うまく作れるかどうかも不安・・・
「愛犬がドライフードを食べなくて、本当に困っている・・・!

もし、こんな悩みがあるなら、モグワンはお探しのフードに一番近い商品と言えるかもしれません。

 

価格は 1袋3,960円と少しお高めですが、今なら【定期購入+まとめ買い】で最大20%OFF、つまり 1袋3,160円まで費用を抑えることができます。

栄養バランスやコスパなど、あらゆる面においてワンランク上の無添加ペットフード。全ての飼い主さんに一度は試していただきたいイチオシ商品です。


モグワンがぴったりなワンちゃん

  • 4ヶ月〜シニアまで【一生おいしいもの】を食べたいワンちゃん
  • 栄養バランスが整った手作りのようなフードを食べたいワンちゃん
  • 日々のケア(アレルギーケア・丈夫な足腰・美しい毛並みなど)を大切にしたいワンちゃん

モグワン公式ページはこちら
 

2位:驚異の食いつき「カナガン」

kanagan
評価 Sランク
価格 3,960円(2kg)
1kgあたりの価格 1,980円
カロリー 361.25kcal/100g
メイン食材 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
生産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
着色料 ◎(未使用
穀物 ◎(グレインフリー
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

「100%無添加・お肉たっぷり・グレインフリー」と三拍子揃ったドッグフード。偏食で缶詰やおやつしか食べないワンちゃんにこそ試してほしいと生産者も太鼓判を押しています。

カナガンの公式ページを見てみると、今までカリカリを食べるのを嫌がっていたワンちゃんでも、「カナガンなら完食できた!」という嬉しい声も。

その食いつきの秘密は、メイン食材として使われているチキン。それは「平飼いチキン」と呼ばれるもので、普通のチキンよりおいしさが全然違うとのこと。これまでカリカリに見向きもしなかったワンちゃんが、お皿までペロペロするのも納得です。

 

また、カナガンにはビタミンやミネラルもたっぷり。オイルも上質なサーモンオイルを使用しているので、「毛並みがすごく良くなった!」と感動する飼い主さんも多いです。その他、すべての原材料に人間でも食べることのできるヒューマングレードを使用し、100%無添加でグレインフリーなのでアレルギーの心配もなく安心できます。

犬種、ライフステージを気にすることなく、どんなワンちゃんにも対応できる栄養バランスはとても魅力的。「小粒タイプ」なので、小さなワンちゃんでも美味しく食べることができます。最大20%OFFの定期コースで頼めば経済的にもおトクです。


カナガンがぴったりなワンちゃん

  • ドライフードだけでは食べてくれないワンちゃん
  • トッピングしても、上のウェットフードしか食べないワンちゃん
  • 毛並みがパサパサしているワンちゃん(特に長毛種)

カナガン公式ページはこちら
 

3位:販売個数No.1「ファインペッツ」

finepets
評価 Sランク
価格 初回お試し540円(1kg)
1kgあたりの価格 540円
カロリー 440kcal/100g
メイン食材 鹿肉・鶏肉
生産国 オランダ
酸化防止剤 ◎(ローズマリー
着色料 ◎(未使用
穀物 ◯(オートミール、大麦、全粒米)
賞味期限 製造後18ヶ月

FINEPET’Sのドッグフードの最大の魅力は、1kg540円のお試しパックが用意されていること。お試しパックといえば少量で割高なイメージがしますが、FINEPET’Sはまったくその逆。たっぷり1kgを540円(通常の76%OFF)という価格でお試しすることができます。「愛犬の口に合うかどうか?」を事前に確認できるのは嬉しいですね。

穀物にオートミール・大麦・全粒米が使用されていますが、トウモロコシや小麦に比べるとアレルギーになる割合は少なく、それほど心配する必要はありません。

というより、メイン食材にアレルギー性の低い「鹿肉」を使用し、その他の原材料もすべてヒューマングレードなので、「アレルギーが出なくなった」と喜ばれる飼い主さんの方が多い印象です。

 

また、フラクトオリゴ糖やビフィズス菌などのプロバイオティクスが腸内の善玉菌を増やし、愛犬のおなかの健康をサポートします。

さらに、ファインペッツのドッグフードはFINEPET’Sオートシップと呼ばれる定期便も魅力的。1回目〜9回目までは210円の割引、10回目以降からは10%割引になるなど、利用すればするほどおトクになります。(100回目はなんとタダ!

 

ただファインペッツは、全成分の80%がお肉のためカロリーが高めになっています。成長期の子犬にはうってつけですが、運動量の少なくなったシニア犬に与えすぎると肥満になる可能性があります。

公式ホームページに「給餌量」について詳しく書かれています。しっかり守るようにしましょう。


ファインペッツがぴったりなワンちゃん

  • Sランクフードをちょっぴりお試ししたいワンちゃん
  • 生後2ヶ月〜12ヶ月の成長期で食べ盛りのワンちゃん
  • お通じを改善したいワンちゃん

ファインペッツ公式ページはこちら
 

4位:選び抜かれた10種類の天然素材「アランズ」

ndf
評価 Sランク
価格 3,960円(2kg)
1kgあたりの価格 1,980円
カロリー 339kcal/100g
メイン食材 生ラム肉55%以上
生産国 イギリス
酸化防止剤 ◎(ビタミンE
着色料 ◎(未使用
穀物 △(玄米18%以上、全粒大麦、全粒オーツ麦)
賞味期限 常温未開封で製造日より18ヶ月

シンプルイズザベストを求めるなら迷わずこれ。アランズナチュラルドッグフードに使われている原材料はわずか10種類で、余計なものは一切含まれていません。

メイン食材に生ラム肉が55%以上も使用されており少量でも豊富なたんぱく質がとれるため、ドッグフードの減りがいつもの 1/2 に抑えられて経済的です。また、チキンにアレルギーのあるワンちゃんでも安心して食べることができます。

ローカロリー・低アレルギーなので、運動量の少ないシニアのワンちゃんや、ダイエットが必要なワンちゃんにぴったり。こちらも、定期コースやまとめ買いで最大20%OFFの割引が適用されます。


アランズがぴったりなワンちゃん

  • たくさんの栄養素を必要としていないシニアのワンちゃん
  • チキンにアレルギーがあるワンちゃん
  • ダイエットが必要なワンちゃん

アランズ公式ページはこちら
 

5位:オリジン

orijen
評価 Aランク
価格 6,156円(2.27kg)
1kgあたりの価格 2,711円
カロリー 398kcal/100g
メイン食材 新鮮な鶏肉、七面鳥、天然魚など
生産国 カナダ
酸化防止剤 ◎(天然成分
着色料 ◎(未使用
穀物 ◎(グレインフリー
賞味期限 不明

「生物学的に適正なドッグフード」というコンセプトで、高タンパク低炭水化物の食事を実現したドッグフード。肉類:フルーツ野菜:穀物が、80:20:0 の割合で配合されています。(オリジンアダルトの場合)

原材料は全て人間でも食べられるヒューマングレードのものを使用しており、愛犬家や WDJ* などの第三者機関からの評価も高いです。本当に良いドッグフードだけに与えられる賞「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」も3年連続で受賞しています。

ただ、肉類の割合が 70%を超えるフードは、肥満になる・内臓に負担がかかるなどの懸念があるため、あげすぎには注意が必要です。また、公式サイトでの購入は、2.27kg で 6,156円とかなり高いため、Amazonや楽天などのネット通販を利用するのがおすすめです。

少量(340g)のお試しパックもあるので、初めての方はそちらから試してみると良いでしょう。

*WDJ・・・アメリカで有名な犬専門雑誌『The Whole Dog Journal(ホールドッグジャーナル)』のこと。ここで賞賛されたドッグフードは世界中の愛犬家からの評判も高い。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

 

6位:アーテミス

artemis
評価 Aランク
価格 1700円〜2030円(1kg)
1kgあたりの価格 1700円〜2030円
カロリー 368.3kcal/100g
メイン食材 新鮮なチキン、七面鳥など
生産国 アメリカ
酸化防止剤 ◯(トコフェロール
着色料 ◎(未使用
穀物 △(大麦・玄米・米・オーツ麦・きび)
賞味期限 不明

WDJで紹介され、世界中の愛犬家からの評判も高いドッグフード。

『フレッシュミックス』『アガリクス』『オソピュア』の3つのシリーズがあり、中身や犬の好みに合わせて選ぶことができます。

Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

 

失敗しないドッグフードの選び方・5つのポイント

上のランキングで考慮した評価基準は、今後「NGドッグフード」を避けるためにとても大切です。犬のからだと健康にやさしいドッグフードを選ぶには、次のようなポイントをチェックしてみてください。

1. 食いつきは良好か?

どんなに良いドッグフードでも、愛犬がおいしく食べてくれないことには意味がありません。あんまり美味しそうじゃないものを無理して与えるのもかわいそうですよね。

ドッグフードを選ぶ際はまず、「愛犬が喜んで食べているかどうか?」に注目することがポイントです。

ご飯を食べた後、お皿や床までペロペロすることがありますが、それが「今日のごはん美味しかったよ!」のサインです。

2. 新鮮なお肉・お魚がたっぷり使用されているものを選ぶ

肉食動物である「犬」の食事は、【高タンパク低炭水化物】が理想的です。ですので、できるだけ新鮮なお肉またはお魚がたっぷりと含まれているドッグフードを選ぶことがポイントです。

しかし、タンパク質が多すぎるフードというのも考えもの。タンパク質が多すぎると、内臓に負担がかかったり太りやすくなるため、病気や怪我になる可能性も増えてしまいます。

タンパク質のパーセンテージは、70%以下を目安にすると良いでしょう。

3. 100%無添加のものを選ぶ

犬のからだに危険な添加物が含まれていないドッグフードを選ぶことが、良いドッグフード選びの基本です。ですので、人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれているドッグフードは極力避けるべきです。

100%無添加・・・人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれていないドッグフード。犬のからだに害のない天然由来の酸化防止剤やビタミン・ミネラルは含みます。

4. グレインフリーのものを選ぶ

全ての犬にとって、穀物は消化が困難な食べ物です。特にトウモロコシや小麦は、「涙やけになる」「皮膚が炎症を起こす」など、犬がアレルギーを発症する恐れもあり危険です。

また、穀物メインのフードは【低タンパク高炭水化物】となり、栄養面でも不安が残ります。

犬のアレルギーを未然に防ぐには、グレインフリーのドッグフードか、最低でもトウモロコシや小麦が入っていない「お肉かお魚メイン」のものを選ぶべきです。

さらに、「グレインフリーに代わる食材は何なのか?」をチェックすることも大切です。グレインフリーに代わる食材がジャガイモだとアレルギーになるワンちゃんもいますが、サツマイモやカボチャであればアレルギーになりにくく安心です。

5. フード全体の栄養バランスは優れているか?

最後にフード全体の栄養バランスをチェックしましょう。具体的には「良質なオイルが使われているか?」と「野菜やフルーツは満遍なく入っているか?」です。

オイルは、亜麻仁油サーモンオイルココナッツオイルなどがおすすめです。

野菜やフルーツはたくさん入っていると、色々な栄養素をバランスよく摂取できるため、犬の健康維持に役立ちます。

通販を最大限活用する

また、どんなに安全なドッグフードであっても、価格が高すぎると与え続けることは現実的に困難です。また、重たいドッグフードを毎回店舗まで買いに行くこともちょっぴり面倒ですよね。

通販で購入できるドッグフードの中には、ドッグフードがなくなる頃を見計らって家まで届けてくれる定期コースや、通販限定で20%OFFなどの割引を行っているものも少なくありません。

無理なく続けられるお値段で買えて、余計な労力を使わずに済む通販を活用することも良いドッグフード選びの大切なポイントです。

ドッグフード3

 

ランキングに戻る