ドッグフード記載の【AAFCO】は気にしなくてOK!の理由

ss

ドッグフードのパッケージをよく見てみると「AAFCO承認」「AAFCO認定」などの表記があるものもあり、何となく信頼できそうな印象を受けますが…実はコレ、あまり気にしなくてもOKなんです。

というより、「AAFCO承認」「AAFCO認定」などと表記しているドッグフードは、逆に信用できない場合もあります。今回はその辺りのことについて、少し掘り下げていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

AAFCOとは?

スクリーンショット 2015-10-11 午後9.53.47
[出典:http://www.aafco.org/]

AAFCOとは、”Association of American Feed Control Official” の略で、日本語では『全米飼料検査官協会』と呼ばれています。「アーフコ」もしくは「アフコ」と読みます。

AAFCOは簡単に言うと、「ドッグフードは、この基準で作ってこの基準で与えると良いですよ〜」といった指標を提示している機関です。(提示しているだけというところがポイント

AAFCOが提示する基準値を満たしたドッグフードと水さえあれば、犬は元気に成長していくことができるといったものです。

 

スポンサードリンク

AAFCOの表記は気にしなくてもOK!の理由

AAFCOの表記はそこまで気にしなくてもOKの理由は、今日本で売られているドッグフードのほとんどがこの基準を満たしているからです。

どの業者もまずはこの基準を参考にドッグフードを作りますから、AAFCOの基準を下回るドッグフードはほぼ出回ってないと見て良いです。

また、AAFCOの基準は厳しいものでは全くなく、ドッグフードの最低限の品質を保証するものと思って問題ないです。

要は、AAFCOの基準を満たしていることはあくまで最低ラインであって、AAFCOの基準を満たしているからといって良いドッグフードであるとは限らないのです。

「AAFCO承認」などの表記が怪しい理由

ドッグフードの中には「AAFCO承認」「AAFCO認定」などと表記して、いかにも良いドッグフードであるかのような演出をしているものもありますが、先程も紹介した通り、AAFCOの基準を満たしていることは最低ラインです。

また、AAFCOは指標を提示しているだけで、ドッグフードごとに「承認」や「認定」などの審査は行っていません。逆に、AAFCOの基準を満たしていないからといって、罰則などを受けることもありません。

このことから、「AAFCO承認」「AAFCO合格」などは、あくまで業者が自分で言っているだけということが分かります。私たち消費者が誤解してもおかしくない表記ですよね。

「AAFCOの栄養基準をクリアしています」などの表記であれば問題ないですが…いきすぎた表現をしているドッグフードは消費者に親切ではないですし、そこだけしかアピールポイントがないという可能性もあるため、個人的にはあまり良い印象は持っていません。

ドッグフードを購入する際は、やはりしっかり中身を見て選ぶことが大切です。

 

スポンサードリンク

ss

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です