意外と高額!?犬のアレルギー検査の種類と期間・費用まとめ

b

犬のアレルギー検査の種類や検査結果が出るまでの期間、検査にかかる費用をまとめていきます。ワンちゃんのアレルギー検査を検討する時の参考にどうぞ!

 

スポンサードリンク

犬のアレルギー検査の種類

犬のアレルギー検査は血液を採取して行うのが主流ですが、主に「IgE血液検査」と「リンパ球反応検査」の2つがあります。

一般的なアレルギー検査は「IgE血液検査」と呼ばれるものですが、食べ物が原因のアレルギーには「リンパ球反応検査」の方が効果的と言われています。その理由は、犬の食物アレルギーの反応は、IgEよりもリンパ球によるものが多いからです。

IgE血液検査では陰性だった食物が、リンパ球反応検査では陽性だった!ということはよくあります。アレルギーを発症した時の状況を獣医さんに説明することができれば、獣医さんの方から「どの血液検査を受けたら良いのか?」をアドバイスしてくれると思います。

最近では、犬の毛を20本ほど郵送するだけで、アレルゲンを特定できるサービスもあるみたいですが、信ぴょう性が定かではないので個人的にはあまりおすすめはしません。

 

スポンサードリンク

検査結果が出るまでの期間

犬のアレルギー検査(血液検査)は、動物病院で採血をし、外部の検査機関で検査される場合がほとんどです。ですので、検査結果が出るまでにある程度の期間を要します。

検査の種類にもよりますが、大体1週間〜3週間で結果が出るようです。検査結果は数値化されているので、「何がアレルゲンなのか?」がとても分かりやすいです。また、結果と一緒に与えても大丈夫なフードやおすすめドッグフードのリストが付いてくることもあります。

犬のアレルギー検査の費用

犬のアレルギー検査の費用は、「一律いくら!」みたいに決まっている訳ではありません。病院や検査機関、検査の種類によっても値段は様々です。

一般的な価格の相場は、1検査あたり2〜3万円と言われています。ですので、「IgE血液検査」か「リンパ球反応検査」どちらか一方の検査であれば、2〜3万円の費用です。両方受けるのであれば5万円前後の費用がかかることになります。

決して安いとは言えない価格ですので、「検査を受けるべきか?」「検査を受けるならどの検査が良いのか?」を獣医さんとしっかり相談して決めるのが得策です。

まとめ

以上今回は、犬のアレルギー検査の種類や期間・費用について紹介しました。

【犬のアレルギー検査の種類】
・IgE血液検査・・・一般的なアレルギー検査におすすめ!
・リンパ球反応検査・・・食物アレルギー検査におすすめ!

【検査結果が出るまでの期間】
・約1〜3週間

【犬のアレルギー検査の費用】
・1検査あたり、2〜3万円が相場

ただここで注意して欲しいのは、検査結果はあくまで目安でしかなく、絶対ではないということです。ある食物にアレルギー反応が出たからといって、それが実際の症状にも当てはまるとは限らないのです。

血液検査は、アレルギーの可能性が高い物質・食物を推測するものであり、検査結果は参考程度にとどめておくのが良いかもしれません。

また獣医さんの中には血液検査よりも、低アレルギーのフードや食物アレルギーの可能性が低い品質の良いドッグフードを薦める先生もいらっしゃいます。

一番の目的は、「血液検査を受ける」ことではなく、「ワンちゃんのアレルギーを改善する」ことなので、獣医さんとよく相談した上でどんな対策を講じるのか決めていきましょう♪

 

スポンサードリンク

b

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です