ドッグフード『ビタワン』原材料/成分は安全?評判/口コミも

犬を飼っている方なら一度は必ず目にしたことがあるであろうドッグフード『ビタワン』の成分と原材料を徹底的に分析してみました。

合わせて、ビタワンを使ったみんなの口コミや評判を紹介し、客観的な観点からもビタワンを分析してみたいと思います。

「ビタワンが気になっている」「ビタワンって結局のところどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

ビタワンとは?

スクリーンショット 2015-07-23 18.22.33
[出典:amazon.co.jp]

参考価格
700円前後(2kg)
1kgあたりの価格 約350円
生産国 日本
酸化防止剤 ◯(トコフェロール)
着色料 ◎(不使用)
穀物 ×トウモロコシ小麦など)

この黄色いパッケージでお馴染みのビタワンは公式サイトの説明によると、チキンのうまみたっぷり、日本で暮らす愛犬の健康を考えて作られた優れた栄養バランスのドッグフードとなっています。

また、ビタミンやミネラル、カルシウムやリンをバランスよく配合し、ワンちゃんの健康維持や成長をサポートしてくれるそうです。

こうして見ると、ビタワンは安価で買えて、かつ品質も素晴らしいドッグフードに見えますが、果たして本当でしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

ビタワンの成分/原材料

それでは早速、ビタワンの成分/原材料を詳しくみていきましょう。(【好ましくない原材料】には赤い下線を引いています)

スクリーンショット_2015-07-23_18_25_24
[出典:http://www.npf.co.jp/]

評価Eランク

公式サイトでは、ビタワンは愛犬の健康を考えて作られた優れた栄養バランスのドッグフードとして紹介されていますが、赤線が多いことからも想像できるように、「優れた栄養バランス」には程遠い印象です。

危険な着色料や酸化防止剤が使われていない点は良いですが…原材料に不安な点があることは事実。次の項では、その辺りにフォーカスして、さらに詳しく見ていきましょう。

主原料がほぼ穀物

ビタワンの原材料表を見ても分かるように、主原料がほぼ穀物です。穀物は肉食動物である犬にとって必要のない原材料です。

しかもその穀物も、トウモロコシや小麦など、犬がアレルギー反応を起こしやすいものばかり。コーングルテンフィードや脱脂米糠も本来なら捨てられるはずの原材料であるため、栄養価はほとんどありません。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

肉類が謎すぎる

原材料に、◯◯ミール、◯◯粉、◯◯パウダーとある場合は注意が必要です。

例えば、チキンミールは鶏の肉以外の部分(トサカやクチバシや羽根など)を混ぜて作られる場合が多く、実際に何が入っているのかは不明です。そのため、「ミール・パウダー系食材」を見ただけで購入を避ける愛犬家の方は多いです。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

豆類でかさ増し

ビタワンには、脱脂大豆(大豆ミール)や大豆粉末が配合されています。これらは、大豆を人間用の食品に加工した後に残るものなのですが、栄養価はほとんどありません。

それどころか、体内で消化することもできず、消化不良や便の不調に苦しむ原因となります。

大豆ミールはタダ同然で手に入れることができるため、安さがウリのドッグフードでは、「かさ」を増やす原材料としてよく使われています。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

ビタワンの口コミ/評判

それでは、実際にビタワンを使った飼い主さんの口コミ/評判を紹介します。みんなの声を参考に、ビタワンを客観的に見る時の参考にしてみてください。

食いつきもよく、ウンチも固いのが出たので良かったです。これで充分です。

「成犬用」のドッグフードを探し、とりあえずこちらの商品が昔から知られた名前ということで、買ってみました。“カリ・カリ”と気持ちよく食べてくれました。

一番好んでたべます。

ちょっと調べると評判良くないみたいですがうちの子は元気いっぱいですし、ガツガツ食べます(笑)

ヨーキー6匹をかっており、エサ代も馬鹿にならないので某フードから切り替えようかと食べさせてみたところ、食いつきは良いのですがなぜか食間に嘔吐するようになったのであげるのをやめました。1匹だけじゃなく全員です。合わなかったんですかね…

着色料が無添加になったようなので、在庫切れのフードが届くまでのつなぎとして、ビタワンを買ってみました。他のビタワンシリーズや似たような価格のフードはほとんどが発がん性物質の着色料が入っていますが、こちらはよく原材料を見ると、赤色〜号とかの記載はなく、入れるのをやめたようです。たしかに現物を見ても色が付いていません。それだけは改善され、本当に良かったと思います。

食べたその日の夜中、突然起き上がって苦しみだし、吐いてしまいました。次の日は便が黄色で下痢になっていました。2日目、フードのせいかわからなかったので、もう一度あげてみましたが、匂いを嗅いだだけで食べませんでした。無理に食べさせて、また吐いたら可哀想だし怖いので、2回あげて仕方ないので捨てました。うちの子だけなのか疑問に思い調べてみたら、これを食べて吐いてしまった子がたくさんいるようでした。

原材料を見たら、鶏肉などのまともな肉は全く入っておらず、チキンミールや肉粉という肉以外の部分(頭や足や糞が入ったままの腸や血液や羽や爪などの副産物)や、うまく消化できないので犬にはあまり必要ないという穀類が数種類入っていますが、そのコーンや大豆や小麦や米は、産廃の残りカスや脱脂した栄養のないものでした。

吐いて下痢したことを獣医師さんに相談したところ、「買う時に原材料の表示をよく見て、ちゃんとした肉が入っていて、穀類が多すぎない無添加の、ある程度質の良いものを与えてあげて。あまり安いものはそれなりの材料しか入っていないですよ。」と言われました。

いつも食べさせているフードは無添加でちゃんとした鶏肉や魚などの食材が使われているものなのですが、今回、着色料が入ってない事と安さにつられ、安易に与え、愛犬に苦しい思いをさせてしまいました。

毎日のごはんが人間が食べられない部分や病死肉や、ごはんとは言えないような材料や、着色料、保存料、香料などの添加物を使ったフードでは、愛犬が可哀想だと心から思いました。

安くしないと売れないからといって危険な材料を使うのは間違っていると思います。

愛犬を守るためにも、今度フードを変えるときは、必ず原材料をしっかり確認して買おうと思います。

内容成分、原材料から考えて、問題の山積するフード

いつものフードをきらしてしまい、仕方なくコンビニ買いで使うときもありますがう○この量が尋常じゃなく出ます。ほかのフードよりも吸収率が悪いということだと思います。(前にペットショップで言われました)う○この色も変だし、スカスカな感じです。要は、ごはんを食べてお腹は膨れるけど、栄養を吸収できない。とゆーことです。

ビタワンに満足している飼い主さんも少なからずいるようですが、口コミの大半は評価の悪いものでした。

食いつきが悪い位ならまだ良いですが、嘔吐や下痢などワンちゃんに明らかに異変が起きている飼い主さんもいるようですね。

まとめ

ビタワンは昔からあるドッグフードで知名度が高く価格も安いため、好んで与えている飼い主さんもいるようですが、当サイトではあまりおすすめしません。

これを機会に、犬のからだと健康に本当に良いドッグフードを与えることも選択肢の一つに入れてみてください。「良いドッグフードを与えていて良かった」と思える日がきっと来るはずです。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です