犬が脱水症状になる原因と適切な対処法|考えられる病気は?

人間と同じように、犬も脱水症状になることがあります。症状がひどい場合、死亡してしまう危険もあるので注意が必要です。

そこで今回は、「犬が脱水症状になる原因とその対処法」「犬が脱水症状になった時に考えられる病気」についてまとめてみました。ワンちゃんが脱水症状になってしまった時の参考にどうぞ!

photo by Oliver Ruhm

 

スポンサードリンク

犬が脱水症状になる原因

ワンちゃんが脱水症状になる原因は、そのほとんどが「嘔吐」と「下痢」です。嘔吐や下痢で体内の水分が大量に失われ、脱水症状を引き起こしてしまいます。

暑い夏の季節などは「熱中症」による脱水症状を引き起こすワンちゃんも多いです。他には、感染症などの「病気」が原因でワンちゃんの下痢や嘔吐を誘発し、脱水症状につながることもあります。

犬が脱水症状になった時に考えられる病気

ちょっとしたお腹のトラブルによる嘔吐や下痢の場合はまだ良いのですが、深刻な病気が原因で嘔吐や下痢を引き起こすこともあります。ワンちゃんが脱水症状になった時は、以下の病気を疑う必要があります。

  • 急性胃炎
  • 感染症
  • 急性腎不全
  • 糖尿病
  • 熱中症

「急性胃炎」や「感染症」などは、胃や腸の炎症が原因で下痢や嘔吐を繰り返すため、脱水症状につながります。また、「腎不全」などの内臓機能障害により、脱水症状につながるケースも多いです。特に夏場は「熱中症」に気をつけるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

犬が脱水症状になった時の対処法

生活環境を整える

犬は暑さが苦手です。部屋の温度が暑すぎる、常に直射日光にさらされているといった場合、犬は熱中症で脱水症状になる可能性があります。

また、ワンちゃんの体や室内を清潔に保つことで、ウイルスや寄生虫の繁殖・感染を防ぐことができます。ワンちゃんが快適に過ごせるような生活環境を整えることを心がけましょう。

水分を多く含む食べ物を与える

犬が脱水症状になった場合、多くの水分をとらせることが大切になってきますが、食事の時に自然と水分補給ができる食べ物を与えるのも効果的です。

トマトやゴーヤ、レタスや冷奴などは水分を多く含み、ワンちゃんの体の熱をとってくれるので、暑い夏場などは特におすすめです。細かく刻むなどしてドッグフードの上にのせて与えてあげましょう。

お腹の調子を整える食べ物を与える

お腹を壊し下痢をしがちなワンちゃんには、お腹の調子を整えてくれる食べ物をいつものご飯にトッピングしてあげると良いでしょう。

食物繊維が多く含まれたコンニャクやワカメ、整腸作用の高いリンゴなどは、ワンちゃんの体にも優しくおすすめです。腸内環境が整うと、うんちもあまり匂わなくなります。

病院に連れて行く

ワンちゃんの体は多くの毛に覆われており、人間と比べて暑さに弱く、すぐに脱水症状を引き起こすこともあります。場合によっては急を要することもあるので、ワンちゃんの様子が明らかにおかしい時は、すぐに病院に連れて行ってください。

まとめ

以上今回は、「犬が脱水症状になる原因とその対処法」「犬が脱水症状になった時に考えられる病気」について紹介しました。

【犬が脱水症状になる原因】
・嘔吐と下痢がほとんど。病気の可能性も。

【犬が脱水症状になった時に考えられる病気】
・急性胃炎
・感染症
・急性腎不全
・糖尿病
・熱中症  etc…

【犬が脱水症状になった時の対処法】
・生活環境を整える
・水分を多く含む食べ物を与える
・お腹の調子を整える食べ物を与える
・病院に連れて行く

犬の脱水症状を防ぐには、ワンちゃんの異変に早く気づき、適切な対処をしてあげることが大切です。もしも犬が脱水症状になってしまったら、今回紹介した方法を参考にワンちゃんの健康を守ってあげてくださいね♪

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です