ドッグフードの保存に便利!真空密封できるおすすめ容器4選

15

ドッグフードの保存には、油脂分の酸化を防ぐため真空密封できる容器を使うのがおすすめです。1ヶ月程度で食べきる量であれば袋のままでも問題ありませんが、1袋15kg入っているようなものであれば、全て平らげるのに2〜3ヶ月かかることもしばしば・・・

特に梅雨〜夏場の高温多湿の時期は、酸化のスピードも早く、カビや虫の原因にもなるので、ドッグフードの保存方法には気を使いたいところです。冷蔵庫の野菜室で保存したり、ZIPロックで小分けに保存するのも良いですが、それが難しい場合には、真空容器を使うのが楽チンです。

そこで今回は、ドッグフードの保存におすすめの真空容器を4つ紹介します。ドッグフードを保存する時の参考にどうぞ!

photo by LuAnn Snawder Photograph

 

スポンサードリンク

ナチュラルハーベスト 真空フードストッカー Lサイズ

foody

1.8kgのドライフードが真空保存できます。付属のポンプを使用して、容器内を完全に密封することができるので、ドッグフードの長期保存に最適!

特売でいつもより大きなサイズのドッグフードを買った時や、梅雨〜夏場の高温多湿の季節にしっかり保存したい時などに、特に役に立ちます。何もしなくても3ヶ月程度の真空状態を維持することができ大変便利です。(時々ポンプで脱気すると、もっと長く保存することができます。)

クルール ココキーパー

coko

電池を使ってワンプッシュでドッグフードを真空保存できます。容器も2L・3.5L・5L・10Lとあるので、ワンちゃんのサイズにぴったりのものをお選び頂けます。本体とフタは分解できるのでお手入れもラクラク♪

もちろんドッグフードだけでなく、食材の保存にも最適。真空時間が24時間ということなので、一回真空状態にしたらあとは数ヶ月放置でもOK♪というタイプではないので注意が必要です。

毎日のドッグフード用に使用して、ご飯のたびに毎回プッシュする!という使い方が良さそうですね。

 

スポンサードリンク

エアレス 真空ストッカー お得セット

eares

専用の真空容器・真空パックにエアレス本体を置き、スイッチを押すだけで、容器の中身を真空状態にできます。ドッグフードはもちろん、ご家庭の余った食材にも使えるのでとても便利です。

置き場所をとらないシンプルなデザインなので、キッチンで手軽に使うことができます。容器のサイズ的に、ジャーキーや骨ガムなどのおやつ用として使うと良いでしょう。

アイリスオーヤマ 密閉容器 各種

iris

真空状態にはできませんが、密閉タイプの容器なので、ドッグフードが湿気るのを普通に保存するよりは大幅に遅らせることができます。容器内には除湿剤(別売り)を取り付けることができるので、特に気を使いたい夏場などは、除湿剤を購入してみても良いでしょう。

また、ワンちゃんにドッグフードを与える時に役立つスコップがついているのも魅力的。スコップは容器内に収納できるので、置き場所に困ることもありません。ドライフード 3kg 用や、 8〜10kg 用など色々な種類があるので、ワンちゃんの種類やペットフードの大きさに合わせて選んでみてください。

まとめ

以上今回は、ドッグフードの保存におすすめの真空容器を4つ紹介しました。

  • ナチュラルハーベスト 真空フードストッカー
  • クルール ココキーパー
  • エアレス 真空ストッカー
  • アイリスオーヤマ 密閉容器

真空容器に保存したドッグフードでも、できるだけ涼しく日の当たらない場所に保存して、できるだけ早く使い切ってくださいね(特に夏場は)。スペースに余裕のある方は、いつも用・ダイエット用などと容器を2つに分けて保存するのも良いでしょう。

「真空容器に入れ替える時間もないくらい忙しい!」という方は、はじめから小分けにされているドッグフードを選んだり、1ヶ月以内に食べきれる分だけ購入する、など工夫されてみてください。

 

スポンサードリンク

15

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です