ドッグフード『ペディグリー』を徹底評価!成分・原材料は?

xc

ペットフードの中でも抜群の知名度を誇る『ペディグリー』の成分/原材料を徹底的に分析し、評価してみました。

合わせて、ペディグリーを使ったみんなの口コミ/評判を紹介し、客観的な観点からもペディグリーを分析したいと思います。

「ペディグリーが気になっている」「ペディグリーって結局のところどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

ペディグリーとは?

スクリーンショット 2015-07-23 18.36.27
[出典:amazon.co.jp]

参考価格
2448円(12kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約200円
生産国 タイ
酸化防止剤 ×(BHA/BHT)
着色料 ×(赤/青/黄)
穀物 ×(不明)

ペディグリーは公式サイトの説明によると、良質な素材を厳選して使用し、ワンちゃんの消化吸収の健康維持をサポートしてくれるとなっています。

また、消化吸収を助けるだけでなく、毛ヅヤや皮膚・お口の健康にも良く、免疫力のサポートも行ってくれるそうです。

こうして見ると、ペディグリーは安価で買えて、かつ品質も素晴らしいドッグフードに見えますが、果たして本当でしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

ペディグリーの成分/原材料

それでは早速、ペディグリーの成分と原材料を詳しくみていきましょう。今回は、ペディグリー成犬用(旨味ビーフ&緑黄色野菜入り)を例に、その成分と原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】には赤い下線を引いています)

c613f5a86a869ab3d5237c7422d0b213-600x332
[出典:http://www.pedigree.jp/]

評価Eランク

公式サイトでは、ペディグリーは「良質な素材を厳選して使用」と書かれていますが…原材料欄をみる限り、どれが良質な素材なのか分かりません。

また、ペディグリーには着色料や酸化防止剤などの添加物が多く含まれており不安が残ります。次の項では、その辺りにフォーカスして、さらに詳しく見ていきましょう。

主原料が穀類

ペディグリーの主原料は穀類となっていますが、その詳細は書かれていません。安さがウリのドッグフードには穀物が主原料に使われていることがほとんどですが…ペディグリーのように詳細が書かれていないドッグフードは少数派です。

ドッグフードの原材料欄に詳細が書かれていない = 自信を持って書けない理由がある、ということも考えられるため不安が残ります。穀物アレルギーを持つワンちゃんには与えない方が無難でしょう。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

◯◯類、◯◯等の曖昧な表現が多すぎる

原材料表をよく見てみると、肉類(ビーフ等)・油脂類(パーム油等)と曖昧な表現が目立ちます。これも先程と同じで、自信を持って明記できない理由があるのかもしれません。

要は、何が入っているか分からないということです。

大豆やビートパルプで「かさ」増し

ドッグフードの「かさ」を増やすのによく使われる原材料がこの大豆とビートパルプです。これらの原材料は、犬にとってほとんど栄養にならないため、それを補うためにビタミンやミネラルが配合されます。

また、ビートパルプには「犬のうんちを必要以上に固めてしまう性質」があるため、便秘になる可能性もあり注意が必要です。

添加物が本当に不安

ペディグリーには、着色料や酸化防止剤などの添加物が多く使用されています。特に、BHAやBHT・ソルビン酸カリウムは、ワンちゃんに悪影響が出る恐れもあるため極力避けたい添加物です。

もちろんワンちゃんが病気にならないよう、分量はしっかりと調節されていると思いますが…それらの添加物が入っているというだけで正直不安になります。

【参考:【完全保存版】ドッグフードに入っている危険な添加物まとめ

ペディグリーの口コミ/評判

それでは、実際にペディグリーを使った飼い主さんの口コミ/評判を紹介します。みんなの声を参考に、ペディグリーを客観的に見る時の参考にしてみてください。

とにかく量を欲しかったのでこれだけ入っててこの価格は安いと思いました。

我が家は大型犬で フードが沢山いるので大助かりです!

ドライドッグフードは必ずと言っていいほど残していますが、ペディグリーチャムとドライドッグフードを混ぜてあげると、美味しそうに全部食べてくれます。

与えているのは二歳の柴犬ですが、食いつきはいいほうだと思います。一袋の量が多いので、あらかじめ小分けになっていたらなおいいのですが。

超有名ブランドですが、やはり激安にふさわしく原材料は最悪

国内トップレベルの激安商品であることは嬉しいですがメリットと言えるのは「安い」ことだけ。

材料は恐らく、ほとんどタダで入手出来るような食材を使っているはずです。でないと利益が出るはずありません。

一番の問題は、犬は自分で安全な餌を選べないということでしょう。

添加物がうじゃうじゃ入っているフードは避けたほうが良いと思っています。

うちの犬はぺディグリーは油が強いのか下痢をしてしまいます

ペディグリーに満足している方の大半はその価格に満足しており、決して原材料に満足している訳ではなさそうです。ペディグリーの口コミは、原材料に不安を持っているという方がほとんどでした。

まとめ

ペディグリーは価格が安く知名度も高いため、好んで与えている飼い主さんもいるようですが、原材料をみる限り、あまりおすすめはできません。

愛犬に何が入っているか分からない食べ物を与えるのは怖いですし、毎日のご飯が添加物だらけのドッグフードでは、ワンちゃんが可哀想です。

私たち人間も、ジャンクフードや栄養のないものばかり食べていると体に異変をきたすことがありますが、ワンちゃんもそれと同じです。

これを機会に、ワンちゃんの健康に良いドッグフードも選択肢の一つに入れてみてください。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

xc

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です