飼い主なら知っておきたい!犬のアレルギーの主な症状まとめ

人間と同じように、犬もアレルギーを引き起こすことがあります。犬はアレルギーを発症したとしても、自分で病院に行ったり薬を飲んだりすることが出来ないので、飼い主がケアしてあげる必要があります。

そこで今回は、飼い主が知っておきたい犬のアレルギー症状をまとめてみました。犬のアレルギーを素早く察知する時の参考にどうぞ!

photo by Anne Swoboda

 

スポンサードリンク

皮膚の炎症や脱毛

犬のアレルギーで最も多く見られる症状が皮膚炎です。皮膚に血がにじむほど炎症を起こしていたり、不自然な脱毛(一部がハゲるなど)はアレルギーが原因の可能性があります。

【参考:犬がアレルギーを引き起こすのは何故?考えられる原因まとめ

皮膚炎を起こす理由のほとんどが、食物アレルギーもしくはダニ・ノミアレルギーです。

・体を異常に痒がる
・体を執拗に舐める・噛む
・抜け毛が異常に多い
・肌が炎症を起こしている
・フケがでる
・足や指の間を噛む・舐める

このような症状がある時は、すぐに獣医に見せるようにしましょう。耳の中や裏側、股の内側などは気付けないこともあるため、普段からワンちゃんの体を注意深く観察しておくことが大切です。

 

スポンサードリンク

目の充血・涙目

人間も花粉症になると目がかゆく充血するように、犬もアレルギーを発症すると目の周りに異常をきたすことがあります。また、くしゃみや口周りの炎症などもアレルギーが原因の可能性があります。

目や鼻・口周りの異常は、食物アレルギーの他、ダニ・ノミアレルギーやハウスダストから発症することが多いです。

嘔吐・下痢

犬がアレルギーを発症すると、嘔吐や下痢の症状が出ることがあります。これらの症状が出た時の原因はほとんどが食べ物です。ワンちゃんの食生活を見直し、アレルゲンとなるような食べ物を与えないようにしましょう。

小麦などの穀類や肉類、乳製品や大豆・トウモロコシなどがアレルゲンになりやすい傾向にあります。ドッグフードの原材料欄を見て、ワンちゃんの体に悪影響を及ぼすものを与えていないかチェックするようにしましょう。

どの食べ物が原因なのか分からない場合は、病院でアレルギー検査をすることもできます。「うんちがいつも柔らかい」「1日にうんちを何回もする」場合などは一度獣医に診てもらうことをおすすめします。

まとめ

以上今回は、犬の主なアレルギー症状を3つ紹介しました。

・皮膚の炎症や脱毛
・目の充血・涙目
・嘔吐・下痢

これらの症状が現れた場合、ドッグフードを変えたり部屋を綺麗に掃除したりなどして、ワンちゃんに快適な環境を整えてあげることが大切です。症状がひどかったり中々治らない時は、すぐに病院に連れて行くようにしましょう。

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です