目的別ドッグフード

7歳以上のシニア犬用に!低カロリーでグレインフリーのおすすめフード3選

7〜10歳以上のシニア犬は、消化する力が弱くなったり、運動量が減ったりと、加齢による懸念点が出てきます。

食事は日々の健康に直結するものですから、シニア犬には適切なドッグフード選びが必要です。

愛犬には、歳を重ねても元気な日常を送ってほしいですよね。

そこで今回は、シニア犬におすすめのドッグフードを3つ紹介します。

シニア犬に
おすすめのドッグフードを
今すぐ見る

シニア犬用ドッグフードの選び方

シニア犬用ドッグフードを選ぶときには、下記3つのポイントに気をつけましょう。

  1. 低カロリーのフードを選ぶ
  2. 良質なタンパク質が含まれるフードを選ぶ
  3. グレインフリーのフードを選ぶ

1つずつ解説します。

①低カロリーのフードを選ぶ


シニア犬には、低カロリーのフードを選びましょう

高齢になると基礎代謝が落ちるため、成犬の時よりも必要なカロリーは少なくなります。

成犬の時と同じ感覚でドッグフードを与えていると肥満の原因になってしまうかもしれません。

そのため、低カロリーのドッグフードを与えてあげるといいでしょう。

②良質なタンパク質が含まれるフードを選ぶ


シニア犬にドッグフードを選ぶ際には、良質なタンパク質が含まれているかどうかもチェックしましょう

良質なタンパク質は消化率が高く、身体に老廃物がたまりにくいからです。

犬にとって大豆や小麦などの植物性のタンパク質は消化しにくいものなので、肉や魚などの動物性のタンパク質が豊富に含まれているドッグフードを与えてあげるといいでしょう。

③グレインフリーのフードを選ぶ


シニア犬には、グレインフリーのフードを選びましょう

犬にとって、穀物は消化のしやすいものではなく、さらにアレレルゲンにもなりやすい成分です。

特に、シニア犬になると消化能力が落ちるので、穀物ができるだけ含まれていないドッグフードを与えましょう。

シニア犬におすすめのドッグフード3選

ここからは、シニア犬におすすめで、なおかつ当サイトの解析でも高得点の結果となったドッグフードを紹介します。

商品名シニア犬におすすめの
ポイント
1

モグワンドッグフード

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
チキン生肉と生サーモンがメイン
動物性タンパク質が原材料の50%以上
良質なタンパク質が獣医からも評価
グレインフリー
363kcal/100gで比較的低カロリー
2

ピッコロドッグフード

7歳以上のシニア犬が対象
原材料の70%がチキンとサーモン
獣医師がシニア犬にとっての嗜好性と栄養バランスを評価
グレインフリー
355kcal/100gで低カロリー
3

TASHIKA

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
低カロリー高タンパクな鹿肉がメイン
鉄分豊富な鹿のレバー使用
グレインフリー
編集長
編集長
各ドッグフードの詳細な特徴を見ていきましょう。

①モグワンドッグフード

モグワンドッグフードの詳細な特徴を表にまとめると、以下のようになります。

総合評価4.80点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージ
ジッパーあり
価格

■通常価格
1.8kg:税込4,356円
■定期コース
1個:税込3,920円
→10%OFF
2個以上:税込3,702円
→15%OFF
6個以上:税込3,484円
→20%OFF
最安値 公式サイト
100g
あたり
193円〜242円
対象全年齢・全犬種
メイン食材チキン生肉&生サーモン
穀物の使用なし(グレインフリー)
賞味期限未開封:18か月
開封後:3か月
原産国イギリス
カロリー363kcal/100g
タイプ

ドライタイプ
直径:8~12mm

販売元株式会社レティシアン
公式サイトモグワンドッグフード

モグワンドッグフードは、通信販売で累計販売数100万個を突破したドッグフードです

採点の結果も4.80点と高得点で、当サイトで解析した160種類以上のドッグフードのなかでも第一位となりました。

高タンパクであるだけでなく、ヒューマングレードの食材を使っている点やグレインフリーである点も特徴的です。

さらに、添加物も不使用となっています。

シニア犬におすすめのポイント

モグワンドッグフードは、以下の点でシニア犬におすすめです。

  • 子犬〜シニア犬まで全年齢対応
  • チキン生肉と生サーモンがメイン
  • 動物性タンパク質が原材料の50%以上
  • 良質なタンパク質が獣医からも評価
  • グレインフリー
  • 363kcal/100gで比較的低カロリー

公式ページ 解析ページ

②ピッコロドッグフード

総合評価4.75点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージ
ジッパーあり
価格■通常価格
1.5kg:3,960円(税込4,356円)
■定期コース
1個:3,564円(税込3,920円)
→10%OFF
2個以上:3,366円(税込3,702円)
→15%OFF
6個以上:3,168円(税込3,484円)
→20%OFF
最安値 公式サイト
100g
あたり
232円〜290円
対象全犬種・シニア犬(7歳)~
メイン食材チキン生肉
穀物の使用なし(グレインフリー)
賞味期限未開封(常温):18か月
原産国イギリス
カロリー約355kcal/100g
タイプドライタイプ
直径10mm程度
販売元株式会社レティシアン
公式サイトピッコロドッグフード

ピッコロドッグフードは、イギリスの企業であるSymply(シンプリー)が開発・製造し、日本の企業である株式会社レティシアンによって輸入販売されているドッグフードです。

ピッコロドッグフードの原材料の約70%は、犬にとって上質なタンパク質であるチキンとサーモンが占めています。

穀物を使用しないグレインフリーであり、着色料や香料は一切使用していません。

なお、ピッコロドッグフードは7歳以上のシニア犬に与えることを対象としたドッグフードになっています。

シニア犬におすすめのポイント

ピッコロドッグフードは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 7歳以上のシニア犬が対象
  • 原材料の70%がチキンとサーモン
  • 獣医師がシニア犬にとっての嗜好性と栄養バランスを評価
  • グレインフリー
  • 355kcal/100gで低カロリー

公式ページ 解析ページ

③TASHIKA

総合評価4.63点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージ
ジッパーあり
価格■通常価格
1kg:税込2,750円
■お試し
300g:税込880円
最安値 公式サイト
100g
あたり
約275円
対象全種類、全年齢
メイン食材鹿肉
穀物の使用なし(グレインフリー)
賞味期限パッケージに記載
原産国日本
カロリー384kcal/100g
タイプ

ドライタイプ

販売元NPO法人cambio
公式サイトTASHIKA

TASHIKAは人工香料や着色料、保存料が一切使われておらず、無添加のドッグフードです。

TASHIKAでは、国産の本州鹿肉が使われています。本州鹿肉は、牛肉や豚肉よりも低カロリーで、タンパク質が豊富です。また、鉄分やミネラルのバランスも整っています。

また、穀物も使用されていないため、穀物アレルギーのワンちゃんにも安心して与えることができます。

TASHIKA(鹿肉60%ドライフード)には、魚粉や卵殻カルシウムなど、カルシウムが豊富な原材料も多数使われています。

シニア犬におすすめのポイント

TASHIKAは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 子犬〜シニア犬まで全年齢対応
  • 低カロリー高タンパクな鹿肉がメイン
  • 鉄分豊富な鹿のレバー使用
  • グレインフリー

公式ページ 解析ページ

まとめ

以上、この記事では、シニア犬におすすめのドッグフード3選を紹介しました。

達人
達人
最後に、紹介したドッグフードをおさらいしよう!
商品名シニア犬におすすめの
ポイント
1

モグワンドッグフード

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
チキン生肉と生サーモンがメイン
動物性タンパク質が原材料の50%以上
良質なタンパク質が獣医からも評価
グレインフリー
363kcal/100gで比較的低カロリー
2

ピッコロドッグフード

7歳以上のシニア犬が対象
原材料の70%がチキンとサーモン
獣医師がシニア犬にとっての嗜好性と栄養バランスを評価
グレインフリー
355kcal/100gで低カロリー
3

TASHIKA

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
低カロリー高タンパクな鹿肉がメイン
鉄分豊富な鹿のレバー使用
グレインフリー

シニア犬に
おすすめのドッグフードを
もう一度見る

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ