7歳以上のシニア犬用ドッグフードの選び方&おすすめランキング

目的別ドッグフード

シニア犬(高齢犬)の健康は、高タンパク&低脂肪の食事がポイントです。シニア犬になっても、必要な栄養素は成犬時の時とさほど変わりはありませんが、基礎代謝が落ちた分、肥満になりやすいと言われています。

犬に必要な栄養素であるたんぱく質をしっかりと取りつつ、低カロリーの食事を心がけるようにしましょう。今回は、シニア犬に与えたい栄養素が豊富に含まれているドッグフードを7つランキング形式でまとめてみました。

7歳を過ぎたシニア犬のドッグフードを選ぶときの参考にどうぞ。

シニア犬におすすめドッグフードランキング

7位:いぬはぐ

総合評価(3.8/5)
参考価格通常価格:1.5kg/6980円(税別)
定期購入:1.5kg/4980円(税別)
初回限定:1.5kg/980円(税別) 85%OFF
100gあたり約465円
カロリー332kcal/100g
メイン食材鶏肉
原産国イギリス
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封なら1年、開封後は1か月
販売元ペットハグ
注目ポイント
  1. 乳酸菌とオリゴ糖で犬のおなかをサポート
  2. グルコサミンとコンドロイチンで関節サポート
  3. ヒューマングレードの原材料
最安値 公式サイト

いぬはぐのメイン食材にはヒューマングレードのチキンが用いられています。穀物は少量用いられていますが、それにはきちんと理由があるようです。そして、添加物は用いられていません。

このように、いぬはぐは高品質なドッグフードですが、品質の割に価格が高いのがおしいポイントです。具体的には、100gあたり465円の価格になっています。また、成分についてはタンパク質や脂肪がやや少ないようです。

いぬはぐは脂質が6%以上、カロリーが332kcal/100gと低脂肪低カロリーになっていますし、ヒューマングレードの良質なお肉が配合されています。シニア犬に適したドッグフードと言えるでしょう。

6位:このこのごはん

総合評価(3.9/5)
参考価格通常価格:1kg/3500円(税別)
定期購入:1kg/2980円(税別) 15%OFF
100gあたり約350円
カロリー342kcal/100g
メイン食材鶏肉
原産国日本
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封なら1年、開封後は1か月
販売元オモヤ
注目ポイント
  1. 小型犬が食べやすい小さなサイズ
  2. 安心のヒューマングレード
  3. 保存料不使用
最安値 公式サイト

メイン食材には定番の鶏肉が用いられており、粒は小型犬に適した7~8mmになっています。グレインフリーではないため穀物が用いられていますが、穀物の中では比較的ワンちゃんに適したものが用いられています。

そして、添加物は合成ミネラルや合成ビタミン以外は用いられていないので安心です。成分についてはタンパク質と脂質がやや少なめなのが気になります。

そして、価格は100gあたり350円でやや高めですが、品質は高いので、小型犬向けのドッグフードを探している人は一度試してみてはいかがでしょうか。

このこのごはんは脂質が7.5%、カロリーが342kcal/100gと低脂肪低カロリーになっていますし、ヒューマングレードの良質なお肉が配合されています。老犬に適したドッグフードと言えるでしょう。

5位:UMAKA(美味華)

総合評価(4.1/5)
参考価格通常価格:1.5kg/4980円(税別)
定期購入:1.5kg/4482円(税別)
初回購入:1.5kg/1980円(税別)
100gあたり約332円
カロリー345kcal/100g
メイン食材鶏肉
原産国日本
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封の場合1年、開封後は1か月
販売元トリゼンフーズ
注目ポイント
  1. 九州産華味鳥100%使用
  2. ヒューマングレードの国産原料使用
  3. 足腰サポート
最安値 公式サイト

UMAKAはメイン食材として鶏肉を用いており、そのほかにも良質な原料だけが使用されています。また、添加物も合成ミネラルや合成ビタミン以外含まれていないようです。成分にもあまり問題は見られません。

そして、ヒューマングレードで製造工場も明記されているなど、安全性も高いフードになっています。

ただ、高品質であるだけに価格も高くなっており、100gあたり332円です。また、Amazonや楽天から購入することができず、お試しパックなどもないので利便性はあと一歩です。

UMAKAは脂質が11.5%以上、カロリーが345kcal/100gと低脂肪低カロリーですし、ヒューマングレードの良質なお肉を配合しています。シニア犬に適したドッグフードと言えるでしょう。

4位:POCHI ザ・ドッグフード

総合評価(4.3/5)
参考価格通常価格:3kg/4653円(税別)
お試しセット:550円
100gあたり約155円
カロリー315kcal/100g
メイン食材サーモン生肉
原産国オランダ
対応年齢全年齢対応
賞味期限不明
販売元マーケティングパートナー
注目ポイント
  1. 安心の原材料
  2. 質の高い工場で丁寧に調理
  3. ほぼ無添加
最安値 Rakuten

POCHI ザ・ドッグフードにはグレインフリーの良質な原材料が使用されています。添加物についても栄養強化のために使用される合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていません。成分についても大きな問題はないようです。

お試しセットがあることなど利便性も高くなっており、価格も100gあたり155円と品質を考えると抑えられています。総じて完成度の高いドッグフードと言えるでしょう。

POCHI ザ・ドッグフードは脂質が10%以上、カロリーが315kcal/100gと低脂肪低カロリーで、良質な生肉を配合しており、グレインフリーになっています。シニア犬に適したドッグフードと言えます。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

3位:ナウフレッシュ

総合評価(4.3/5)
参考価格通常価格:2.72kg/4646円(税別)
100gあたり約171円
カロリー325.2kcal/100g
メイン食材ターキー生肉
原産国カナダ
対応年齢成犬~シニア犬
賞味期限未開封の場合14か月、開封後は1か月
販売元グローバルペットニュートリション
注目ポイント
  1. 新鮮食材で栄養たっぷり
  2. こだわりのSCSB製法
  3. おなかにやさしい
最安値 Amazon Rakuten

※ナウフレッシュ シニア&ウェイトマネジメント の場合

ナウフレッシュはグレインフリーで人も食べられる原材料を使用しており、塩化ナトリウム以外に特に気になる原材料はありません。添加物も合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていないようです。成分にも問題は見られません。

高品質のドッグフードでありながら、価格は100gあたり174円であり、かなりお値打ちになっています。ただ、定期コースもお試しパックもないなど、利便性はあまりよくありません。

ナウフレッシュのうち「シニア&ウェイトマネジメント」「スモールブリード シニア&ウェイトマネジメント」はシニア犬に適したドッグフードになっています。

具体的には、「シニア&ウェイトマネジメント」の場合、脂質は10%以上、カロリーは325.2kcal/100gと低脂肪低カロリーになっていますし、ヒューマングレードの良質なお肉を配合していてグレインフリーでもあります。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

2位:ピッコロ

総合評価(4.5/5)
参考価格通常価格:1.5kg/3960円(税別)
定期購入:1.5kg/3564円(税別) 10%OFF
100gあたり約264円
カロリー355kcal/100g
メイン食材骨抜きチキン生肉
原産国イギリス
対応年齢シニア犬(7歳)~
賞味期限開封後3か月
販売元レティシアン
注目ポイント
  1. シニア犬にうれしい栄養素たっぷり
  2. たんぱく質たっぷり
  3. 無添加
最安値 公式サイト

ピッコロはメイン食材として品質の高い骨抜きチキン生肉を用いています。そして、グレインフリーであり、危険な添加物も用いられていません。また、成分にも特に問題はないようです。

そして、100gあたりの値段は264円であり、コスパも高めです。ただ、Amazonや楽天で買えないこと、お試しパックがないことなど、利便性はあと一歩です。

ピッコロはヒューマングレードの良質なチキンとサーモンを70%以上配合しており、グレインフリーなので老犬に適したドッグフードと言えます。

1位:モグワン

総合評価(4.8/5)
参考価格通常価格:1.8kg/3960円(税別)
定期購入:1.8kg/3564円(税別) 10%OFF
初回購入:1.8kg/1980円(税別) 50%OFF
100gあたり約198円
カロリー344kcal/100g
メイン食材チキン生肉
原産国イギリス
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封の場合18か月、開封後は3か月
販売元レティシアン
注目ポイント
  1. ヒューマングレードで厳選野菜も配合
  2. 高タンパクでグレインフリー
  3. シンプルなレシピでトッピングをしやすい
最安値 公式サイト

モグワンでは原材料に50%もの肉類を使用しており、しかもヒューマングレードでグレインフリーになっています。また、合成ミネラルや合成ビタミン以外の添加物は使用されておらず、成分についてもタンパク質が多く、完璧です。

また、工場の情報がわかっていることなど安全性も高くなっており、定期購入や初回割引もあるので利便性も高くなっています。そして、100gあたりの値段は198円です。

つまり、モグワンはかなり高品質で、価格も抑えられているドッグフードと言えるでしょう。

モグワンは脂質が12%以上、カロリーが344kcal/100gと低脂肪低カロリーになっており、ヒューマングレードの良質なお肉を50%含んでおり、グレインフリーになっています。シニア犬に最適なドッグフードと言えるでしょう。

シニア犬用ドッグフードの選び方

シニア犬用ドッグフードを選ぶ時のポイントは以下の3つです。それぞれ見ていきましょう。

①低カロリー低脂肪

シニア犬になると基礎代謝が落ちるため、成犬の時よりも必要なカロリーや脂肪は少なくなります。成犬の時と同じ感覚でドッグフードを与えていると肥満の原因になってしまうかもしれません。

摂取カロリーや摂取する脂肪の量を減らすために1回に与える量を減らすのもアリですが、食事が減っていることに気づいて満足感を得られず、ストレスの原因になってしまう可能性があります。

このことから、シニア犬には低カロリーで低脂肪のドッグフードを与えてあげるといいでしょう。そうすれば量が減ってないので満足感を得られますし、肥満も予防することができます。

②良質なお肉を配合

筋肉、皮ふ、血液と同じように、毛もタンパク質から作られています。そのため、毛並みを美しく保つにあたって、良質なタンパク質を摂取させてあげることはとても大切です。

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますが犬にはお肉などからとれる動物性タンパク質のほうが適しています。動物性タンパク質の中でも、ミール系など、あいまいな表記をしているものは何が含まれているかわからないので注意したほうがいいでしょう。

つまり、シニア犬の健康を保つためには、良質なお肉を配合したドッグフードを選んであげるべきなのです。

③グレインフリー

犬はもともと肉食動物で、現在でも肉食寄りの雑食動物です。そのため、犬にとってお肉や魚は消化しやすいですが、穀物は消化のしやすいものではありません。

特に小麦やとうもろこしの中に含まれているグルテンは大変消化しにくい上、アレルゲンにもなりやすい成分です。

シニア犬になると消化能力が落ちるので、消化しにくい穀物ができるだけ含まれていないドッグフードを選んであげるべきです。

\ SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう! /

\ドッグフード選びに迷ったら? /



どのドッグフードが良いか迷った時は?

ドッグフードの達人が太鼓判を押すドッグフードです。手っ取り早くおすすめのドッグフードを知りたい飼い主さんはこちら。

品質でドッグフードを選ぶなら?

当サイト独自の評価基準でドッグフードをSランク〜Eランクにランク分けしています。安全で高品質なドッグフードが知りたい飼い主さんはこちら。

愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

目的別でおすすめのドッグフードです。愛犬に合ったドッグフードを詳しく知りたい飼い主さんはこちら。