ドッグフードの解析

【2023年最新】シニア犬におすすめのドッグフード10選!主原料・主成分・カロリー数を徹底比較

※本ページにはPRが含まれます。

7〜10歳以上のシニア犬は、消化する力が弱くなったり、運動量が減ったりと、加齢による懸念点が出てきます。

食事は日々の健康に直結するものですから、シニア犬には適切なドッグフード選びが必要です。

愛犬には、歳を重ねても元気な日常を送ってほしいですよね。

そこで今回は、シニア犬におすすめのドッグフードを10種類紹介します。

【2023年最新】愛犬にあったおすすめのドッグフードランキング!原材料・安全性・食いつきを徹底比較

シニア犬に
おすすめのドッグフードを
今すぐ見る

シニア犬におすすめのドッグフード10選

ここからは、シニア犬におすすめで、なおかつ当サイトの解析でも高得点の結果となったドッグフードを紹介します。

 

商品名シニア犬におすすめの
ポイント
1

モグワンドッグフード

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
チキン生肉と生サーモンがメイン
動物性タンパク質が原材料の50%以上
良質なタンパク質が獣医からも評価
グレインフリー
363kcal/100gで比較的低カロリー
2

ピッコロドッグフード

7歳以上のシニア犬が対象
原材料の70%がチキンとサーモン
獣医師がシニア犬にとっての嗜好性と栄養バランスを評価
グレインフリー
355kcal/100gで低カロリー
3

TASHIKA

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
低カロリー高タンパクな鹿肉がメイン
鉄分豊富な鹿のレバー使用
グレインフリー
4

Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ

yum yum yum!シニア&ライト チキン ドライタイプ

1パック80gで使い切りができる
体重管理をしている愛犬に最適
チキンアレルギーの子には馬肉使用のもので代用できる
シニア犬でも噛み切れる柔らかさをしている
5

ミシュワン小型犬用

ミシュワン

シニア期の小型犬に配慮した形状をしている
良質なタンパク質を豊富に含んでいる
厚みがなくふやかすのに適した形状をしている
関節症の予防になる成分が含まれている
編集長
編集長
各ドッグフードの詳細な特徴を見ていきましょう。

①モグワンドッグフード

モグワンドッグフードの詳細な特徴を表にまとめると、以下のようになります。

総合評価4.80点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージ
ジッパーあり
価格

■通常価格
1.8kg:税込4,356円
■定期コース
1個:税込3,920円
→10%OFF
2個以上:税込3,702円
→15%OFF
6個以上:税込3,484円
→20%OFF
最安値 公式サイト
100g
あたり
193円〜242円
対象全年齢・全犬種
メイン食材チキン生肉&生サーモン
穀物の使用なし(グレインフリー)
賞味期限未開封:18か月
開封後:3か月
原産国イギリス
カロリー363kcal/100g
タイプ

ドライタイプ
直径:8~12mm

販売元株式会社レティシアン
公式サイトモグワンドッグフード

モグワンドッグフードは、通信販売で累計販売数100万個を突破したドッグフードです

採点の結果も4.80点と高得点で、当サイトで解析した160種類以上のドッグフードのなかでも第一位となりました。

高タンパクであるだけでなく、ヒューマングレードの食材を使っている点やグレインフリーである点も特徴的です。

さらに、添加物も不使用となっています。

【★4.80】モグワンドッグフードの解析|理想の食いつきを求めて開発

シニア犬におすすめのポイント

モグワンドッグフードは、以下の点でシニア犬におすすめです。

  • 子犬〜シニア犬まで全年齢対応
  • チキン生肉と生サーモンがメイン
  • 動物性タンパク質が原材料の50%以上
  • 良質なタンパク質が獣医からも評価
  • グレインフリー
  • 363kcal/100gで比較的低カロリー

公式ページ 解析ページ

②ピッコロドッグフード

総合評価4.75点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージ
ジッパーあり
価格■通常価格
1.5kg:3,960円(税込4,356円)
■定期コース
1個:3,564円(税込3,920円)
→10%OFF
2個以上:3,366円(税込3,702円)
→15%OFF
6個以上:3,168円(税込3,484円)
→20%OFF
最安値 公式サイト
100g
あたり
232円〜290円
対象全犬種・シニア犬(7歳)~
メイン食材チキン生肉
穀物の使用なし(グレインフリー)
賞味期限未開封(常温):18か月
原産国イギリス
カロリー約355kcal/100g
タイプドライタイプ
直径10mm程度
販売元株式会社レティシアン
公式サイトピッコロドッグフード

ピッコロドッグフードは、イギリスの企業であるSymply(シンプリー)が開発・製造し、日本の企業である株式会社レティシアンによって輸入販売されているドッグフードです。

ピッコロドッグフードの原材料の約70%は、犬にとって上質なタンパク質であるチキンとサーモンが占めています。

穀物を使用しないグレインフリーであり、着色料や香料は一切使用していません。

なお、ピッコロドッグフードは7歳以上のシニア犬に与えることを対象としたドッグフードになっています。

シニア犬におすすめのポイント

ピッコロドッグフードは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 7歳以上のシニア犬が対象
  • 原材料の70%がチキンとサーモン
  • 獣医師がシニア犬にとっての嗜好性と栄養バランスを評価
  • グレインフリー
  • 355kcal/100gで低カロリー

公式ページ 解析ページ

③TASHIKA

総合評価4.63点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージ
ジッパーあり
価格■通常価格
1kg:税込2,750円
■お試し
300g:税込880円
最安値 公式サイト
100g
あたり
約275円
対象全種類、全年齢
メイン食材鹿肉
穀物の使用なし(グレインフリー)
賞味期限パッケージに記載
原産国日本
カロリー384kcal/100g
タイプ

ドライタイプ

販売元NPO法人cambio
公式サイトTASHIKA

TASHIKAは人工香料や着色料、保存料が一切使われておらず、無添加のドッグフードです。

TASHIKAでは、国産の本州鹿肉が使われています。本州鹿肉は、牛肉や豚肉よりも低カロリーで、タンパク質が豊富です。また、鉄分やミネラルのバランスも整っています。

また、穀物も使用されていないため、穀物アレルギーのワンちゃんにも安心して与えることができます。

TASHIKA(鹿肉60%ドライフード)には、魚粉や卵殻カルシウムなど、カルシウムが豊富な原材料も多数使われています。

シニア犬におすすめのポイント

TASHIKAは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 子犬〜シニア犬まで全年齢対応
  • 低カロリー高タンパクな鹿肉がメイン
  • 鉄分豊富な鹿のレバー使用
  • グレインフリー

公式ページ 解析ページ

④Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ

総合評価4.60点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージyum yum yum!シニア&ライト チキン ドライタイプ
ジッパーあり(小包に限りなし)
価格通常価格
ちょこっとパック 80g:473円
400g(80g×5): 2,310円
800g(80g×10):4,073円
100gあたり約420円
対象小型犬・成犬~シニア犬
メイン食材鶏肉
穀物の使用あり(大麦、玄米)
賞味期限未開封(常温):約9~10ヶ月
原産国日本
カロリー約271kcal/100g
タイプyum yum yum!シニア&ライト チキン ドライタイプ

  • ドライフード
  • 約7mm
販売元ロゴスペットサイト

「Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ」は、シニア犬の食欲を掻き立ててくれる鰹節の風味と、噛みやすくしっとりとした触感があるドッグフードです。

主原料には、豊富な動物性タンパク質を含んだ宮崎県産の若鳥の生肉を使用し、シニア犬の健康と栄養バランスを考え、カボチャやニンジンなどの野菜を使用しています。

またチキンアレルギーの子には、鶏肉ではなく馬肉を主原料にしているタイプのものがおすすめです。

また1食当たりのエネルギー量は、体重管理をしている成犬にもうってつけです。

シニア犬へのおすすめポイント

Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 1パック80gで使い切りができる
  • 体重管理をしている愛犬に最適
  • チキンアレルギーの子には馬肉使用のもので代用できる
  • シニア犬でも噛み切れる柔らかさをしている

⑤ミシュワン小型犬用

パッケージミシュワン

総合評価4.60点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
ジッパーあり
価格■通常価格
3,980円(1kg)
■定期コース
初回購入:3,184円(1kg)
2回目以降:6,368円(1kg×2袋)+送料
100gあたり約398円
対象小型犬・シニア犬
メイン食材肉類(鶏肉、馬肉、鶏レバー)
穀物の使用大麦、玄米など
賞味期限未開封:12ヶ月
開封後:1ヶ月
原産国日本
カロリー約352kcal/100g
タイプミシュワンの粒の大きさ

  • ドライフード
  • 直径:約9㎜×6㎜
販売元株式会社ミシュワン

ミシュワン小型犬用は、シニア期に突入したチワワやトイプードルといった小型犬・超小型犬の健康に配慮した国産のドッグフードです。

主原料には、動物性タンパク質を多く含んだ馬肉や鶏肉などをふんだんに使用すると同時に、腸内環境や体調管理に一躍買っている乳酸菌を配合して、免疫力を内側から整えてくれます。

さらに、関節部分の健康を支えてくれる緑イ貝もブレンドしています。

粒の形状にも強いこだわりがあり、食べこぼしの防止からぬるま湯でふやかすのに時間がかからないなど、シニア犬への配慮がいたるところに施された1品です。

シニア犬へのおすすめポイント

ミシュワン小型犬用は、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • シニア期の小型犬に配慮した形状をしている
  • 良質なタンパク質を豊富に含んでいる
  • 厚みがなくふやかすのに適した形状をしている
  • 関節症の予防になる成分が含まれている

⑥ロータス シニア チキンレシピ 小粒

総合評価4.50点
Sランク
原材料が安全で最も優れている
パッケージロータス シニア チキンレシピ 小粒
ジッパーあり
価格通常価格
3,200円/1kg
100gあたり約320円
対象小型犬・シニア犬用
メイン食材チキン
穀物の使用なし
賞味期限不明
原産国カナダ
カロリー約357kcal/100g
タイプロータス シニア チキンレシピ 小粒粒の大きさ

  • ドライフード
  • 約8〜10mm
販売元vittoria【ヴィットーリア】

ロータス シニア チキンレシピには、小粒タイプと中粒タイプの2種類があり、粒の大きさに合わせてシニア期に突入した小型犬や中型・大型犬の健康を支えてくれます。

粒の大きさを問わず、ロータスはホルモン剤不使用の鶏肉と白身魚を主原料に数種類もの野菜をブレンド、仕上げはオープンでじっくり低温調理しています。

低タンパク質であると同時に低脂質なので、カロリー控えめな食事をさせたい子や、肉々しいドッグフードが苦手なシニア犬におすすめです。

シニア犬へのおすすめポイント

ロータス シニア チキンレシピ 小粒は、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 人間も食べれる食材を使用(ヒューマングレード)
  • 関節症予防になる緑イ貝をプレンド
  • 栄養素が吸収されやすい形になっている
  • カロリー控えめの食事をさせたいときにおすすめ

⑦ウェルネスコア

総合評価4.45点
Aランク
非常に優秀なドッグフードだが、Sランクと比べると惜しい点がある。
パッケージウェルネスコア
ジッパーあり
価格■通常価格
800g:1,909円
1.8kg:4,355円
100gあたり約209円
対象全犬種・シニア犬
メイン食材七面鳥
穀物の使用穀物不使用(グレインフリー)
賞味期限不明
原産国不明
カロリー約330kcal/100g
タイプウェルネスコア部の大きさ

  • ドライフード
  • 約10mm三角形
販売元ウェルペット社

ウェルネスコアは、高品質かつ豊富な動物性タンパク質を含んだ七面鳥を主原料にしつつ、穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。

成犬に比べて、筋肉や足腰が衰えつつあるシニア犬の健康状態を加味して、ドッグフード中に含まれているタンパク質の数値は33%と、シニア犬用の中では非常に高く、筋肉維持に最適です。

とはいえ、1粒当たり10mm近い大きさをしているため、シニア期に突入した口が大きい中型・大型犬のご飯に適しています。

シニア犬へのおすすめポイント

ウェルネスコアは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 粒が大きいので、問題なく食べられる中型・大型犬に向いている
  • タンパク質を積極的に摂取したい子
  • シニア期に入っても成犬と変わらない運動量の子
  • 筋力維持と足腰の健康維持に最適

⑧フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ

総合評価4.40点
Aランク
非常に優秀なドッグフードだが、Sランクと比べると惜しい点がある。
パッケージフレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ
ジッパーあり(1kgと3kgのみ)
価格■通常価格
1kg:2.310円
3kg:4,620円
6kg:8,250円
100gあたり約231円
対象小型犬・シニア犬
メイン食材鶏肉
穀物の使用大麦、玄米、えんどう豆、オーツ麦など
賞味期限不明
原産国アメリカ
カロリー約355kcal/100g
タイプフレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ粒の大きさ

  • ドライフード
  • 約8mm
販売元株式会社ケイエムテイ

フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグは、摂りすぎた脂肪分の燃焼サポートに効果があるL-カルニチンが配合されているドッグフードです。

主原料には、動物性タンパク質を多く含んだ鶏肉(ターキーやダック)、サーモンなどの肉を使用して深みのある味わいをもたらしてくれます。

高タンパク質であると同時に、先の脂肪燃焼サポート成分のL-カルニチンに加えて、関節サポート成分配合で、運動量が減り、太りやすいシニア期の肥満対策から心臓病予防になります。

シニア犬へのおすすめポイント

フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 肥満予防・心臓病予防になる成分が配合されている
  • 主原料に鶏肉と魚肉をブレンドしている
  • シニア期の体重管理に最適

⑨このこのごはん

総合評価4.40点
Aランク
非常に優秀なドッグフードだが、Sランクと比べると惜しい点がある。
パッケージこのこのごはん
ジッパーあり
価格■通常価格
初回注文(1kg):3,278円
2回目以降:6,556円+850円(送料)
100gあたり約327円
対象小型犬・全年齢
メイン食材鶏肉(ささみ、レバー)
穀物の使用グレインフリー
賞味期限未開封:12ヶ月
原産国日本
カロリー約342kcal/100g
タイプこのこのごはん粒の大きさ

  • ドライフード
  • 約7~8mm
販売元株式会社オモヤ

このこのごはんは、涙やけや毛並み問題など、小型犬が抱える問題の解決に取り組めるアンチエイジング効果が期待できる小型犬専用のドッグフードです。

主原料には、ささみと鶏レバーを使用しており、上質なたんぱく質の摂取ができると同時に、低脂質なので、シニア犬の体重管理に最適です。

また消化を手助けしつつ、栄養を体の隅々にまで届けてくれパパイヤやモリンガも配合しています。

ただし、関節症の予防になる成分が微量しか含まれていません。

シニア犬へのおすすめポイント

このこのごはんは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 高タンパク質かつ低脂質な総合栄養食
  • 全年齢に対応
  • 小型犬が抱える問題を食事でケアできる

⑩やわか

総合評価4.30点
Aランク
非常に優秀なドッグフードだが、Sランクと比べると惜しい点がある。
パッケージやわか
ジッパーあり
価格■通常価格
1.2kg:5,980円
■定期申し込み
1.2kg:4,378円
100gあたり437~598円
対象全犬種・全年齢
メイン食材鶏肉
穀物の使用グルテンフリー
賞味期限未開封:12ヶ月
原産国日本
カロリー約287kcal/100g
タイプセミドライフード
販売元トリゼンダイニング株式会社

やわかは、九州産ブランド鶏「華味鶏」を主原料に、香りだしとして鰹節を使用してシニア問わず、成長期、成犬期といった全年齢に対応したドッグフードです。

主原料である鶏肉に加えて、カボチャやニンジン、リンゴなど、人間が口にしても大丈夫な食材をプレンドしたヒューマングレードであると同時に、穀物を一切使用していないグルテンフリーのドッグフードでもあります。

また原材料は、同ブランドから出ている「UMAKA」と同じですが、当商品は、噛む力が弱いシニア犬でも簡単に噛み切れるほどの柔らかさを有しています。

シニア犬へのおすすめポイント

やわかは、以下のような点でシニア犬におすすめです。

  • 噛む力が弱いシニア犬でも噛み切れる柔らかさを持っている
  • 関節軟骨成分や腸内環境を整える成分配合の健康食
  • 穀物を一切使用していないグルテンフリー
  • 子犬〜シニア犬まで全年齢に対応

シニア犬用ドッグフードの選び方

シニア犬用ドッグフードを選ぶときには、下記3つのポイントに気をつけましょう。

  1. 低カロリーのフードを選ぶ
  2. 良質なタンパク質が含まれるフードを選ぶ
  3. グレインフリーのフードを選ぶ

1つずつ解説します。

①低カロリーのフードを選ぶ


シニア犬には、低カロリーのフードを選びましょう

高齢になると基礎代謝が落ちるため、成犬の時よりも必要なカロリーは少なくなります。

成犬の時と同じ感覚でドッグフードを与えていると肥満の原因になってしまうかもしれません。

そのため、低カロリーのドッグフードを与えてあげるといいでしょう。

②良質なタンパク質が含まれるフードを選ぶ


シニア犬にドッグフードを選ぶ際には、良質なタンパク質が含まれているかどうかもチェックしましょう

良質なタンパク質は消化率が高く、身体に老廃物がたまりにくいからです。

犬にとって大豆や小麦などの植物性のタンパク質は消化しにくいものなので、肉や魚などの動物性のタンパク質が豊富に含まれているドッグフードを与えてあげるといいでしょう。

③グレインフリーのフードを選ぶ


シニア犬には、グレインフリーのフードを選びましょう

犬にとって、穀物は消化のしやすいものではなく、さらにアレレルゲンにもなりやすい成分です。

特に、シニア犬になると消化能力が落ちるので、穀物ができるだけ含まれていないドッグフードを与えましょう。

シニア犬用のドッグフードに切り替える時期・年齢

前節で、シニア犬におすすめのドッグフードを紹介してきました。

一般的にワンちゃんの老齢期は、7歳からとされていますが、老齢期を迎えてなお、しばらくは成犬と変わらない子もいます。

また、実際は犬の大きさ(体型)によって、シニア期に入るタイミングが異なります。

大きさシニア(初期)シニア(後期)
小型犬8~10歳11歳以降
中型犬7~9歳10歳以降
大型犬6~7歳8歳以降

上記表から伺えるように、小型犬の方が中型・大型犬よりも長寿であり、廊下速度も遅い傾向があります。

とはいえ、廊下の進行速度は、日々の食事や運動量、そして生活環境によって前後します。

よって、シニア期に突入する年齢に近づいた時、以下のような特徴がみられたタイミングで切り替えを検討するのがいいでしょう。

  • 寝ている時間が長い
  • 散歩を嫌がる
  • 段差が登れない
  • 口臭が気になる
  • 体に触れても反応が薄い など

シニア犬におすすめのドッグフードに関するQ&A

ここからは、シニア犬にあげるドッグフード選ぶうえで知っておきたいことや、解決しておきたい疑問を質問形式で解説していきます。

Q.シニア犬におすすめのドッグフードは?

シニア犬にあげるドッグフードを選ぶときは、硬さ、代謝に見合ったカロリー量を持っている、関節ケア成分配合など、老犬の健康状態を労わってくれる成分がブレンドされているものを選ぶのが賢明です。

それらを加味してドックフードを選ぶなら「モグワンドッグフード」や「TASHIKA」がおすすめです。

Q.シニア犬におすすめのドッグフードを選ぶポイントは?

シニア犬は成犬に比べて筋肉や足腰が弱く、運動量も減っています。

よって、シニア犬にあげるドッグフードを選ぶときは、高タンパク質かつ低脂質のもの、筋肉や手足の関節のケアになる成分を含むもの、そして噛み切りやすい硬さをしているものといった特徴を兼ねそろえているものを選ぶのがいいでしょう。

特に運動量が減っているにもかかわらず、高カロリーなものをあげると肥満になりやすく、心臓にかかる負担が大きくなるなど、ワンちゃんの健康を害してしまう恐れがあります。

グルコサミン・コンドロイチン配合!関節ケアのおすすめドッグフード5選

Q.運動量が変わらないシニア犬にも成犬用のドッグフードを与えても大丈夫?

シニア犬の中には、何歳になっても活発な子もいますが、シニア期に突入している以上、筋肉や足腰、各臓器の老化が進んでいます。

そんな子に成犬用のドッグフードを与えると、摂取したカロリーの消費が追い付かず、かえって肥満体型気味になる可能性があります。

また、肥満になれば、機能が衰えつつある臓器に無理を強いることとなり、寿命を削ってしまう可能性もあります。

よって、ワンちゃんの健康を加味するなら、高タンパク質・低脂質でありながら、低カロリーで済むものに切り替えてあげるのがいいでしょう。

その点を踏まえると、シニア犬に成犬用のドッグフードをあげるのは危険ということになります。

Q.シニア犬にあげるドッグフードの適正量はある?

シニア期に入ったワンちゃんの個体によって量が変わります。

あげる量を考える時は、食べ残しの有無とうんちの硬さの2点を観察してあげるのがいいでしょう。

Q.シニア犬にグレインを含むドッグフードをあげると体調が悪くなる?

適切な加工と加熱調理をしてα化しているものであれば、シニア犬でも消化吸収ができるので与えても問題はありません。

また、グレインにはちよぅない環境を整えてくれる食物繊維や、βグルカンやビタミンやミネラルなど、健康維持に必要な栄養素を多く含んでいます。

世間では「グレインフリーがいい」といった風潮がありますが、適切な加工処理を尾床してあるものであれば、シニア犬にグレインを含むドッグフードをあげても問題はありません。

穀物不使用で高品質!グレインフリーでおすすめのドッグフード4選

Q.シニア犬に手作りご飯をあげてもいい?

栄養バランスの偏りや不足、病気になるリスクが高いので、おすすめはしません。

その点、ドッグフードは獣医や管理栄養士監修の基で製造された総合栄養バランス食であり、ワンちゃんに必要な栄養がぎっしりと詰まっています。

むろん、手作りご飯をあげる利点もありますが、ワンちゃんの健康を取るならドッグフードをあげるのが賢明です。

総合栄養食にこだわる方におすすめのドッグフード10選!獣医師監修フードも紹介

まとめ

以上、この記事では、シニア犬におすすめのドッグフード10選を紹介しました。

シニア期に突入したワンチャンにあげるドッグフードをシニア用に切り替えるタイミングは、個体によってマチマチです。

さらに、シニア期といっても、老齢期の初期・後期都では、食欲や代謝が異なります。

自分で判断がつかないときは、一度獣医に相談してみるという方法があります。

愛犬に長生きしてもらうためにも、良質かつ健康に寄り添ったものを選んであげましょう。

達人
達人
最後に、紹介したドッグフードの中で最も評価が高いものをおさらいします!
商品名シニア犬におすすめの
ポイント
1

モグワンドッグフード

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
チキン生肉と生サーモンがメイン
動物性タンパク質が原材料の50%以上
良質なタンパク質が獣医からも評価
グレインフリー
363kcal/100gで比較的低カロリー
2

ピッコロドッグフード

7歳以上のシニア犬が対象
原材料の70%がチキンとサーモン
獣医師がシニア犬にとっての嗜好性と栄養バランスを評価
グレインフリー
355kcal/100gで低カロリー
3

TASHIKA

子犬〜シニア犬まで全年齢対応
低カロリー高タンパクな鹿肉がメイン
鉄分豊富な鹿のレバー使用
グレインフリー
4

Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ

yum yum yum!シニア&ライト チキン ドライタイプ

1パック80gで使い切りができる
体重管理をしている愛犬に最適
チキンアレルギーの子には馬肉使用のもので代用できる
シニア犬でも噛み切れる柔らかさをしている
5

ミシュワン小型犬用

ミシュワン

シニア期の小型犬に配慮した形状をしている
良質なタンパク質を豊富に含んでいる
厚みがなくふやかすのに適した形状をしている
関節症の予防になる成分が含まれている

シニア犬に
おすすめのドッグフードを
もう一度見る

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★2.70】ウェルケア(柴専用 オールステージ)の口コミを徹底解説!

2015年9月5日
ドッグフードの達人
ウェルケア(柴専用 オールステージ)は、犬種ごとに商品展開が多様な、国内製造のドッグフードです。 「商品名は聞いたことがあるけれど、本 …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【販売終了】ロイヤルドッグフードの解析|成分や口コミからわかる本当の評判

2015年11月13日
ドッグフードの達人
JUDGE’S CHOICE社(ジャッジズチョイス)が販売を手がけるドッグフード『ロイヤルドッグフード』について調べてみました。ドッグフード …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★3.95】ウマミネイチャーの口コミとは?こだわり食材を使った無添加ドッグフード

2021年9月27日
ドッグフードの達人
UMAMI NATURE(以下、「ウマミネイチャー」と表記します)は、2021年7月に「次世代型ドッグフード」として販売されたばかりの、無添 …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★4.08】ベジドッグは100%ベジタリアンのヘルシーなドッグフード!

2021年12月17日
ドッグフードの達人
ベジドッグは100%ベジタリアン向けの原材料を使用した、動物肉を使わないヘルシーなドッグフードです。 「商品名は聞いたことがあるけれど …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの解析

【★2.58】モッピープロ「レギュラー」の口コミとは?1歳以上の成犬におすすめのドッグフード!

2015年10月15日
ドッグフードの達人
モッピープロは、衛生管理に厳しいオーストラリアで製造された、リーズナブルなドッグフードです。 「商品名は聞いたことがあるけれど、本当に …