目的別ドッグフード

胃腸にやさしい!消化器サポートができるおすすめドッグフード3選

「愛犬のおなかの調子が悪そう…」
「消化器ケアのためには、どんなドッグフードを与えてあげたら良いの?」

このような悩みをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、胃腸ケアに特化した療法食を紹介します。

療法食は獣医から指示があった場合にのみ用い、指示がない限り使用しないようにしましょう。

消化器ケア用のおすすめドッグフード3選

ここからは、皮膚疾患用に栄養バランスが調整された療法食を紹介します。

商品名消化器ケアに役立つ
ポイント
1
みらいの
ドッグフード
(胃腸・消化器)
消化器ケア専用の特別療法食
熱に強い耐熱性オメガ3配合
アレルギーを起こしやすい食材不使用
グレインフリー
2
犬心
(消化器ケア)
犬の体に適した繊維質
良質で吸収しやすいタンパク質・脂肪源
善玉菌・乳酸菌配合
3

forza10
(インテスティナル
アクティブ)

胃・腸の健康維持食事療法食
胃腸炎・嘔吐・消化管障害・下痢などに対応
編集長
編集長
各ドッグフードの詳細な特徴を見ていきましょう。

①みらいのドッグフード

パッケージ
ジッパーあり
価格
■通常価格
1袋:税込5,500円
2袋:税込8,800円
3袋:税込12,540円
4袋:税込16,720円
5袋:税込20,900円
6袋:税込23,100円
7袋:税込26,950円
8袋:税込30,800円
9袋:税込34,650円
10袋:税込38,500円
■定期コース
1袋:税込4,400円
2袋:税込7,260円
3袋:税込10,560円
4袋:税込14,080円
5袋:税込17,600円
6袋:税込19,800円
7袋:税込23,100円
8袋:税込26,400円
9袋:税込29,700円
10袋:税込30,800円
最安値 公式サイト
100g
あたり
330円〜550円
対象消化器ケアが必要な犬
メイン食材鹿肉
穀物の使用玄米,大麦
賞味期限パッケージに記載
原産国日本
カロリー334kcal/100g
タイプ

ドライフード

販売元自然の森製薬公式サイト
公式サイト和漢みらいのドッグフード

みらいのドッグフードは、獣医師監修の国産フードです。

メイン食材には高タンパクな鹿肉を用いており、無添加である点も安心できます。

みらいのドッグフードには、年齢や症状のお悩みに合わせて様々な種類が展開されていますが、胃腸や消化器のケアに対応しているのは、「特別療法食IC 胃腸・消化器特別療法食」です

「特別療法食 皮膚」のポイント

みらいのドッグフードの「特別療法食IC 胃腸・消化器特別療法食」では、良質なタンパク質・脂質を使用し、低アレルゲンにも配慮されています。

良質な油としては、オメガ3脂肪酸が使われています。オメガ3脂肪酸は皮膚や被毛の健康維持に役立つ脂肪酸です。

「特別療法食IC 消化器特別療法」には、耐熱性のあるオメガ3サチャインチオイルが含まれているため、オメガ3の栄養を損なうことなく摂取することができます。

また、消化器に負担が起きないよう、下記のようなアレルギーを起こしやすい原材料は不使用となっています。

× 小麦
× とうもろこし
× 大豆
× 卵
× 牛乳

公式ページ
 

解析ページ
※解析ページでは、
「長寿サポート(幼犬・成犬用)」を解析しています。

②犬心 皮膚サポート+

パッケージ
ジッパーあり
価格■通常価格
1.25kg:税込3,960円
■まとめ買い
2袋:税込6,688円
→1,232円OFF
4袋:税込12,430円
→3,410円OFF
6袋:税込17,380円
→6,380円OFF
8袋:税込21,560円
→10,120円OFF
■定期コース
2袋:税込6,578円
4袋:税込12,320円
6袋:税込17,270円
8袋:税込21,450円
■初回限定お試しサンプル
200g:0円
最安値 公式サイト
100g
あたり
約288円
対象全犬種・全年齢
メイン食材生魚
穀物の使用とうもろこし、玄米、大麦
賞味期限未開封:1年
開封後:1〜2ヶ月
原産国日本
カロリー410kcal/100g
タイプドライフード
販売元株式会社マッシュルーム・デザイン・スタジオ
公式サイト犬心

犬心 皮膚サポート+は「犬心」シリーズのひとつで、消化器トラブルをケアします。

アレルゲンになりやすい鶏肉や牛肉は不使用になっているほか、DHAやEPAを豊富に含む生魚を約30%配合しています。

DHAやEPAは、アトピー性皮膚炎の原因となる成分の発生を阻害します。

また、国産無添加であり、人も食べられる品質です。

犬心 消化器ケアのポイント

犬心 消化器ケアは以下のように、下痢・嘔吐・血便など消化器トラブルを防ぐため、以下のような原材料・成分が含まれています。

  • 犬の体に適した繊維質
    玄米・大麦・イモ類・海藻・キノコなど
  • 良質で吸収しやすいタンパク質・脂肪源
    フレッシュな生肉・生魚をメインに、ココナッツなど
  • 善玉菌・乳酸菌配合
    3種の善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌・酪酸菌)+有胞子乳酸菌

10年以上の専門家チームによる研究により開発されている点も信頼性が高いです。

公式ページ
 

解析ページ
※解析ページでは、
「成犬用(1〜7歳未満)」を解析しています。

③forza10

パッケージ
ジッパー
価格100g:税込352円
800g:税込2,200円
2kg:税込4,510円
最安値 Amazon
Rakuten
100g
あたり
226円〜352円
対象消化器ケアが必要な犬
メイン食材
穀物の使用米、コーン油
賞味期限パッケージに記載
原産国イタリア
カロリー345kcal/100g
タイプドライタイプ
販売元Tricco International
公式サイトforza10

forza10は、イタリアの獣医師が22年かけて開発した食事療法食です。

安全な自社工場で生産されており、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の栄養基準のもと製造が行われています。

第一原材料が米で、お肉やお魚でないものの、原材料は厳選されており、良質なものが使われています。合成ビタミンや合成ミネラル以外の添加物も含まれていません。

forza10は、症状に合わせて様々な商品ラインナップがありますが、なかでも「インテスティナルアクティブ」は消化器サポートができるドッグフードになっています。

腎臓ケアにおすすめの理由

forza10の「インテスティナルアクティブ」は、胃・腸の健康維持食事療法食です。

胃腸炎・嘔吐・消化管障害・下痢などに対応しています。

公式ページ
 

解析ページ
※解析ページでは、
免疫機能の維持を支える「デイリィベト」を解析しています。

まとめ

以上、この記事では、消化器ケア用のおすすめのドッグフード3選を紹介しました。

達人
達人
最後に、紹介したドッグフードをおさらいしよう!
商品名消化器ケアに役立つ
ポイント
1
みらいの
ドッグフード
(胃腸・消化器)
消化器ケア専用の特別療法食
熱に強い耐熱性オメガ3配合
アレルギーを起こしやすい食材不使用
グレインフリー
2
犬心
(消化器ケア)
犬の体に適した繊維質
良質で吸収しやすいタンパク質・脂肪源
善玉菌・乳酸菌配合
3

forza10
(インテスティナル
アクティブ)

胃・腸の健康維持食事療法食
胃腸炎・嘔吐・消化管障害・下痢などに対応

消化器ケア用の
おすすめドッグフードを
もう一度見る

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ