目的別ドッグフード

小さいお口に合ってる!小型犬におすすめのドッグフード5選

日本で飼われている犬には小型犬が多いですが、小型犬は食べムラが大きいので、ドッグフード選びには苦労してしまうことが多いと思います。

そこで、この記事では小型犬が喜んで食べてくれるおすすめのドッグフードを5つ紹介します。ドッグフード選びの参考にどうぞ。

おすすめドッグフード5選

①ファインペッツ(小粒)

総合評価(4.7/5)
価格※小粒の場合
■通常価格
1.5kg:3,142円(税込3,457円)
4kg:6,476円(税込7,124円)
8kg:12,857円(税込14,143円)
16kg:22,857円(税込25,143円)
■定期購入
1〜9回目:210円OFF
10回目:10%OFF
20回目:20%OFF
50回目:50%OFF
100回目:無料
■初回お試し
1.5kg:1,000円(税込1,100円)
100gあたり74円〜231円
カロリー440kcal/100g
メイン食材鹿肉
原産国オランダ
対応年齢全年齢対応
賞味期限開封後3か月
販売元エヴリワンズ
注目ポイント
  1. 人が食べられる品質
  2. 鹿肉メインなのに高コスパ
  3. 高い消化吸収率
最安値 公式サイト

ファインペッツはメイン食材に鹿肉を使用しており、原材料はすべてヒューマングレードになっています。また、添加物もまったく含まれていません。成分も申し分ありません。

そして、1.5kg/1000円のお試しパックや定期便もあり、利便性も高くなっています。そして、通常購入でも値段は100gあたり74円〜231円になっており、価格も抑えられています。

ここまで高品質なドッグフードを見つけることはなかなかできないでしょう。

ファインペッツ(小粒タイプ)は直径が5mm程度の小粒になっていて、鹿肉をメインに原材料の80%は肉類になっていて、完全に無添加になっています。小型犬にかなり適したドッグフードと言えます。

②ナウフレッシュ

総合評価(4.3/5)
価格※スモールブリード アダルトの場合
454g:1,200円(税込1,320円)
2.72kg:5,200円(税込5,720円)
5.44kg:8,900円(税込9,790円)
11.34kg:15,700円(税込17,270円)
100gあたり152円〜291円
カロリー359.8kcal/100g
メイン食材ターキー生肉
原産国カナダ
対応年齢成犬用
賞味期限未開封の場合14か月、開封後は1か月
販売元グローバルペットニュートリション
注目ポイント
  1. 新鮮食材で栄養たっぷり
  2. こだわりのSCSB製法
  3. おなかにやさしい
最安値 Amazon Rakuten

ナウフレッシュはグレインフリーで人も食べられる原材料を使用しており、塩化ナトリウム以外に特に気になる原材料はありません。添加物も合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていないようです。成分にも問題は見られません。

高品質のドッグフードでありながら、価格は100gあたり152円〜291円であり、かなりお値打ちになっています。ただ、定期コースもお試しパックもないなど、利便性はあまりよくありません。

ナウフレッシュのうち以下のラインナップでは小型犬用に小粒になっています。

  • グレインフリースモールブリードフィッシュアダルト
  • グレインフリースモールブリードアダルト
  • グレインフリースモールブリードシニア&ウェイトマネジメント

ナウフレッシュはヒューマングレードの良質な肉類を使用しており、ほぼ無添加になっています。小型犬に適したドッグフードと言えるでしょう。


Amazonこちらで販売中

Rakutenこちらで販売中

解析ページ

③ヤラー(グレインフリー)

総合評価(4.2/5)
価格※グレインフリーの場合
600g:2,350円(税込2,585円)
2kg:6,900円(税込7,590円)
100gあたり380円〜431円
カロリー350kcal/100g
メイン食材鶏肉
原産国オランダ
対応年齢成犬用
賞味期限未開封なら1年、開封後は1か月
販売元YARRAH社
注目ポイント
  1. オーガニック
  2. 安心の品質管理
  3. グレインフリー
最安値 Amazon

ヤラー(グレインフリー)はオーガニックでグレインフリーの良質な原材料が使用されているドッグフードになっています。塩化ナトリウム以外に気になる原材料は使用されていないようです。そして、添加物についても合成ミネラルと合成ビタミン以外は使用されていないようです。

成分についても大きな問題はなく、タンパク質の量が多いため、運動量が多い犬に特におすすめのドッグフードになっています。ただ、定期購入をすることができず、お試しパックもないため、利便性はやや低くなっています。

ただ、オーガニックなだけに、100gあたり380円〜431円と、価格は高めになっています。

ヤラー(グレインフリー)は直径が10mm程度の小さめの粒であり、オーガニックの良質な肉類が多く含まれていて、ほぼ無添加です。小型犬に適していると言えます。


Amazonこちらで販売中

Rakutenこちらで販売中

解析ページ

④アカナ

総合評価(3.8/5)
価格※パピースモールブリードの場合
340g:800円(税込880円)
2kg:4,200円(税込4,620円)
5kg:9,000円(税込9,900円)
100gあたり165円〜259円
カロリー366kcal/100g
メイン食材新鮮鶏肉
原産国カナダ
対応年齢子犬
賞味期限未開封で15か月
販売元アカナファミリージャパン
注目ポイント
  1. 生物学的に適正なドッグフード
  2. 地元カナダ産のヒューマングレード原材料を使用
  3. 自社キッチンで製造
最安値 Rakuten

アカナはヒューマングレードで肉類を最大75%も配合している、カナダの有名なドッグフードブランドです。そして、特に気になる原材料は使用されておらず、添加物も栄養添加物として亜鉛を使用している以外は含まれていないようです。

また、成分についてはタンパク質が31%と多く含まれている高タンパクドッグフードであり、脂質と繊維も多めになっています。そして、Amazonや楽天で購入することもでき、利便性は悪くありませんが、100gあたり165円〜259円であり、ヒューマングレードのドッグフードとしては高価な部類になります。

アカナにはさまざまなラインナップがありますが、そのうち「パピースモールブリード」というラインナップは小型犬用のドッグフードになっています。

具体的には、直径が7mm程度の小粒であり、ヒューマングレードの良質なお肉を70%も配合しており、ほぼ無添加になっています。

⑤オリジン

総合評価(3.8/5)
価格※オリジナルの場合
340g:1,150円(税込1,265円)
2kg:4,800円(税込5,280円)
5.9kg:10,700円(税込11,770円)
11.3kg:18,000円(税込19,800円)
100gあたり175円〜372円
カロリー394kcal/100g
メイン食材新鮮鶏肉
原産国アメリカ
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封で18か月、開封後なら3か月
販売元オリジンジャパン
注目ポイント
  1. 生物学的に適正なドッグフード
  2. ヒューマングレード原材料
  3. 自社キッチンで製造
最安値 Rakuten

オリジンは最大90%もの肉類が使用されている、有名なドッグフードブランドです。原材料にはヒューマングレードの良質な原材料が使用されており、特に気になる原材料は含まれていません。

そして、添加物についても栄養強化のために亜鉛が使用されているだけで、それ以外には含まれていないようです。成分についてはタンパク質と脂質が多くなっており、運動量が多い犬に適したドッグフードになっています。

そして、Amazonや楽天で購入することができ、公式サイトのサービスも充実しているため利便性も高くなっていますが、100gあたり175円〜372円と値段がかなり高くなっています。

オリジンは小粒ではありませんが、ヒューマングレードの良質な肉類を最大90%使用していて、ほぼ無添加になっています。小粒でなくても食べれる小型犬になら向いているでしょう。

小型犬におすすめのドッグフードの選び方

小型犬のドッグフードを選ぶ時には以下の3点に注意しましょう。

①小さい粒

小型犬には粒の小さいドッグフードがおすすめです。なぜなら、小さい粒なら口が小さい小型犬でも食べやすいからです。また、小型犬は歯垢や史跡による健康トラブルを起こしやすいため、できるだけ噛み砕いて食べれるような大きさの粒がおすすめと言えます。

②肉類が多い

小型犬には食べムラが大きいという特徴があります。そのため、できるだけ食い付きがよいドッグフードを選んであげたほうがいいでしょう。

そして、肉類が多く含まれているドッグフードは犬の食い付きもよくなります。そのため、小型犬には肉類が多く含まれているドッグフードを選んであげるようにしましょう。

③無添加

小型犬は体が小さいので、有害な添加物が入っていると、その影響を受けやすくなっています。栄養強化のために使用される合成ミネラルや合成ビタミン以外の添加物は含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

ちなみに、含まれているとよくない添加物の例としては、以下のようなものがあげられます。

  • 合成保存料
  • 香料
  • 合成着色料
  • 合成酸化防止剤
  • 発色剤

これらが含まれているドッグフードは犬に適していません。

こんな記事もおすすめ