プリモの解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、生食にもっとも近いドッグフード「プリモ(PRIMO)」です。
無添加なのにリーズナブルだと評判です。

■今回の解析商品:プリモ ベーシック

【1】プリモの総合評価(★4.4)

総合評価(4.4/5)

ランク Aランク(★4.0以上)
原材料 (3/5)
添加物 (5/5)
成分 (5/5)
安全性 (4.5/5)
コスパ (5/5)
利便性 (4/5)

>>全ランク一覧はこちら<<


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

総評:コスパが大変良い完全無添加ドッグフード

「プリモ(PRIMO)」は、PRIMOという日本の会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Aランク」の評価となりました。

プリモは良質な原材料で構成された完全無添加のドッグフードになっています。成分についても問題が見られない、よいドッグフードです。ただ、コーングルテンや大豆には注意が必要です。

そして、Amazonや楽天でも購入することができ、お試しパックもあるので利便性も高くなっています。また、これだけの品質を持ちながら、価格は100gあたり150円であり、かなりお得になっています。

プリモの基本情報

参考価格 通常価格:3kg/4491円(税別)
お試しセット:500g/1000円(税別)
100gあたり 約150円
カロリー 400kcal/100g
メイン食材 牛肉
原産国 日本
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封の場合6か月、開封後は1か月
販売元 PRIMO
注目ポイント
  1. 生肉50%以上配合
  2. 無添加
  3. 低温低圧無発泡製法
最安値 Amazon Rakuten

【2】プリモの特徴

続いて、プリモの特徴をより詳しくご紹介いたします。

①生肉50%以上配合


多くのドッグフードでは肉類の配合率が記載されていない中、プリモは生肉を50%以上配合しています。しかも、プリモはこれだけの生肉を使用していながら、100gあたり150円であり、リーズナブルな価格設定になっています。

そして、犬はもともと肉食の動物なので、プリモのように、生肉が豊富に使用されているドッグフードは犬の体に合ったドッグフードと言えます。

②無添加

プリモは完全に無添加なドッグフードであり、BHAやBHTなどの危険な添加物はもちろん、栄養強化のために使用される合成ビタミンや合成ミネラルなどの添加物もまったく使用していません。

ちなみに、ドッグフードの最大の敵は酸化ですが、プリモでは新鮮な肉を使うことで新鮮さを保ち、酸化を防ぐことに成功しています。

③低温低圧無発泡製法


多くのドッグフードは高温高圧で1度に大量に製造されますが、これではタンパク質が変性してしまい、ビタミンなどの熱に弱い栄養も失われてしまいます。

一方、プリモは低温低圧で製造されています。これではコストがかかってしまいますが、タンパク質の変性が起こることがなく、栄養も失われにくいため栄養強化のために後で栄養添加物を使用する必要もありません。

また、多くのドッグフードは発泡して作られています。これは便利なのですが、ドッグフードが消化しやすくなりすぎてしまい、このようなドッグフードを食べ続けてしまうと胃腸の能力が退化してしまいます。

そこで、プリモはあえて無発泡で製造することにより、犬の胃腸に適度に運動を促し、健康な胃腸を守れるドッグフードにしているのです。

④鮮度を保つパッケージ

プリモではコストはかさみますが、光を遮る力が強く、外気からドッグフードを守る力も強いアルミ製の厚手のパッケージを使用しています。

また、プリモでは内部に脱酸素剤を封入し、さらに空気を抜き、真空パックに近い状態にしています。これにより、無添加のドッグフードでありながら、未開封なら6か月持つようになっているのです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【3】プリモの原材料と成分

プリモに含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
生ミンチ肉(牛肉鶏肉馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉)玄米粉、押し麦、雑節、サツマイモジャガイモ、ココナッツ種皮、煎りゴマ、ひまわり油、グレインソルガム、コーングルテンビール酵母、ホエイタンパク、発酵大豆(納豆菌)、オートミール、海藻粉末、カルシウム粉末(卵殻カルシウム 、牛骨カルシウム)、L-リジン、脱脂粉乳、イソマルトオリゴ糖、DL-メチオ ニン、乳酸菌群
成分
粗蛋白質30%以上、粗脂肪10%以上、粗繊維4%以下、粗灰分5%以下、水分10%以下

牛肉

プリモの主原料は牛肉です。

牛肉の特徴は良質なたんぱく質を豊富に含んでおり、脂質が多く、他の肉よりもカロリーが高いことです。亜鉛や鉄分、ビタミンB群も豊富に含まれています。そのため、成長期の子犬や活動量が多い成犬に対して特におすすめです。

鶏肉

鶏肉は消化吸収のよい上質なタンパク源で、鉄分やビタミンも豊富です。高タンパク・低脂質を理想とする犬にはぴったりの原材料と言えます。

馬肉

馬肉は低カロリー高たんぱくであり、ビタミンやミネラルが豊富です。ほかの動物にはほとんど含まれないオメガ3脂肪酸が多いのも特徴です。オメガ3脂肪酸はがんの発生を抑制したり、血液の流れを良くしたりします。また、アレルギーを起こしにくいとも言われています。

豚肉

動物性たんぱく質が多く含まれている豚肉は犬にとっていい食材であると言えるでしょう。

また、豚肉には悪玉コレステロールを減らしたり、動脈硬化を予防したり、脳機能を維持したりする効果もあります。

そして、ビタミンB群による疲労回復、情緒安定、動脈硬化予防、夏バテ予防などの効果もあります。

サツマイモ

サツマイモは他の穀物に比べてアレルゲンになりにくいため、炭水化物源として注目されています。また、食物繊維が豊富に含まれており、犬の腸内環境を整えてくれます。

ジャガイモ

じゃがいもは犬にとって消化しやすい炭水化物源です。また、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

ビール酵母

ビール酵母とは、簡単に言うと「ビール作りの過程で使われる酵母菌の一種」で、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。

弱った胃腸の働きを活発にし、不足しがちな栄養素の補給に役立ちます。

コーングルテン

コーングルテンとは、とうもろこしからデンプンを取り除いたものです。糖質が多めに含まれているため、肥満の原因になることがあります。また、アレルゲンにもなりやすいので注意が必要です。

大豆

大豆には植物性たんぱく質をはじめ、必須アミノ酸、リノール酸、イソフラボンなどの成分が含まれています。特に植物性たんぱく質は豊富です。

ただ、大豆はアレルゲンになりやすい食材です。また、消化にもあまりよくないので食べすぎには注意が必要です。

ドッグフードの達人
プリモのメイン食材は生肉であり、複数の肉を使用した生ミンチ肉が50%以上使用されています。そして、そのほかにも良質な原材料が使用されているようです。

ただ、コーングルテンや大豆などは気になる原材料です。

そして、成分は理想的な配分になっており、どの年齢の犬にもおすすめですが、カロリーが高いため、活動的な犬や成長期の犬などに特におすすめです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【4】プリモの口コミと評判

プリモの口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

食いつきが良いです
とても気に入っています!
今回から、2匹目の4ヶ月の子にもたべさせています。
最初から抵抗なく食いつきが良いです。

食いつきが良いです
12歳の高齢犬です。今まで食べていたドッグフードの食いつきが悪くなり、少し柔らかくしながら与えていたのですが少しずつ痩せてしまいました。友人からの紹介でプラモを分けてもらいお皿に入れたら…食いつきが違います(*゚∀゚*)びっくりしました。そして、約一年続けていますが毛艶が良くなり、おめめがぱっちりで獣医さん、トリマーさんから褒められます(⌒▽⌒)
なにより、痩せていたのが太めになりトリマーさんから、いい食事をしてますね^_^とのお言葉。国産だし食材も安心できます。袋を開けた途端お魚のいい香り私が食べたくなるほど。マグロのおやつも大好きです

よく食べてくれます
体重4kgの小型犬がいます。
ドライフード、手作り、ウェットフードをローテーションで食べさせています。
ドライフードはなかなか連続(連日)で食べてくれなかったのですが、このドッグフードはよく食べてくれます。
そのままでも食べますが、おやつの干し肉をハサミで細かく切ってふりかけ状にしたものを、香りづけ程度にほんの少しだけかけると、ほぼ毎回完食します。
便の調子も良いです。
犬が気に入るドッグフードに巡り会えて良かったなぁと思います。
美味しくて安全なドッグフードを作ってくれて、本当にありがとう。
これからも「安全・美味・お手頃価格」をお願いしたいです!

悪い口コミ評判

全然食べません
うちのダックスが全然食べません。好き嫌いのせいかとは思いますが、今までのフードと混ぜても食べてくれず困ってます。初回は少ない量にすべきでした。

食べてくれなくなりました
チワプー生後6か月です。
前回お試し用を頼んだら食べてくれたので、今回1キロ×3袋購入しました。
前回は他メーカーのフードと混ぜていたのですが、そちらがなくなったのでプリモ単品をあげると、クンクンにおいを嗅いだだけで食べてくれなくなりました。
若干固めで食べにくそうに見えたので、試しにふやかしても駄目でした。
まだ大量に残っているので、何とか食べてくれないかな(泣)
プリモは香りも良いし、安全なフードだと思うので続けたかったのですが・・

ドッグフードの達人
プリモには生肉が豊富に使用されていますから、食いつきがよいという声が多いようですね。

ただ、人間と同じように犬にも好き嫌いがあるので、食べてくれない犬もいるようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【5】プリモの最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入 4491円 4491円 4491円
定期購入
送料 650円 648円 648円

プリモは公式サイトで購入することができますが、Amazonや楽天でも購入することができるようです。そして、どこで購入しても値段は大差ないので、いつも利用しているサイトで購入するとよいでしょう。

そして、公式サイトでは500g1000円のお試しパックが入手できるようですが、Amazonや楽天では50g109円のお試しパックが購入できるようです。

そして、多くのドッグフードと同じように、プリモでは大きなサイズのパッケージを購入したほうがお得になっています。具体的な価格表は以下のとおりです。

サイズ 値段(税抜)
500g 880円
1kg 1657円
3kg 4491円
6kg(3kg×2) 8546円


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【6】プリモの与え方

この項では、プリモの与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

プリモの給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、プリモへ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずプリモを前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてプリモの割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【7】プリモの賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではプリモの賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

プリモの賞味期限は未開封の場合には6か月、開封済みの場合には1か月になっています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

プリモは常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【8】プリモの注意点

プリモには注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

価格に注意!

プリモは確かに良い原材料を用いていて、犬の体にとって良いフードになっていますが、値段は高いため、飼い主の経済的負担は大きくなってしまいます。

具体的には、プリモは体重5㎏の成犬の場合、給餌量の目安は100gなので、1日あたり約150円になります。これは、1か月で約4500円かかる計算になります。

ただ、ドッグフードの適量は愛犬の運動量などによっても変わるため、これはあくまで目安です。

アレルギーに注意!

すべての食材や添加物は、アレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、ドッグフードに含まれている原材料により、アレルギーが引き起こされてしまう可能性もあります。特にプリモに含まれているコーングルテンや大豆はアレルゲンになりやすい食材なので注意が必要です。

ですので、アレルギー検査などを行い、愛犬のアレルギーについてはあらかじめ把握しておいたほうがいいでしょう。

また、ドッグフードを食べて嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、そのドッグフードを食べるのはやめたほうがいいでしょう。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【9】プリモの種類

プリモには以下のようなラインナップがあります。

ベーシック


ベーシックはふつうのタイプのドッグフードになっています。健康的な犬は、基本的にベーシックを選ぶのがおすすめです。

ダイエット・シニア


ダイエット・シニアはタンパク質の量を保ちながら、脂質を減らすことでダイエットができるように設計されたドッグフードになっています。通常のドッグフードと同じ量を食べても満足感があり、なおかつ摂取カロリーを減らせるようになっています。

そのため、ダイエットが必要な犬や、消化能力が落ちてきたシニア犬などにおすすすめのドッグフードです。栄養が足りなくなってしまうので、幼犬には与えないようにしましょう。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【10】プリモのQ&A

その他、プリモによくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


プリモの粒は長さが5~15mm程度の不揃いな円筒形になっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

ドッグフードの達人
平均:  
 0 レビュー
スポンサードリンク