ドッグフードの原材料と成分

犬にオリゴ糖を与えても大丈夫?オリゴ糖に含まれている栄養成分や1日の適量を徹底解説

犬にオリゴ糖を与えても大丈夫?

※本ページにはPRが含まれます。

愛犬にオリゴ糖を与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。

オリゴ糖は人の便秘などに効果的だと言われていますが、それは犬も同じです。そして、オリゴ糖はドッグフードに含まれていることもあります。

そこで、この記事では「犬にオリゴ糖を与えるときに必要な知識」について解説していきます。

犬にオリゴ糖を食べさせても大丈夫

糖という言葉を聞くと、肥満や糖尿病など、生活習慣病の1つにかかるリスクを高めてしまうイメージが強いです。

オリゴ糖も、糖類の1つにカウントされますが、他の糖類に比べてカロリー量が低く、消化器系の健康維持にいい効果効能をもたらしてくれます。

つまり、オリゴ糖は、ワンちゃんに食べさせても問題がない糖類ということになります。

オリゴ糖は、プレバイオティクスという繊維の一種で、腸内細菌の健康を支える栄養を運んでくれます。

これらの細菌は、免疫系の健康、消化、栄養素の吸収、そして心の健康にとって重要な役割を果たすだけじゃなく、善玉菌を育て、悪玉菌の成長を抑制して腸内環境を整えてくれます。

ただし、与えすぎは、腹痛や下痢などの健康障害を引き起こすきっかけになるので、1日の適量を守って与えるようにしましょう。

そもそもオリゴ糖って何?

そもそもオリゴ糖は炭水化物の一種です。

名前に「糖」がついているだけあって、ほかの糖質と性質が似ているところもありますが、異なるところもあります。

それは、分解される場所です。多くの糖質が胃や小腸で分解されるのに対して、オリゴ糖は胃や小腸で分解されないことが多いのです。

オリゴ糖は分解されないまま大腸までたどりつき、そこでプレバイオティクスとして効果を発揮します。

ちなみに、プレバイオティクスとは腸内の善玉菌を活性化させる物質のことです。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖には以下のような種類があります。

ラクトース

ラクトースとは乳糖のことで、牛乳などに含まれています。

しかし、犬はラクトースを分解できない乳糖不耐症であることが多いため、これを犬に与えるとおなかを壊してしまうかもしれません。

犬には適していないオリゴ糖だと言えるでしょう。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖とは人の母乳にも含まれている天然由来のオリゴ糖です。

そして、熱や酸に強く、調理などをしても壊れにくい性質を持っているため、広く利用されている有名なオリゴ糖です。

便秘解消に役立つと言われています。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は玉ねぎ、アスパラ、ゴボウ、はちみつなどに含まれているオリゴ糖です。

低カロリーな甘味料として用いられていることが多いでしょう。

ミネラルの吸収を助け、骨密度の低下を防ぐ働きがありますが、与えすぎると便がゆるくなってしまうので注意が必要です。

ちなみに、玉ねぎは犬が絶対に食べてはいけない食品のひとつです。いくらフラクトオリゴ糖が含まれているといっても、犬に与えることはないようにしましょう。

乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖は比較的甘くておいしいオリゴ糖です。

そして、免疫力を上昇させてくれる効果があると言われています。

イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖はミソや酒やしょうゆなどに含まれているオリゴ糖です。

比較的甘味が少なく、消化されやすいオリゴ糖になっています。そのため、ほぼ小腸で分解されてしまいます。

しかし、小腸で分解されずに生き残ったオリゴ糖が効果を発揮します。

具体的には、特にビフィズス菌の増殖を助け、腸内環境を整えます。

大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖とは、大豆製品から作られるオリゴ糖です。

砂糖と同じくらいの甘さを持っていますが、カロリーは同じ量の砂糖の約半分です。

そして、消化されやすいオリゴ糖なので、多くは小腸で吸収されてしまいますが、残ったオリゴ糖がビフィズス菌を増やしてくれます。

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖はタケノコやトウモロコシなどに含まれるオリゴ糖です。

虫歯になりにくいオリゴ糖であり、腸内環境を整えてくれる効果があります。

ラフィトス

ラフィトスはてんさい(砂糖大根)に含まれているオリゴ糖です。

腸内環境を整えてくれる効果があり、免疫力を上昇させたり、アレルギー症状を軽減してくれたりする効果もあります。

ラクツロース

ラクツロースはラクチュロースと呼ばれることもあります。

そして、ラクツロースには肝臓がうまく働かなくなってしまったときに、肝臓の代わりにアンモニアを分解してくれる効果があります。

きなこ
きなこ
オリゴ糖には腸内環境を整えてくれる効果があります。

犬にオリゴ糖を食べさせるときに気を付けること

ワンちゃんの健康に様々な効果をもたらしてくれるオリゴ糖ですが、与え方を見誤ったり、量が多すぎると、ワンちゃんの体調が急変します。

ここでは、オリゴ糖をワンちゃんに食べさせるときに気を付けることを3つ紹介します。

与えすぎは軟便の原因になる

オリゴ糖はやはり「糖」とついているだけあって甘い食べ物です。

そのため、犬がオリゴ糖の甘さに慣れてしまうとふだんのドッグフードを食べてくれなくなるかもしれません。

また、与えすぎるとそれだけでおなかがいっぱいになってしまい、栄養が偏ってしまう可能性もあります。

そして、オリゴ糖を食べすぎると軟便や下痢になってしまうかもしれません。

低純度のオリゴ糖は肥満原因になる

スーパーなどで売られているオリゴ糖の中には純度が低いものもあります。

そして、純度の低いオリゴ糖はたいてい砂糖が多く含まれています。

そのため、純度の低いオリゴ糖を犬に与えてしまうと肥満や歯周病や糖尿病の原因になってしまうかもしれません。

オリゴ糖を購入するときには、必ずオリゴ糖の含有量をチェックするようにしましょう。

効果が出るまで時間がかかる

オリゴ糖はあくまで医薬品ではなく、食べ物の中に含まれている成分のひとつに過ぎません。

そのため、すぐさま効果が出るわけではなく、強い効果が出るわけでもありません。

具体的には、オリゴ糖の効果が感じられるまで、少なくとも2週間かかると言われています。

犬の腸内環境が乱れているようだったら、オリゴ糖を与える前に、病院へ行くことをおすすめします。

犬に与えてもいいオリゴ糖の適量

オリゴ糖をワンちゃんに与えるときは、ワンちゃんの体重、年齢、健康状態などを考慮しながら与える必要があります。

例えば、体重10kgあたりのワンちゃんにオリゴ糖を食べさせるときは、約0.5g~2.0g以内に留めたオリゴ糖をあたえるようにしましょう

またワンちゃんのワンちゃん種に合わせて、与える量を調整することも大切です。

ただし、先ほど紹介した量は、あくまで目安量なので、ワンちゃんの体重や年齢、その日の健康状態に合わせて、都度、量を調整してあげる必要があります。

初めてオリゴ糖をワンちゃんに与える時は、少量から始めて、ワンちゃんの体調の変化を観察しましょう。

体調に問題がないと判断したら、徐々に量を増やしていくわけですが、与えすぎると、軟便や下痢の原因になります。

もしワンちゃんがオリゴ糖を口にして体調を崩したら、与えるのをやめて、すぐに掛かりつけの動物病院に連れていきましょう。

犬にオリゴ糖を与える方法


人間用のオリゴ糖入り健康食品を犬に与えてもいいですが、種類によってはワンちゃんの健康に支障を来たすものもあります。

ここでは、ワンちゃんにオリゴ糖を与える適切な方法を紹介します。

方法①オリゴ糖の純度が高いものを与える

犬にオリゴ糖を与えるなら、オリゴ糖の純度が高くて余計なものが含まれていない製品がおすすめです。

たとえば、犬用のサプリメントの中にはオリゴ糖が含まれているものもあります。

ただ、犬の腸の調子が特に悪いわけではない場合には、オリゴ糖を与える必要は特にありません。

方法②ドッグフードなどの食品にトッピングしてあげる

2つ目の方法は、オリゴ糖をドッグフードなどの食品にかけて与えるという方法です。

似た方法として、オリゴ糖をヨーグルト、納豆、さつまいも、りんごなどと一緒に与え得るのも効果的です。

特にオリゴ糖は善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌などの相性が良く、一緒に摂取してあげることによって腸まで届きやすくなります。

ただ、犬の胃酸は強力なので、乳酸菌やビフィズス菌などは犬の大腸に届くまでにほとんど死滅してしまう可能性もあるので効果を過信しすぎないほうがいいでしょう。

犬にオリゴ糖を食べさせて健康維持に徹しよう

オリゴ糖は、他の糖類とは違って、低カロリーなうえ、腹持ちが良く、程よい満足感を与えてくれます。

普段あげているドッグフードに混ぜてあげることで、体重管理がしやすくなるほか、荒れた胃腸内の環境を整えて便の通りを良くしてくれます。

そんなオリゴ糖も与えすぎれば、体調を崩す原因になります。

また普段あげているドッグフードにオリゴ糖が含まれている場合は、どんなタイプのオリゴ糖が含まれているのかを確認しましょう。

ワンちゃんに長生きしてもらうためにも、オリゴ糖をうまく活用して、ワンちゃんの健康を支えてあげましょう。

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬に「グレインソルガム」を与えるときの全知識|効果効能など

2018年11月8日
ドッグフードの達人
愛犬にグレインソルガムを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。   グレインソルガムは穀物としてドッグフードに含まれているこ …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬にジュースは良くない!その理由・対処法などを徹底解説

2018年10月31日
ドッグフードの達人
愛犬にジュースを与えるのはおすすめできません。 私たちにとってジュースはとても身近な存在ですよね。飲食店に入ったらジュースを頼む人が多 …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬にどんぐりは良くない!その理由・対処法などを徹底解説

2018年11月8日
ドッグフードの達人
愛犬にどんぐりを与えるのはおすすめできません。 どんぐりを食べた事がある人は少ないと思いますが、どんぐりは秋になるとよく道端に落ちてい …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬に「梨」を与えるときの全知識|梨の皮もあげていい?

2023年7月18日
ドッグフードの達人
愛犬に梨を与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。 梨がドッグフードに使われることはほぼないと思われますが、身近な食材なので …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

ドッグフードの原材料「ビール酵母」についての全知識

2023年7月6日
ドッグフードの達人
ドッグフードにはビール酵母が含まれていることがありますよね。「ビール酵母」と聞くとアルコール飲料を思い浮かべ、ドッグフードに含まれていて大丈 …

※本ページにはPRが含まれます。

ドッグフードの原材料と成分

犬に「梅干し」を与えるときの全知識|種は与えちゃダメ!

2018年10月13日
ドッグフードの達人
愛犬に梅干しを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。   ドッグフードに梅干しが使われていることはないと思いますが、梅干し入 …