12ヶ月未満の子犬 (パピー)におすすめ!栄養満点のドッグフード5選

目的別ドッグフード

子犬(パピー犬)は、成犬の2倍の栄養が必要だと言われています。1日に3〜4回、成長に必要な栄養素たっぷりのドッグフードを与えて、元気で健康な犬に育ってもらいましょう。

今回は、「子犬にぴったり!栄養がぎっしり詰まったおすすめドッグフード」を5つ紹介します。ドッグフード選びの参考にどうぞ。

おすすめドッグフード5選

①ナウフレッシュ

総合評価(4.3/5)
参考価格通常価格:2.72kg/4740円(税別)
100gあたり約174円
カロリー359.8kcal/100g
メイン食材ターキー生肉
原産国カナダ
対応年齢成犬用
賞味期限未開封の場合14か月、開封後は1か月
販売元グローバルペットニュートリション
注目ポイント
  1. 新鮮食材で栄養たっぷり
  2. こだわりのSCSB製法
  3. おなかにやさしい
最安値 Amazon Rakuten

ナウフレッシュはグレインフリーで人も食べられる原材料を使用しており、塩化ナトリウム以外に特に気になる原材料はありません。添加物も合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていないようです。成分にも問題は見られません。

高品質のドッグフードでありながら、価格は100gあたり174円であり、かなりお値打ちになっています。ただ、定期コースもお試しパックもないなど、利便性はあまりよくありません。

そして、ナウフレッシュにはさまざまなラインナップがありますが、そのうち以下のラインナップは子犬用のドッグフードになっています。

  • グレインフリーパピー
  • グレインフリースモールブリードパピー

これらのラインナップでは、子犬の体の成長に欠かせない動物性タンパク質を含んでいます。また、消化機能がまだ弱い子犬のために消化酵素や善玉菌もしっかり配合されており、子犬に適したドッグフードと言えます。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

②アーテミス(フレッシュミックス)

総合評価(4.2/5)
参考価格通常価格:3kg/3743円(税別)
100gあたり約125円
カロリー368.3kcal/100g
メイン食材フレッシュチキン
原産国アメリカ
対応年齢成犬用
賞味期限未開封で12か月
販売元ケイエムテイ
注目ポイント
  1. 人が食べられるレベルの原材料使用
  2. WDJで高評価
  3. 複数の動物性タンパク質配合
最安値 Amazon Rakuten

アーテミス(フレッシュミックス)の原材料はヒューマングレードになっており、塩以外に気になる原材料はありません。そして、合成ビタミンや合成ミネラル以外の添加物は含まれていないようです。成分についても心配はいらないでしょう。

アーテミス(フレッシュミックス)はAmazonや楽天で購入することができ、利便性も悪くありません。これだけの品質を持ちながら100gあたり125円であり、お手頃価格のドッグフードです。

コスパのよいヒューマングレードのドッグフードを求めている人にはおすすめの製品です。

そして、アーテミス(フレッシュミックス)にはいくつかラインナップがありますが、そのうち「スモールブリードパピー」は子犬用のドッグフードになっています。このラインナップでは、子犬の成長を助けるために良質なタンパク質と脂肪分を多く含んでいます。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

③プラチナムナチュラル

総合評価(3.9/5)
参考価格通常価格:1.5kg/1667円(税別)
お試しセット:0円(税別)
100gあたり約111円
カロリー355.5kcal/100g
メイン食材フレッシュチキンミート
原産国ドイツ
対応年齢成犬用
賞味期限未開封の場合18か月
販売元PLATINUM
注目ポイント
  1. 安心・安全な原材料
  2. 無水調理
  3. 100日間返金保証
最安値 公式サイト

プラチナムナチュラルにはヒューマングレードの良質な原材料が使用されていますが、製法によっては発がん性物質を含む可能性がある加水分解チキンやアレルゲンになりやすく犬が消化しにくいトウモロコシが含まれている点が残念です。

ただ、添加物は合成ミネラルと合成ビタミン以外用いられていませんし、成分は完璧です。グルテンが含まれていないことなど安全性にも気が使われていますし、返金保証があり、利便性も高いものになっています。

しかも、100gあたりの値段は約111円で、ヒューマングレードの原材料を使用したドッグフードとしてはかなりお得になっています。

かなりコスパはよいが、原材料があと一歩のドッグフードと言えるでしょう。

 

そして、プラチナムナチュラルにはさまざまなラインナップがありますが、その中で「仔犬用チキン」というラインナップは子犬に適したドッグフードになっています。

具体的には、子犬に成長のため、全原料の73%に高品質フレッシュチキンを使用しており、成長に負担をかける添加物は一切使用していません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

④ハッピードッグ

総合評価(3.9/5)
参考価格通常価格:1kg/1900円(税別)
定期購入:1kg/1900円(税別)
お試しセット:300g/900円(税別)
100gあたり約190円
カロリー355.3kcal/100g
メイン食材トウモロコシ
原産国ドイツ
対応年齢全年齢対応
賞味期限不明
販売元ワールドプレミアム
注目ポイント
  1. ヒューマングレードで安心
  2. 安全な自社工場で生産
  3. 2つの成長段階に合わせたフード
最安値 Amazon

ハッピードッグではヒューマングレードの原材料が使用されていますが、メイン食材としてアレルゲンになりやすく消化もしにくいトウモロコシが使用されていることなど懸念点もあります。そして、添加物は合成ビタミンや合成ミネラル以外使用されておらず、成分も完璧です。

Amazonや楽天で購入することができ、定期購入もできるので利便性も高いです。そして、100gあたりの値段は190円なので、品質を考えるとコスパも高めです。

ハッピードッグにはさまざまなラインナップがありますが、そのうち「ベビー グレインフリー」「ジュニア グレインフリー」は子犬用のドッグフードになっています。

これらのラインナップでは子犬の消化器官に負担をかけないようにグレインフリーになっており、タンパク質が30%以上と豊富に含まれています。

⑤アカナ

総合評価(3.8/5)
参考価格通常価格:2kg/5000円(税別)
お試しセット:340g/1100円(税別)
100gあたり約250円
カロリー351kcal/100g
メイン食材新鮮鶏肉
原産国カナダ
対応年齢1歳以上
賞味期限未開封で15か月
販売元アカナファミリージャパン
注目ポイント
  1. 生物学的に適正なドッグフード
  2. 地元カナダ産のヒューマングレード原材料を使用
  3. 自社キッチンで製造
最安値 Rakuten

アカナはヒューマングレードで肉類を最大75%も配合している、カナダの有名なドッグフードブランドです。そして、特に気になる原材料は使用されておらず、添加物も栄養添加物として亜鉛を使用している以外は含まれていないようです。

また、成分についてはタンパク質が31%と多く含まれている高タンパクドッグフードであり、脂質と繊維も多めになっています。

そして、Amazonや楽天で購入することもでき、利便性は悪くありませんが、100gあたり250円であり、ヒューマングレードのドッグフードとしては高価な部類になります。

そして、アカナには多くのラインナップがありますが、その中でもヘリテージというシリーズの中で、以下のラインナップは子犬用になっています。

  • パピースモールブリード
  • パピー&ジュニア
  • パピーラージブリード

これらのラインナップには子犬の成長を助けるため良質なタンパク質が多く含まれていて、子犬の口にあった大きさの粒になっています。

子犬用ドッグフードの選び方

子犬用のドッグフードを選ぶ時には、以下の3つのポイントに気をつけましょう。

①良質な原材料から構成されている

犬も人間も、自分の食べたものからできています。ですので、子犬のドッグフードは良質な原材料から構成されているドッグフードを選んであげる必要があります。

そして、良質な原材料でできているドッグフードを選ぶためには、粗悪な原材料が含まれていないドッグフードを選ぶのが重要です。具体的には、以下のような原材料が含まれていないドッグフードがよいドッグフードと言えるでしょう。

また、ヒューマングレードという表記のあるドッグフードには粗悪な原材料が含まれていないのでおすすめです。

②無添加

よい食材を用いているからといって、添加物まみれだったら犬にとってよいドッグフードとは言えません。また、添加物は皮膚の不調お原因になる場合があります。

そのため、栄養強化のために使用される合成ミネラルや合成ビタミン以外の添加物は含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

ちなみに、含まれているとよくない添加物の例としては、以下のようなものがあげられます。

  • 合成保存料
  • 香料
  • 合成着色料
  • 合成酸化防止剤
  • 発色剤

これらが含まれているドッグフードは犬に適していません。

③タンパク質が豊富

子犬は成犬と違って、成長するために多くの栄養を必要としています。そして、人間や犬の体はタンパク質からできているので、タンパク質は特に重要な栄養素です。

そのため、子犬用のドッグフードを選ぶときにはタンパク質が豊富に含まれているものを選びましょう。具体的には、25%以上含まれているドッグフードが子犬に適しているでしょう。

スポンサードリンク

\ SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう! /

\ドッグフード選びに迷ったら? /



どのドッグフードが良いか迷った時は?

ドッグフードの達人が太鼓判を押すドッグフードです。手っ取り早くおすすめのドッグフードを知りたい飼い主さんはこちら。

品質でドッグフードを選ぶなら?

当サイト独自の評価基準でドッグフードをSランク〜Eランクにランク分けしています。安全で高品質なドッグフードが知りたい飼い主さんはこちら。

愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

目的別でおすすめのドッグフードです。愛犬に合ったドッグフードを詳しく知りたい飼い主さんはこちら。