リガロ(RIGARO)の解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、グレインフリーでハイプロテインのドッグフード「リガロ(RIGALO)」です。
穀物が一切含まれず37%以上の高タンパクドッグフードです。

■今回の解析商品:リガロ ラム

【1】リガロの総合評価(★3.9)

総合評価(3.9/5)

ランク Bランク(★3.5以上)
原材料 (4.5/5)
添加物 (4.5/5)
成分 (4/5)
安全性 (3.5/5)
コスパ (3/5)
利便性 (4/5)

>>全ランク一覧はこちら<<


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

総評:良質なドッグフードだがコスパがあと一歩

「リガロ(RIGALO)」は、ライトハウスという日本の会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Bランク」の評価となりました。

リガロはグレインフリーの良質な原材料から構成されています。添加物についても栄養強化のために使用される合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていません。

成分についても大きな問題はないようです。タンパク質が多く含まれているため、運動量が多い犬に適したドッグフードになっています。Amazonでも楽天でも購入することができるため、利便性も高くなっています。

ただ、100gあたり222円とやや値が張るので、コスパはあと一歩と言えるでしょう。

リガロの基本情報

参考価格 通常価格:1.8kg/4000円(税別)
お試しセット:60g/0円(税別)
100gあたり 約222円
カロリー 350kcal/100g
メイン食材 ラム生肉
原産国 アメリカ
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封の場合12ヶ月
販売元 ライトハウス
注目ポイント
  1. グレインフリー
  2. ハイプロテイン
  3. 腸にやさしい
最安値 Amazon Rakuten

【2】リガロの特徴

続いて、リガロの特徴をより詳しくご紹介いたします。

①グレインフリー


リガロはグレインフリーのドッグフードです。ちなみに、グレインフリーとは、小麦やトウモロコシなどの穀物が入っていないことを表します。

犬は雑食とはいえ肉食寄りの動物なので、お肉やお魚ほど穀物の消化が得意ではないですが、これが含まれていないのです。

②ハイプロテイン


ハイプロテインとは、タンパク質が多く含まれていることを表しています。リガロの「ラム」と「ターキー」には37%以上のタンパク質が含まれています。

ハイプロテインのドッグフードはもともと肉食であった犬に適していて、炭水化物が少ないので太りにくくなっています。ハイプロテインのドッグフードは運動量が多い犬に特に適しています。

③腸にやさしい

リガロではメイン食材が消化に良い生肉になっています。また、腸内環境をサポートするプロバイオティクスも豊富に含まれています。具体的には、イースト菌、乳酸菌、黒麹菌、糸状菌、枯草菌という5種のプロバイオティクスが含まれています。

そのため、リガロは腸にやさしいドッグフードと言えます。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【3】リガロの原材料と成分

リガロに含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
ラム生肉乾燥サーモン、エンドウマメプロテイン、乾燥ラム乾燥エンドウマメ、赤レンズマメ、乾燥ヒヨコマメ、乾燥ジャガイモ、天然フレーバー、ヒマワリ油*、 乾燥トマト繊維、乾燥サツマイモ、乾燥ビール酵母、挽き割りフラックスシード、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、タウリン、乳酸、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、 ユッカフォーム抽出物、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、 ビタミン類(塩化コリン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、 リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸)、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、黒麹菌、糸状菌、枯草菌) *ミックストコフェロールで保存
成分
たんぱく質/37%以上 脂質/14%以上 粗繊維/5%以下 粗灰分/8.5%以下 水分/10%以下

ラム生肉

リガロの主原料はラム生肉です。

ラム肉は高たんぱく低カロリーの肉で、体を温める効果があります。そして、ラム肉には消化吸収に優れているという特徴もあります。

また、ラム肉はアレルギーで鶏肉などが食べられない犬用のたんぱく質源として使われることも多くあります。

乾燥サーモン

乾燥サーモンとは、サーモンを乾燥させたもののことです。サーモンは高たんぱく低カロリーの食材です。そして、ビタミンが豊富に含まれています。また、アスタキサンチンも含まれており、これは強い抗酸化作用を持っているため、犬の健康を保ってくれます。

また、皮ふの炎症を抑えてくれるオメガ3脂肪酸も含まれています。

乾燥ラム

乾燥ラムとは、ラム肉を乾燥させたもののことです。ラム肉は高たんぱく低カロリーの肉で、体を温める効果があります。そして、ラム肉には消化吸収に優れているという特徴もあります。

また、ラム肉はアレルギーで鶏肉などが食べられない犬用のたんぱく質源として使われることも多くあります。

乾燥エンドウマメ

乾燥エンドウマメとは、エンドウ豆を乾燥させたもののことです。エンドウ豆には皮ふや粘膜の健康を維持する効果があります。また、ホルモンや免疫抗体や血液が体内で生成されるのを助けます。

乾燥ジャガイモ

乾燥ジャガイモとは、ジャガイモを乾燥させたもののことです。ジャガイモは犬にとって消化しやすい炭水化物源です。また、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

乾燥ビール酵母

乾燥ビール酵母とは、ビール酵母を乾燥させたもののことです。ビール酵母とは、簡単に言うと「ビール作りの過程で使われる酵母菌の一種」で、アミノ酸・ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。

弱った胃腸の働きを活発にし、不足しがちな栄養素の補給に役立ちます。

食塩

犬の塩分摂取量は人間の3割以下が目安です。塩分が多い食事を続けると、心臓や腎臓に負担がかかってしまい、さまざまな病気の原因になってしまうかもしれません。

そのため、犬は食塩などで直接塩分をとるのではなく、原材料に含まれているナトリウムから塩分を摂取するのが望ましいとされています。

ドッグフードの達人
リガロはグレインフリーの良質な原材料から構成されています。食塩以外に気になる原材料は含まれていません。

添加物についても栄養強化のために使用される合成ミネラルと合成ビタミン以外含まれていません。

成分についても大きな問題はなく、タンパク質が多めのドッグフードになっています。そのため、運動量が多い犬に特におすすめのドッグフードです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【4】リガロの口コミと評判

リガロの口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

このフードにしてから調子がいいです
このフードにしてから、毛づやもいいし、
体臭もなくなり、
調子がいい
ので、手放せません。

おいしそうに食べます
おいしそうに食べますし、便の状態も良いです。

あっという間に食べてくれます
厳選された素材を原料にして作られたドッグフードです。こちらはラム(羊)を主原料としたフードになります。品質的にはとても安心できますが、味的にはどうかな?と思いワンちゃんに出してあげたところ、あっという間に美味しそうにペロリと食べてくれます。フードの原材料についても材料を厳選しているのが与える側としては安心できて嬉しいです。値段は安心&品質のトレードオフだと思っています。

悪い口コミ評判

お腹がゆるくなります
フード替えるとお腹がゆるくなる場合がありますが。これは、数日経っても治らないぐらいゆるくなりますね。
なので、ナチュラルバランス ベニソン&スウィートポテトに変更したら。1日で治まったので、やっぱりこのフードがお腹ゆるくなる原因でしょう。オリジンやアカナでも替えるとお腹ゆるくなる場合はありますが、やはり1日ぐらいで治まりますから。その経験からしても、このフードはお腹がゆるくなる系のフードだと思います。お腹が弱いワンコは注意が必要でしょう。

高価です
ちょっとお高いかな。ラム肉がベースで穀物を使用せず食物アレルギーも平気なドッグフードは理想に近いです。ただ残念なのは高価であり、リピートするのはチト辛いですね。

ドッグフードの達人
リガロには食べさせたら調子が良くなったと感じている人や、よく食べてくれると考えてくれると感じている人が多いようです。

ただ、お腹がゆるくなってしまう場合や、高価だと感じてしまう場合もあるようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【5】リガロの最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入 4000円 4000円
定期購入
送料 0円 0円

リガロを公式サイトから購入することはできませんが、Amazonや楽天などの通販サイトから購入することができるようです。そして、Amazonで買っても楽天で買っても価格に違いはないようです。

リガロに定期コースはありませんが、無料サンプルはあります。具体的には、コチラのページから必要事項を記入して申し込めば、リガロの各ラインナップを自由に60gずつ手に入れることができます。

リガロは多くのドッグフードと同じように、大きなパッケージの商品を購入したほうがお得になっています。具体的な価格表は以下のとおりです。

内容量 価格
900g 2200円
1.8kg 4000円
3.6kg 7200円
5.8kg 11000円


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【6】リガロの与え方

この項では、リガロの与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

リガロの給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、リガロへ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずリガロを前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてリガロの割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【7】リガロの賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではリガロの賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

リガロの賞味期限は未開封の場合には12ヶ月になっています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

リガロは常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【8】リガロの注意点

リガロには注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

価格に注意!

リガロは確かに良い原材料を用いていて、犬の体にとって良いフードになっていますが、値段は高いため、飼い主の経済的負担は大きくなってしまいます。

具体的には、リガロは体重5㎏の成犬の場合、給餌量の目安は85gなので、1日あたり約189円になります。これは、1か月で約5700円かかる計算になります。

ただ、ドッグフードの適量は愛犬の運動量などによっても変わるため、これはあくまで目安です。

並行輸入品に注意!

並行輸入品とは、海外のメーカーなどから不正規なルートで輸入した商品のことです。

具体的には、海外のドッグフードの会社から、その会社と関係のない個人や会社などが売られているドッグフードを買い取り、それを輸入して他の個人に販売すると並行輸入品ということになります。

そして、並行輸入品のメリットは価格が安いこと、日本で発売されていない商品であっても手に入れることができることです。ただ、並行輸入品は返品ができなかったり、アフターケアが受けられなかったりするので注意が必要です。

また、並行輸入品は偽物である可能性もありますし、正規ルートで買ったドッグフードより消費期限が短い場合もあります。

 

以上のことから、並行輸入品ではなく、正規のルートで購入したドッグフードのほうが安心だと言えるでしょう。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【9】リガロの種類

リガロにはメイン食材によって以下のようなラインナップがあります。

  • ラム
  • ターキー
  • フィッシュ

ちなみに、ラムとターキーはハイプロテインでタンパク質が多く含まれているドッグフードになっていますが、フィッシュはタンパク質が22%以上の控えめなドッグフードになっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【10】リガロのQ&A

その他、リガロによくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


リガロの粒は直径が8mm程度になっていて、サクッとした歯ごたえのどの犬種にも食べられるかたさの粒になっています。

Q②:リガロの原材料はどこのものを使用していますか?

リガロの原材料は基本的にアメリカ産のものになっています。ただ、ラム肉に関してはニュージーランドやオーストラリアから輸入しています。野菜は基本的にアメリカ産ですが、季節によって他の国から輸入することもあります。

ただ、確実に中国産の原材料は含まれてません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

スポンサードリンク