目的別ドッグフード

腎臓疾患の対策に!おすすめの低リンドッグフード3選

「愛犬が腎臓の疾患にかかってしまった…」
「腎臓ケアのためには、どんなドッグフードを与えてあげたら良いの?」

このような悩みをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

腎臓の病気になってしまっても、ワンちゃんには、毎日の食事で元気な生活を送ってほしいですよね。

そこで今回は、腎臓に負担がかからないように工夫されているドッグフードを紹介します。

療法食は獣医から指示があった場合にのみ用い、指示がない限り使用しないようにしましょう。

腎臓疾患用の
おすすめドッグフードを
今すぐ見る

腎臓ケアのためのフード選び

腎臓の疾患にかかってしまった場合は、リンの量が少ないドッグフードを与える必要があります

リンには歯や骨などを作る働きがありますが、病気で腎臓の機能が下がってしまうと、余分なリンが排出されなくなります。

すると、体にリンが必要以上に溜まり、腎臓の状態をさらに悪くしてしまうのです。

そのため、腎臓疾患になったワンちゃんには、低リンのドッグフードを与えましょう。

腎臓疾患用のおすすめドッグフード3選

ここからは、腎臓疾患用におすすめのドッグフードを紹介します。

商品名ポイント
1
みらいの
ドッグフード
(腎臓)
腎臓ケア専用の特別療法食
リン控えめ
タンパク質も控えめ
ナトリウムも控えめ
高タンパクな鹿肉がメイン食材
2

forza10
(リナールアクティブ)

リンの含有率0.28%
タンパク質も控えめ
ナトリウムも控えめ
3

デイリー
スタイル
(腎臓サポート)

リンの含有率0.4%
腎臓疾患向けの療法食
獣医師開発
国産鹿肉がメイン食材
編集長
編集長
各ドッグフードの詳細な特徴を見ていきましょう。

①みらいのドッグフード

パッケージ
ジッパーあり
価格

■通常価格
1袋:税込5,500円
2袋:税込11,000円
3袋:税込16,500円
6袋:税込33,000円
■定期コース
1袋:税込4,400円
2袋:税込7,260円
3袋:税込10,560円
6袋:税込19,800円
最安値 公式サイト
100g
あたり
330円〜550円
対象腎臓ケアを要する犬
メイン食材鹿肉
穀物の使用玄米,大麦
賞味期限パッケージに記載
原産国日本
カロリー331kcal/100g
タイプ

ドライフード

販売元自然の森製薬公式サイト
公式サイト和漢みらいのドッグフード

みらいのドッグフードは、獣医師監修の国産フードです。

メイン食材には高タンパクな鹿肉を用いており、無添加である点も安心できます。

年齢や症状のお悩みに合わせて様々な種類が展開されていますが、腎臓ケア専用となっているのは、みらいのドッグフードの「特別療法食 腎臓」です

みらいのドッグフードのポイント

みらいのドッグフードの「特別療法食 腎臓」は、腎臓に負担がかからないよう、タンパク質・ナトリウム・リンの3つが制限されています

公式ページ

解析ページ
※解析ページでは、
「長寿サポート(幼犬・成犬用)」を解析しています。

②forza10

パッケージ
ジッパーなし
価格100g:税込352円
800g:税込2,200円
2kg:税込4,510円
最安値
100g
あたり
約226円
対象全年齢・全種類
メイン食材
穀物の使用なし
賞味期限パッケージに記載
原産国イタリア
カロリー381kcal/100g
タイプ

6〜7mm(厚さ3〜4mm)

販売元株式会社Tricco International
公式サイトforza10

forza10は、イタリアの獣医師が22年かけて開発した食事療法食です。

安全な自社工場で生産されており、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の栄養基準のもと製造が行われています。

第一原材料が米で、お肉やお魚でないものの、原材料は厳選されており、良質なものが使われています。合成ビタミンや合成ミネラル以外の添加物も含まれていません。

forza10は、症状に合わせて様々な商品ラインナップがありますが、なかでも「リナールアクティブ」は腎臓に配慮されている商品です

forza10のポイント

forza10の「リナールアクティブ」は、リンの含有率を0.28%に減らしています

また、リンだけでなくタンパク質とナトリウムの量も控えめで、腎臓に負担がかからないように工夫されています。

公式ページ

解析ページ
※解析ページでは、
免疫機能の維持を支える「デイリィベト」を解析しています。

③デイリースタイル

パッケージ
ジッパーあり
価格■お試し
100g:税込528円
■通常価格
1kg:税込4,970円
■定期コース
1kg:税込4,373円
最安値 公式サイト
100g
あたり
約497円
対象全年齢
メイン食材鹿肉(生)
穀物の使用焙煎玄米、小麦
賞味期限パッケージに記載
原産国日本
カロリー325kcal/100g
タイプ
販売元株式会社エテルノ
公式サイトデイリースタイル

デイリースタイルは、獣医師の宿南章氏が開発した、ヒューマングレードのドッグフードです。

メイン食材には国産鹿肉が使われています。

原材料は30時間もじっくりと煮込まれているため、胃腸の弱いワンちゃんでも消化がしやすいように工夫されています。

無添加で、国内の工場で、安全基準を満たした環境のもと製造されています。

 

デイリースタイルはライフステージやお悩みに合わせてさまざまな商品バリエーションがありますが、「腎臓サポート」という商品は臓疾患をもっている犬のための専門療法食です

デイリースタイルのポイント

デイリースタイルの「腎臓サポート」は、リンの含有率を0.4%に減らしています

ただし、原材料に小麦が使われているため、穀物アレルギーがある場合には注意が必要です

公式ページ

解析ページ
※解析ページでは、
「成犬用(1〜7歳未満)」を解析しています。

まとめ

以上、この記事では、腎臓疾患用のおすすめのドッグフード3選を紹介しました。

達人
達人
最後に、紹介したドッグフードをおさらいしよう!
商品名ポイント
1
みらいの
ドッグフード
(腎臓)
腎臓ケア専用の特別療法食
リン控えめ
タンパク質も控えめ
ナトリウムも控えめ
高タンパクな鹿肉がメイン食材
2

forza10
(リナールアクティブ)

リンの含有率0.28%
タンパク質も控えめ
ナトリウムも控えめ
3

デイリー
スタイル
(腎臓サポート)

リンの含有率0.4%
腎臓疾患向けの療法食
獣医師開発
国産鹿肉がメイン食材

腎臓疾患用の
おすすめドッグフードを
もう一度見る

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ