運動量の多い犬に最適!タンパク質の多いドッグフード5選

目的別ドッグフード

犬はもともと肉食の動物で、現在でも肉食寄りの雑食動物です。そのため、犬には人間よりも多くのタンパク質が必要です。

つまり、タンパク質が多く含まれているドッグフードは犬に適していると言えます。

そこで、今回はタンパク質が多く含まれているドッグフードを5個紹介したいと思います。ドッグフード選びの参考にどうぞ!

おすすめドッグフード5選

①カナガン

総合評価(4.7/5)
参考価格通常価格:2kg/3960円(税別)
定期購入:2kg/3564円(税別) 10%OFF
100gあたり約198円
カロリー361.25kcal/100g
メイン食材骨抜きチキン生肉
原産国イギリス
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封で18か月
販売元レティシアン
注目ポイント
  1. グレインフリー
  2. ヒューマングレード
  3. 安全で信頼できる工場で生産
最安値 公式サイト
タンパク質含有量33%以上

カナガンはメイン食材に鶏肉を使用しており、それ以外にもヒューマングレードの良質な原材料が使用されています。タンパク質が33%以上含まれているのもうれしいですね。そして、添加物は合成ミネラルや合成ビタミン以外用いられていません。

そして、工場の情報が開示されているなど、安全性も高いものになっています。定期購入があるなど、利便性も高いと言えます。

これだけの品質を持つドッグフードなのに、通常購入でも値段は100gあたり198円です。ここまで品質がよく、コスパもよいドッグフードはなかなかないでしょう。

②ピッコロ

総合評価(4.5/5)
参考価格通常価格:1.5kg/3960円(税別)
定期購入:1.5kg/3564円(税別) 10%OFF
100gあたり約264円
カロリー355kcal/100g
メイン食材骨抜きチキン生肉
原産国イギリス
対応年齢シニア犬(7歳)~
賞味期限開封後3か月
販売元レティシアン
注目ポイント
  1. シニア犬にうれしい栄養素たっぷり
  2. たんぱく質たっぷり
  3. 無添加
最安値 公式サイト
タンパク質含有量34%以上

ピッコロはメイン食材として品質の高い骨抜きチキン生肉を用いています。そして、グレインフリーかつヒューマングレードであり、危険な添加物も用いられていません。

タンパク質が34%以上含まれているので、高タンパク質のドッグフードと言えるでしょう。

そして、100gあたりの値段は264円であり、品質を考えると標準的な価格です。ただ、Amazonや楽天で買えないこと、お試しパックがないことなど、利便性はあと一歩です。

③プリモ

総合評価(4.4/5)
参考価格通常価格:3kg/4491円(税別)
お試しセット:500g/1000円(税別)
100gあたり約150円
カロリー400kcal/100g
メイン食材牛肉
原産国日本
対応年齢全年齢対応
賞味期限未開封の場合6か月、開封後は1か月
販売元PRIMO
注目ポイント
  1. 生肉50%以上配合
  2. 無添加
  3. 低温低圧無発泡製法
最安値 Amazon Rakuten
タンパク質含有量30%以上

プリモは良質な原材料で構成された完全無添加のドッグフードになっています。成分についても問題が見られない、よいドッグフードです。タンパク質も30%以上含まれています。ただ、コーングルテンや大豆には注意が必要です。

そして、Amazonや楽天でも購入することができ、お試しパックもあるので利便性も高くなっています。また、これだけの品質を持ちながら、価格は100gあたり150円であり、かなりお得になっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

④ネルソンズ

総合評価(4.4/5)
参考価格通常価格:5kg/7800円(税別)
定期購入:5kg/6630円(税別) 15%OFF
100gあたり約156円
カロリー362kcal/100g
メイン食材乾燥チキン
原産国イギリス
対応年齢7か月~7歳
賞味期限未開封で12か月
販売元レティシアン
注目ポイント
  1. グレインフリー
  2. 健康に配慮した機能性成分
  3. 安心のヒューマングレード
最安値 公式サイト
タンパク質含有量30%以上

ネルソンズではメイン食材としてヒューマングレードの良質な原材料が使用されており、ブドウの種以外に気になる原材料は使用されていません。合成ミネラルと合成ビタミン以外の添加物も使用されていないようです。そして、タンパク質は30%以上含まれています。

Amazonでも購入できるほか、定期購入をすることもでき、利便性も高くなっています。そして、100gあたり156円となっており、グレインフリーでヒューマングレードのドッグフードとしてはコスパがかなり高くなっています。ただ、粒が大きいので、小型犬には適していないかもしれません。

⑤ファインペッツ極

総合評価(4.4/5)
参考価格通常価格:1.5kg/5278円(税別)
定期購入:1.5kg/0~5278円(税別) (継続回数により異なる)
お試しセット:1.5kg/1000円(税別)
100gあたり約352円
カロリー422kcal/100g
メイン食材フランス産アヒル肉
原産国オランダ
対応年齢全年齢対応
賞味期限開封後3か月
販売元エヴリワンズ
注目ポイント
  1. 肉類原料配合率90%
  2. 人が食べられる品質
  3. 食べやすい中粒
最安値 公式サイト
タンパク質含有量36%以上

ファインペッツ極はメイン食材としてフランス産のアヒル肉やオランダ産のニシンなどを使用しており、肉類原材料を90%も配合しているドッグフードになっています。

添加物がまったく用いられておらず、タンパク質が36%以上含まれています。ヒューマングレードで穀物も含まれていないので安心できますね。

Amazonや楽天で購入することはできませんが、お試しパックや定期購入などのサービスも充実しています。ただ、これだけ肉類が含まれていて、なおかつ高品質の原料を用いているので、価格は高くなっており、100gあたり約352円です。

高タンパク質ドッグフードとは?

高タンパク質ドッグフードとは、その名の通り、タンパク質がたくさん含まれているドッグフードのことです。ドッグフードの成分表を見ると、タンパク質は20~30%程度であることが多いのですが、高タンパク質ドッグフードでは30~50%程度のタンパク質が含まれています。

そして、犬は今でこそ雑食動物ですが、もともと肉食動物でした。そのため、お肉が中心でタンパク質が多く含まれているドッグフードのほうが、犬の体には適しています。

また、高タンパクのドッグフードはお肉がたくさん含まれていることが多いため、食い付きもよくなっています。

 

そんな高タンパク質ドッグフードですが、特に運動量が多い犬に向いています。逆に、室内で飼われている犬やあまり運動しない犬には向いていないと言えるでしょう。

なぜなら、高タンパク質のドッグフードは脂肪も多めなことが多く、運動をしないと肥満の原因になってしまうからです。

高タンパク質ドッグフードの選び方

犬に適した高タンパク質のドッグフードは以下の3点を満たしている必要があります。それぞれ見ていきましょう。

①お肉がたくさん含まれている

そもそもタンパク質には2種類あります。それは動物性タンパク質と植物性タンパク質です。そして、このうち動物性タンパク質はお肉やお魚などに多く含まれています。また、植物性タンパク質は大豆や小麦などの植物に多く含まれています。

そして、犬はもともと肉食の動物なので、動物性タンパク質のほうが適しています。そのため、いくらタンパク質が多く含まれていても植物性タンパク質が多くては意味がないのです。

原材料にお肉が多く含まれていて、大豆や小麦などは含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

②ヒューマングレード

いくらお肉がたくさん含まれていても、それが品質の低い肉だったら、やはり犬には適していません。そのため、高品質なお肉が含まれているドッグフードを選んで上げる必要があります。

そして、そこで参考になるのが「ヒューマングレード」の表記です。ヒューマングレードは人間でも食べられることを表しています。つまり、ヒューマングレードと明記されているドッグフードには、人間用には使用できないような粗悪なお肉は含まれていないのです。

③無添加

添加物まみれのドッグフードは犬にとって適したものとは言えません。栄養強化のために使用される合成ミネラルや合成ビタミン以外の添加物は含まれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

ちなみに、含まれているとよくない添加物の例としては、以下のようなものがあげられます。

  • 合成保存料
  • 香料
  • 合成着色料
  • 合成酸化防止剤
  • 発色剤

これらが含まれているドッグフードは犬に適していません。

\ SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう! /

\ドッグフード選びに迷ったら? /



どのドッグフードが良いか迷った時は?

ドッグフードの達人が太鼓判を押すドッグフードです。手っ取り早くおすすめのドッグフードを知りたい飼い主さんはこちら。

品質でドッグフードを選ぶなら?

当サイト独自の評価基準でドッグフードをSランク〜Eランクにランク分けしています。安全で高品質なドッグフードが知りたい飼い主さんはこちら。

愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

目的別でおすすめのドッグフードです。愛犬に合ったドッグフードを詳しく知りたい飼い主さんはこちら。