生粋の解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

「生粋」は、特許庁が認めたアレルギー・アトピー犬のためのドッグフードです。

アレルギーやアトピーの改善に効果的だと話題です。

【1】生粋の総合評価(★3.7)

総合評価(3.7/5)

ランク Bランク(★3.5以上)
原材料 (4/5)
添加物 (4.5/5)
安全性 (4/5)
コスパ (2.5/5)
利便性 (3.5/5)

>>全ランク一覧はこちら<<

総評:品質の割に値段は高め

「生粋」は、ドクターズキッチンカンパニーという日本の会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Bランク」の評価となりました。

生粋のメイン食材はサツマイモであり、動物性たんぱく質ではありません。馬肉こそ使われていますが、サツマイモのほうが多く含まれているのが残念なポイントです。そして、アレルギーになりやすい大豆が使われているのも気になります。

そして、使用されている原材料の質に比べて値段は高めです。

ただ、添加物はビタミン、ミネラルが添加されている以外は含まれていないので、その点についてはある程度安心できます。

【2】生粋の特徴

続いて、生粋の特徴をより詳しくご紹介いたします。

①飼い主と獣医が一緒に作った

生粋は獣医師と犬の飼い主が一緒になって作っています。そのため、獣医の専門知識も、実際に犬を飼っている人の要求も反映することができているのです。

具体的には、獣医師と飼い主が一緒になって作ったドッグフードは食いつきがよく、うんちがきれいでアトピーやアレルギーを改善することができます。

②特許庁がアトピー・アレルギーが治ると認めた

生粋は2016年、ごとふ動物病院の院長である藤本愛彦氏が取得した「犬のアトピー性皮膚炎の治療と治療法」の特許をもとに作られています。

そのため、アトピーやアレルギーの改善に効果があると言うことができるのです。

③悪い油を作らせない原料

アレルギーやアトピーの原因は油の酸化です。

そのため、生粋は酸化を防ぐために脱酸素剤を使用しています。また、食材は九州産の新鮮な素材を使用しています。これにより、できるだけ油の酸化が起こらないようにしています。

【3】生粋の原材料と成分

生粋に含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
サツマイモ、馬肉大豆タピオカおから、イワシ、葡萄油、亜麻仁油、黒糖、ミネラル類(Na、k、Ca、Mg、P、Fe、Ze、cu、Se)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B3、B5、B6、B8、B12、C)
成分

サツマイモ

生粋の主原料はサツマイモです。

さつまいもは他の穀物に比べてアレルゲンになりにくいため、炭水化物源として注目されています。また、食物繊維が豊富に含まれており、ワンちゃんの腸内環境を整えてくれます。

馬肉

馬肉は低カロリー高たんぱくであり、ビタミンやミネラルが豊富です。ほかの動物にはほとんど含まれないオメガ3脂肪酸が多いのも特徴です。オメガ3脂肪酸はがんの発生を抑制したり、血液の流れを良くしたりします。また、アレルギーを起こしにくいとも言われています。

タピオカ

タピオカはグルテンフリーの食品なので食後に血糖値が上がりにくく、ダイエット効果があります。また、タピオカはでんぷんのかたまりなので腹持ちもよいです。そして、炭水化物源にもなります。

また、タピオカにはビタミンCが含まれているため、皮ふの状態を保つのに役立ちます。

そして、タピオカに含まれている難消化性でんぷんが食物繊維のように働いて、腸内環境を整えてくれます。

おから

おからには食物繊維が豊富に含まれています。そのため、腸内環境を整えてくれる効果があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。また、おからにはオリゴ糖も含まれています。そして、オリゴ糖は善玉菌の餌になってくれます。

また、おからは腹持ちのよい食べ物です。そのため、ダイエットにも適しています。

そして、おからは高たんぱく低カロリーの食べ物でもあります。また、おからにはカリウムの含まれていますが、カリウムには利尿効果があるため、むくみが解消され、塩分や老廃物などの排出も促されます。

亜麻仁油

亜麻仁油は人間にとってもとても良い油ですが、ワンちゃんにとっても良い油です。日常的に摂取しにくいオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。ワンちゃんの皮ふや毛の健康を維持したり、アレルギーの炎症を抑えたり、さまざまな効果が期待できます。

大豆

大豆には植物性たんぱく質をはじめ、必須アミノ酸、リノール酸、レシチン、サポニン、イソフラボンなどの成分が含まれています。特に植物性たんぱく質は豊富です。

そして、カロリーもそれほど高くないので、ダイエット食としても適してます。

ただ、大豆はアレルゲンになりやすい食材です。また、消化にもあまりよくないので食べすぎには注意が必要です。そして、生の大豆を犬に与えるのは厳禁です。

ドッグフードの達人
生粋には動物性たんぱく質源として馬肉が使われています。

ただ、それよりも多くのサツマイモが使われているのが気になります。炭水化物は必要ではありますが、犬に一番必要なのは動物性たんぱく質だからです。

また、大豆が使われているのも気になる点です。

【4】生粋の口コミと評判

生粋の口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

体臭も痒みも全く消えてなくなりました
生粋を食べる前のイヴは、痩せていて、食欲も元気もなく、いつもケージにいて、呼んでもイヤイヤ出てくるという感じでした。皮膚の状態もすごく悪く、体全体が真っ赤で、体臭もヒドく、1日中「カキカキ、カキカキ」して見ているだけで可哀想でした。

生粋を食べ始めてから、全身に見られた赤味も、あれよあれよという間になくなり、体臭も痒みも全く消えてなくなりました。

一番心配していた食べつきも、何の問題もなくパクパク食べてくれ、お腹の調子も大変良く、大きな綺麗なウンチを散歩のたびに出してすこぶる快調です。

今では、お顔にお肉もついて、フレブルらしく毎日元気に過ごしています。

毛も生えてきて凄く嬉しいです!
うちの子は、いつも後ろ足の太ももから足先までの毛を引きちぎって「カミカミ」していました。あちこちの病院へ行くのですが、「ストレスです」と言われて抗生剤と消炎剤のお薬を頂くのですが本当にこれで良いのか心配で仕方ありませんでした。

ネットで検索してごとふ動物病院さんを見つけたので、お電話で相談すると、病変部の足洗いと食事をアレルギー用の「生粋」に変更するようにアドバイスを頂きました。

1ヶ月目で赤味が少なくなり、2ヶ月目で「カミカミ」がほとんどなくなりました。3ヶ月目では毛も生えてきて凄く嬉しいです! もう薬は全く使っていません!スタッフの皆さん、ありがとうございました!

スタッフの皆さんには心より感謝しております。
年中、皮膚はベタベタ、カキカキし過ぎて毛は無くなり、皮膚は真っ赤。いつも元気がなかったテアモ。どこの病院に行っても、「アレルギーは治らないから、一生付き合って行くしかないね」と言われてステロイドを使っていました。

ステロイドは飲ませたくないので、何か良い方法はないかと思っていたら、友達から紹介してもらいました。

スタッフの方とお話しして、あまりにも皮膚が悪すぎるので、生粋だけでなく、アレロールとシャンプーケアも同時にすることなりました。

これがビックリ!毎日飲ませていた「ステロイド」も1ヶ月で飲まなくて良くなり、皮膚の赤みも見る見るうちに無くなり綺麗なピンク色に。2ヶ月目にはあれだけ無かった毛も少しづつ生えそろい、4ヶ月目には「毛がフサフサ」見事な黒柴になりました。

本当に驚きです。今では元気にお友達とも遊べるようになりました。本当にスタッフの皆さんには心より感謝しております。

ドッグフードの達人
アレルギーやアトピーがなくなり、毛並みが良くなったという声が多いようです。

【5】生粋の最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入 5500円
定期購入 4500円
送料 420~1300円(地域によって異なる)

生粋はAmazonや楽天で買うことはできません。また、店頭で購入することもできません。そのため、公式サイトから購入するのが唯一の方法でしょう。

そして、生粋には定期コースもあります。通常購入が2㎏5500円なのに対して、定期購入は2㎏4500円になっているので、1000円お得になっています。

ちなみに、支払いの方法はクレジットカードによる決済と代金引換がありますが、代金引換の場合は税込324円の代引き手数料がかかるので注意しましょう。

また、送料は配送する地域によって異なります。詳しくは以下の表を参照ください。

そして、生粋には300g741円のお試しキャンペーンもあります。ちなみに、お試しキャンペーンの場合、送料は無料です。

ただ、まとめ買いによる割引は特にないので注意が必要です。

【6】生粋の与え方

この項では、生粋の与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

生粋の給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、生粋へ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まず生粋を前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけて生粋の割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。

【7】生粋の賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項では生粋の賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

生粋の賞味期限は未開封の場合、3か月です。これは短いと思う人もいるかもしれませんが、1年などの長い賞味期限があるドッグフードには危険で強力な保存料や酸化防止剤が使われている可能性があります。

そのため、逆に賞味期限は短めのほうが安心できるのです。

ちなみに、生粋の賞味期限は開封した場合は2か月です。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

生粋のホームページに、保存方法についての記載は特にありませんでした。

ただ、ドライタイプのドッグフードは常温で冷暗所に保存するのが良いと言われています。

ちなみに、冷蔵庫に保存するのは良くありません。冷蔵庫の中と外では温度差があるため、ドッグフードを出し入れするときに結露ができてしまい、これがカビの原因になってしまうかもしれないからです。

【8】生粋の注意点

生粋には注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

価格に注意!

生粋は確かに良い原材料を用いていて、犬の体にとって良いフードになっていますが、値段は高いため、飼い主の経済的負担は大きくなってしまいます。

そして、ドッグフードは継続的に購入していくものですから、その経済的負担が大きすぎるとお金が無くなってしまいますよね。

そのため、生粋は自分の財布と相談して購入を決めたほうがいいでしょう。

過度な期待に注意!

生粋のホームページや、生粋を評価するサイトなどには、さまざまな効果が謳われています。

しかし、ドッグフードは医薬品ではないので、愛犬に劇的に良い効果があるとは考えにくいです。

もちろん良い効果はあると思いますが、あまり過度な期待はしないほうが無難でしょう。

大豆に注意!

大豆はアレルゲンになりやすい食材です。そのため、愛犬に大豆のアレルギーがないか、しっかりと確かめてから与えたほうがいいでしょう。また、消化にもあまりよくないので注意が必要です。

【9】生粋の基本情報

参考価格 通常価格:2kg/5500円(税別)
定期購入:2kg/4500円(税別) 約18%OFF
お試しセット:300g/800円(税別)
100gあたり 約275円
カロリー 392kcal/100g
メイン食材 サツマイモ
原産国 日本
対応年齢 6か月~
賞味期限 未開封なら3か月、開封してからは2か月
販売元 ドクターズキッチンカンパニー
注目ポイント
  1. 特許庁がアトピー・アレルギーが治ると認めた
  2. 飼い主と獣医が一緒に作った
  3. 悪い油を作らせない原料
最安値 公式サイト
スポンサードリンク