それ本当に食べ過ぎ?犬のお腹がパンパンになった時の対処法

24

犬のお腹がパンパンになった時に考えられる原因とその対処法についてのまとめです。場合によっては緊急の治療が必要となることもあるので、しっかりチェックしておきましょう。

photo by tttaaaooo

 

スポンサードリンク

食べ過ぎが原因の場合

「ちょっと目を離している隙に、おやつの袋を全部平らげていた」「外出中に部屋を荒らされて、大量のジャーキーが綺麗さっぱり無くなっていた」・・・このような経験をされた方も多いのではないでしょうか。

このような時は大抵、ワンちゃんのお腹は食べ過ぎでパンパンになっていると思います。中には、息苦しそうにしているワンちゃんもいるかもしれません。これは食べ過ぎにより、胃拡張を起こしているためです。

大型犬の場合、胃拡張は胃捻転を引き起こす恐れもあるので、食べ過ぎでお腹がパンパンになった時はすぐに病院に連れていくことをおすすめします。病院に連れて行くことが難しい場合、落ち着くまで水や食べ物は一切与えないようにし、安静にしておきましょう

水を与えてしまうと、食べたものがお腹の中で膨張し、さらにお腹がパンパンになる危険があります。また、食べ過ぎてしまった後の運動は胃捻転の原因にもなるので大変危険です。部屋の温度を快適に保ち、ワンちゃんがゆったりできる環境を整えてあげましょう。

食べ過ぎでお腹がパンパンになった場合、時間が経過とともに症状が改善する可能性は高いです。が、ワンちゃんがぐったりしていたり、中々腫れが引かない場合など、少しでも異変を感じたらすぐに病院にいくようにしましょう。

異物が原因の場合

「特に心当たりがないのに、犬のお腹がパンパンになっている」・・・こんな時はワンちゃんのお腹に異物が混入している可能性があります。

異物が胃の出口につまり、食べ物がうまく胃を通ることが出来ず、お腹がパンパンになってしまいます。異物が原因でお腹が腫れている状態は、かなり危険です。異物の可能性が少しでもある時は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう

散歩の時に、砂や砂利を食べたり舐めたりするワンちゃんは特に注意が必要です。体内からうまく排出されず、お腹の中が砂でいっぱい・・・ということもあるようです。また、小さいおもちゃなど、誤飲する可能性のあるものはワンちゃんの近くに置かないようにしましょう。

まとめ

以上今回は、犬のお腹がパンパンになった時の対処法について紹介しました。ワンちゃんの体の異変を気づいてあげることができるのは、飼い主であるあなたです!少しでもおかしいな・・・と思ったら、すぐに病院にいく習慣をつけましょう。

 

スポンサードリンク

24

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です