ドッグフードの解析

【★3.45】シーザー(吟選ビーフ)ドッグフードの解析|ウェットタイプの総合栄養食

シーザーの吟選ビーフ(ビーフ)は、1歳からの成犬が対象になっている、ウェットタイプの総合栄養食です。

ドッグフードには数多くの種類があり、いくつか候補が見つかったとしても、愛犬に合うかどうかを検討するのが大変ですよね。

そこで、この記事では、シーザーの吟選ビーフ(ビーフ)を「原材料、成分、価格、安全性、利便性」の5つの項目で評価しています

また、解析結果だけでなく、シーザーの吟選ビーフ(ビーフ)の特徴や評判なども紹介しています。

編集長
編集長
シーザーにはさまざまな種類がありますが、今回解析し、ご紹介するのはトレイタイプの「吟選ビーフ(ビーフ)」です。

便宜上、ここからは「シーザー(吟選ビーフ)」と呼びます。

この記事でわかること
  • 解析結果の詳細
  • フードの特徴
  • 評判
  • 購入方法
当サイトに掲載しているドッグフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、その品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

詳しくは当サイトの評価基準をご覧ください。

\160種類のフードをランクづけ!/

全ランク一覧はこちら

シーザー(吟選ビーフ)の解析結果

総合評価:3.45点
(Cランク)

 

原材料
3.50
  • 亜硝酸ナトリウムで減点
  • 肉類の表記もやや曖昧
成分
2.00
  • タンパク質と脂肪がやや少なめ
  • 繊維が若干多め
安全性
4.00
  • 製造工場が不明
  • 獣医師推奨やヒューマングレードの明記はなし
価格
4.00
  • 100gあたり約138円
  • 買い求めやすい価格
利便性
3.75
  • 楽天・Amazonで販売
  • 定期購入はなし
編集長
編集長
解析の結果、シーザー(吟選ビーフ)は、Cランクのドッグフードになりました。
達人
達人
価格は安いものの、原材料には、ガンになる恐れがある亜硝酸ナトリウムが使われているよ。

ぜひ、無添加のSランクのフードもチェックしよう

\★4.50以上の最優秀フード/

Sランクのドッグフードをチェック

シーザー(吟選ビーフ)は、1歳からの成犬が対象になっている、ウェットタイプの総合栄養食です

解析のうえで「評価された点」と「懸念となった点」をまとめると、以下のようになります。

評価された点
価格が安め
同じシリーズで味の種類がある
Amazonと楽天で買える
懸念となった点
亜硝酸ナトリウムが使われている
ヒューマングレードではない
獣医師推奨がない
製造工場の場所が不明
公式サイトでの販売や定期購入がない
原材料の解析詳細を見る

シーザー(吟選ビーフ)の原材料の得点は3.50点となりました

ガンになる恐れのある「亜硝酸ナトリウム」が含まれるため、減点となりました。

原材料

‎肉類(チキン、ビーフ等)、ひまわり油、ビタミン類(B1、B5、B12、D3、E、コリン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、I、K、Mg、Mn、P、Zn)、アミノ酸類(システイン、グリシン、メチオニン)、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、EDTA·Ca-Na、キシロース、発色剤(亜硝酸Na)

成分の解析詳細を見る

シーザー(吟選ビーフ)の成分の評価は2.00点となりました

当サイトの基準に基づいて解析すると、粗タンパク質と粗脂肪量がやや少なめであるため、減点となっています

粗タンパク質6.0%
粗脂肪2.0%
粗繊維1.5%
粗灰分2.0%
水分87.0%以下
エネルギー70kcal
/100g
  • 粗タンパク質の減点について
    当サイトでは、ドライフードで粗脂肪が約25%のドッグフードを理想としています。シーザー(吟選ビーフ)はウエットタイプのフードですが、ドライフードに換算すると約24%です。わずかではありますが基準点に達していなかったため、減点となりました。
  • 粗脂肪の減点について
    当サイトでは、ドライフードで、粗脂肪の割合が10〜16%のフードを理想としています。シーザー(吟選ビーフ)の粗脂肪の割合を、ドライフードに換算すると約8%となるため、やや少ない印象です。脂肪は多すぎると肥満につながるものの、少なめの場合はエネルギー不足になることもあります。
安全性の解析詳細を見る

シーザー(吟選ビーフ)の安全性の評価は4.00点となりました

大きな問題点はありませんでしたが、製造工場の場所は製造工程が不明であるためマイナス1点となりました

また、獣医推奨や、ヒューマングレードの明記もありません。

価格の解析詳細を見る

シーザー(吟選ビーフ)の価格の評価は4.75点となりました

シーザー(吟選ビーフ)は、最安値で購入した場合、100gあたり約138円で購入できます。相場が100gあたり250円前後とすると、安い方に分類されるものの、より安価なフードもあることを踏まえ、若干の減点となっています

最安値のAmazonの場合、販売価格は下記のようになっています。

  • 100g×24個:税込3,312円

 

利便性の解析詳細を見る

シーザー(吟選ビーフ)の利便性の評価は3.75点となりました

Amazonや楽天で販売されているものの、公式サイトでの販売やお得な定期購入がないため、減点となりました。

お試しパックや、初回割引などもありません。

ただし、シーザーのトレイタイプでは、「吟選ビーフ(ビーフ)のほかにも、以下のようにさまざまな味の種類がある」という利便性があります。

  • 吟選ビーフ(ビーフ)
    1歳からの成犬用
  • 吟選ビーフ(まぐろ入り)
    1歳からの成犬用
  • 吟選ビーフ(野菜入り)
    1歳からの成犬用
  • 吟選ビーフ(チーズ・野菜入り)
    1歳からの成犬用

シーザー(吟選ビーフ)の
公式サイトはこちら

シーザー(吟選ビーフ)の特徴

シーザー(吟選ビーフ)の詳細な特徴を表にまとめると、以下のようになります。

総合評価3.45点
パッケージ
価格 100g×24個:税込3,312円
※最安値(Amazon)の場合
最安値 Amazon
100gあたり約138円
メイン食材ビーフ
対象成犬(1歳〜)
賞味期限パッケージに記載
原産国オーストラリアカロリー70kcal/
100g
目的
総合栄養食
タイプウェットフード
販売元マース ペットケア
公式サイト シーザー

シーザー(吟選ビーフ)の特徴には、以下のようなものがあります。

①トレイ型のウェットタイプ

シーザー(吟選ビーフ)はトレイに入っているウェットタイプのドッグフードです

水分量が87%となっているため、フードを食べながら水分もしっかりと摂取することができます。

また、新鮮な状態のままトレイに密閉されているため、トレイを開けると良い香りが広がります。

②総合栄養食である

シーザー(吟選ビーフ)は、ウェットタイプでありながらも、健康維持に必要な基準をクリアした「総合栄養食」である点が特徴的です

総合栄養食は、そのフードだけを与えることができるものですが、シーザーのトレイタイプは、ドライフードと混ぜて与えることが推奨されています。

③味の種類が豊富

シーザーのトレイタイプは、「吟選ビーフ(ビーフ)」の他にも、さまざまな味の種類があります

たとえば「1歳からの成犬用」のシリーズだけでも、以下のようなバリエーションがあります。

  • 吟選ビーフ(ビーフ)
  • 吟選ビーフ(まぐろ入り)
  • 吟選ビーフ(野菜入り)
  • 吟選ビーフ(チーズ・野菜入り)

愛犬の気分や好みに合わせて、異なる味をローテーションすることができます。

シーザー(吟選ビーフ)の
公式サイトはこちら

こんな犬・飼い主さんにおすすめ!


シーザー(吟選ビーフ)は、下記のような犬や飼い主さんにおすすめです。

こんなワンちゃんにおすすめ!
水分不足
ビーフの味や香りが好き
穀物アレルギー
こんな飼い主さんにおすすめ!
ウェットタイプの総合栄養食がいい
比較的安いものを探している
他の味の種類とローテーションしたい
達人
達人
シーザー(吟選ビーフ)は水分量が80%以上を占めるウェットタイプだから、水分不足のワンちゃんにおすすめだよ。

ビーフの味がメインとなっているから、「チキンやターキよりもビーフが好き」というワンちゃんにも合っているかも。トレイタイプだから、開けたときにビーフの良い香りがするよ。

また、穀物が使用されていないため、穀物アレルギーでも安心。

編集長
編集長
シーザー(吟選ビーフ)は、ウェットタイプの総合栄養食を探していて、なおかつ比較的安い商品がいいという飼い主さんにおすすめです。

また、シーザーのトレイタイプでは、同じ吟選ビーフでも、野菜入りのものや、まぐろ入りのものなど種類が豊富です。

そのため、さまざまな味をローテーションしたい方にも向いています。

シーザー(吟選ビーフ)の
公式サイトはこちら

シーザー(吟選ビーフ)の口コミ評判

シーザー(吟選ビーフ)の口コミを調べたところ、様々な意見が見つかりました。

口コミの収集には下記のサイトを参考にしました。

  • Amazonのレビュー
  • 楽天のレビュー

シーザー(吟選ビーフ)の口コミをまとめると、以下のようになります。

良い口コミ
ドライフードと混ぜたらよく食べた
買い求めやすい値段
悪い口コミ
原材料の中身が心配
崩しづらい
アルミのトレイが捨てづらい

ここからは、シーザー(吟選ビーフ)の実際の口コミを紹介します。

良い口コミ評判

まず、シーザー(吟選ビーフ)には、以下のような良い口コミがあります。

良い口コミ
  • ドライフードと混ぜたらよく食べた
  • 買い求めやすい値段

実際の口コミを見てみましょう。

ドライフードと混ぜたらよく食べた

ドライフードのトッピングとしてシーザーを与え始めて7~8年経ちます。
その中でも我が家のシーズーが一番元気良く食べるのが、この吟選ビーフです

封を開けた瞬間にぴょんぴょん跳ね回っておねだりするので、香りで察するようです。
トッピングしただけではシーザーだけを先に食べ終わってしまうので、ドライフードとよく混ぜ合わせて与えています。

[出典:Amazon]

犬も毎日ドライフードばかりだと飽きるのか、あまり食べないときがあります
シーザー をドライフードに混ぜてあげると
ガツガツときれいに食べて、最後にお皿を何度も舐めています

よほどおいしいのだと思います

[出典:Amazon]

うちのワンコ2匹、これをドライフードに混ぜて与えると、モリモリ食べます

2回に分けて使いますが、冷蔵庫に入れておくと美味しさが半減するので、レンジで2、30秒ほど加熱してやると、また風味が増して美味しく食べられるようです。

[出典:Amazon]

ドライフードの上に乗せています。喜んで食べています

いつもはホームセンターの安売りの時にまとめ買いですが、たまにネットの方が安い時に購入しました。

[出典:Amazon]

ドライフードを全然食べてくれなくなってシーザーとまぜてあげたら完食してくれました♪お気に入りのようです(^-^)v

[出典:Amazon]

ドライフードを色々と試したのですが、どれもくい付きが非常に悪く、試しにこれを混ぜたらくい付きがある程度良くなりました

今は毎日これ+ドライフードを主食にしています。

[出典:楽天]

買い求めやすい値段

価格も手頃でよく食べてくれます。

いくつかある味をローテーションしながらリピートしています。

[出典:Amazon]

価格が安く気に入っています。
食の細いトイプードルが
大喜びで飛び付いて来ます。

[出典:Amazon]

我が家の犬はこのシリーズ大好きなのでお安く購入できて助かります

[出典:楽天]

悪い口コミ評判

シーザー(吟選ビーフ)には、以下のような悪い口コミがあります。

悪い口コミ
  • 原材料の中身が心配
  • 崩しづらい
  • アルミのトレイが捨てづらい

実際の口コミを見てみましょう。

原材料の中身が心配

発色剤(亜硝酸Na)入りです。
色のわからない犬には関係ないのになぜ入れているのか意味不明です。体に悪いだけですね。
購入は避けた方が無難でしょう。

[出典:Amazon]

食べてくれたのは最初の一回だけでした;ちょっとにおいも美味しそうには感じません。

何より、どの部位を使っているのか!?と思うようなものがたくさん入っています。レバー?らしきもの(写真のような綺麗な形ものもではない;)や、大きな血管?のような穴の空いた部位なども大量に入っていて、気持ちが悪いです;

食べてもくれないので、残念ながら途中で捨てました;この価格ならもう少しちゃんとした材料を使って欲しいと思います。

[出典:Amazon]

崩しづらい

トイプードルを2匹飼っていて1日1個を2匹に2食に分けてあげています。
あげる時に崩してあげますが、2匹は美味しそうに食べていますがビーフはかたいです
まとめ買いなので仕方ないですが、もう少し少ない数だと嬉しいです。

[出典:Amazon]

アルミのトレイが捨てづらい

入れ物が不燃物だからめんどくさい

[出典:Amazon]

シーザー(吟選ビーフ)の
公式サイトはこちら

シーザー(吟選ビーフ)の購入方法

シーザー(吟選ビーフ)は、主にAmazonと楽天で販売されています。

送料を含めて考えると、2021年10月現在、より安く購入できるのはAmazonです

公式サイトでは販売が行われていません。

また、定期購入や、お試しパックもありません。

公式サイト
AmazonAmazon
楽天
通常100g×24個:
税込3,312円
(1個あたり138円)
100g×24個:
税込3,240円
(1個あたり135円)
定期
送料無料800円

※ 金額は2021年10月時点のものです。

店舗で販売されている場合も

シーザーはオンラインだけでなく、店舗で販売されていることもあります。

ただし、公式サイトでは、店舗での販売価格は公開されていません。

シーザー(吟選ビーフ)の
公式サイトはこちら

よくある質問

シーザー(吟選ビーフ)のよくある質問への回答を紹介します。

お試しパックはあるの?

いいえ。シーザー(吟選ビーフ)では、少量のお試しパックはありません。

少しでも安い価格で初回購入したい場合は、まとめ買いではなく、100gのトレイを1つだけ買って様子を見ましょう。

シーザー(吟選ビーフ)の給与量は?

シーザーのトレイタイプは、ドライフードとミックスして1日2回与える場合の給与量について、以下のような表が公開されています。

[出典:シーザー公式サイト]

ほかにはどんな味があるの?

シーザーのトレイタイプは、吟選ビーフ(ビーフ)のほかにも、ライフステージに合わせてさまざまな種類があります。

対象商品100gの
カロリー
子犬ビーフ(にんじん・たまご入り)100kcal
吟選ビーフ(ビーフ)70kcal
1歳からの成犬用吟選ビーフ(まぐろ入り)70kcal
吟選ビーフ(野菜入り)60kcal
吟選ビーフ(チーズ・野菜入り)60kcal
11歳から用吟選ビーフ(ビーフ)70kcal
絹ささみ(ささみ)65kcal
味わいチキン(チーズ・パンプキン・野菜入り)65kcal
14歳から用吟選ビーフ(ビーフ)80kcal
吟選ビーフ(野菜入り)70kcal
吟選ビーフ(ささみ入り)75kcal
絹ささみ(ささみ)80kcal
絹ささみ味(野菜入り)75kcal

または、シーザーではドライフードのシリーズも展開されています。

まとめ

以上、この記事では、シーザー(吟選ビーフ)の原材料や成分などの基本情報に加えて、特徴や口コミ、メリット・デメリットなどを紹介しました。

ドッグフードが合うかどうかは、犬によって異なります。

ドッグフードを選ぶ時には、愛犬の食いつきや体調を見ながら、愛犬にぴったりのフードを探しましょう。

シーザー(吟選ビーフ)の
公式サイトはこちら

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧はこちら

こんな記事もおすすめ
ドッグフードの解析

【販売終了】ホリスティックブレンドの解析|成分や口コミからわかる本当の評判

2015年10月16日
ドッグフードの達人
カナダ生まれのドッグフード『ホリスティックブレンド』の原材料や成分、みんなの口コミや評判をまとめてみました。 ホリスティックブレンドは …