モッピー&ナナのドッグフード『ナナ』の評判/原材料まとめ

動物栄養学の権威コスタ博士が開発し、モッピー&ナナが販売を手掛けるドッグフード『Nana(ナナ)』の成分と原材料を分析してみました。

また、記事後半ではナナを使ったみんなの口コミ評判も紹介しています。ナナを購入するときの参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

Nana(ナナ)とは?

スクリーンショット 2015-08-25 21.04.30
[出典:http://item.rakuten.co.jp/]

参考価格
1642円(1kg)
3284円(3kg)
8743円(9kg)
※楽天市場参考
1kgあたりの価格 約971円〜1642円
生産国 オーストラリア
酸化防止剤 ◯(トコフェロールほか)
着色料 ◎(未使用)
穀物 コーングルテンミール・米ほか)

ナナのドッグフードは公式サイトの説明によると、原料から製法まで全てにこだわった総合栄養食で、犬のアレルギーに配慮し、犬の毛ヅヤや肌ツヤも綺麗に保つ効果もあるようです。また、ハーブを配合することにより犬の便臭や口臭を軽減し、オリゴ糖が犬のお腹の健康を保ってくれるようです。

こうして聞くと、ナナはとても品質の良いドッグフードのように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

Nana(ナナ)の成分/原材料

それでは早速、ナナの成分と原材料をみていきましょう。今回は、Nana『レギュラー』を例に、その成分と原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

<原材料>、ラム、チキン、動物脂コーングルテンミールエン麦ふすま、ひまわり油、菜種油、魚油、 アマニ油、ユッカ(ハーブ)、クラフトオリゴ糖、レチノール(ビタミンA)、チアミン(ビタミンB1)、 リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンB12、ナイアシン(ビタミンB群)、 パントテン酸(ビタミンB群)、コレカルシフェロール(ビタミンD3)、ビオチン(ビタミンH)、コリン、 イノシトール、葉酸、カリウム、カルシウム、ヘキサメタリン酸ナトリウム、セレン酸ナトリウム、 マグネシウム、オーガニックコンプレックス亜鉛、オーガニックコンプレックス鉄、オーガニックコンプ レックス銅、塩化マンガン、ヨウ素、リン、酸化防止剤[d-α-トコフェロール(天然ビタミンE)、 ローズマリー(ハーブ)抽出物]

<保証分析>水分含有量:8%以下、粗たん白質:24%以上、粗脂肪:10%以上、粗灰分:7.5%以下、粗繊維:3%以下

<カロリー>320kcal/100g

[出典:http://moppy-nana.co.jp/]

評価Cランク

ナナのドッグフードには、主原料に米やコーングルテンミールなどの穀物が多く使われています。穀物は犬にとって必要のない栄養素であり、特にコーンはアレルギーを発症する恐れもあるため、穀物アレルギーを持つ犬は注意が必要です。

ただ、主原料にチキンやラムなどの「動物性たんぱく質」を摂取できる原材料が含まれているのも事実であり、この点は素直に評価できます。脂分も動物脂以外は、ひまわり油や菜種油など具体的な表記がされており品質の良い脂を使用している証であると言えます。

ナナでは、モッピー&ナナの別商品『Moppy(モッピー)』に入っていた「小麦」が取り除かれ、モッピーと比べるとより安心できるドッグフードとなっていますが、完璧なドッグフードとは言い切れないのが正直なところです。

Nana(ナナ)の口コミ/評判

それでは、実際にナナを使った飼い主さんの口コミや評判を紹介します。みんなの声を参考に、ナナを客観的に見る時の参考にしてみてください。

モッピー&ナナは他のフードに比べて固く、サクサクというよりガリガリって感じですね。(お腹に空気が溜まることと湿気を防ぐ為に空気含有量を従来のフードより抑え固く焼き上げているとのこと。)

ちなみにモッピーには小麦が入ってますが、ナナは小麦を使用しておらず少し価格も高め。

「Nana」はトッピング無しで与えれば、本当に糞が小さくなります。毛艶もよく誉められますが、お手入れはシャンプーと軽いブラッシングだけです。

今のところ、毛づやは割と良くなりましたし、便も健康です。

うちの子は毛艶も良く、便も良い感じだったと思います。

「Moppy」でも十分だと思いますが、予算が許せば「Nana」がお勧めですね。

モッピーよりナナの方が良いという話は耳にしますよ!

残念ながら我が家のワンコはモッピー&ナナは好きではないようです。少し油っぽい臭いがあるかな~と思います。

「うちの犬には合わなかった」という飼い主さんもいらっしゃいますが、「毛ヅヤが良くなった」「便も良い感じ」とその効果を実感されている飼い主さんもいるようです。

ただ、原材料の品質面で比較すると、ナナの方がモッピーより優れていることは間違いないです。(価格は、その分高くなりますが)

モッピー&ナナの商品を試す際は、お値段が許されるのであれば出来るだけナナの方を試した方が良さそうですね。幸いなことにナナは「サンプル」ドッグフードを無料で請求することができます穀物アレルギーに心配がなければ一度試してみるのも良いでしょう。

まとめ

以上今回は、モッピー&ナナのドッグフード『Nana(ナナ)』の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果「ナナ」には、コーングルテンミールや米などの穀物が多く含まれているけれど、チキン・ラムなどの嬉しい原材料も含まれている「完璧ではないけれど、低品質でもない」ドッグフードであることが分かりました。

9kgパックで購入すれば 1kgあたりの価格が1000円を切るので、ナナをメインのドッグフードにする時はまとめ買いするのが良いでしょう。ただ、その前にまずはサンプルで自分の犬に合うかどうかの確認を忘れずにしてみてください。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。