ドッグフード『アボダーム』の原材料分析!口コミ評判も

アボカドが含まれていることが特徴のドッグフード『AVODERM(アボ・ダーム)』について調べてみました。

合わせて、アボ・ダームを使ったみんなの口コミや評判を紹介し、客観的な観点からもアボ・ダームを分析したいと思います。

「アボ・ダームが気になっている」「アボ・ダームって結局のところどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

AVODERM(アボ・ダーム)とは?

スクリーンショット 2015-08-05 午後2.36.55
[出典:amazon.co.jp]

参考価格
3408円(2.4kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約1420円
生産国 アメリカ合衆国
酸化防止剤 ◎(天然素材)
着色料 ◎(未使用)
穀物 △(全粒小麦粉・米粉)

AVODERM(アボ・ダーム)ドッグフードは公式サイトの説明によると、世界一栄養価の高い果物『アボカド』に含まれる豊富なビタミン・ミネラルを補給する事で、ワンちゃんの健康な皮膚や被毛をサポートしてくれるようです。

また、食べやすいクラッシュタイプのフードで消化吸収に優れ、皮膚トラブル、フケ・カユミ、涙やけ、体臭・口臭・便臭、肥満の予防と改善、ノミ付着率の軽減などに役立つそうです。

こう見るととても良いドッグフードのように思えますが…実際のところはどうなのでしょう?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

AVODERM(アボ・ダーム)の成分/原材料

それでは早速、アボ・ダームの成分/原材料を詳しくみていきましょう。今回は、アボ・ダーム『オリジナル(小粒)』を例に、その成分/原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:全粒小麦粉ビーフミール米粉、亜麻仁、アボカドミール、鶏脂肪、トマト繊維、アルファルファミール、ナチュラルフレーバー、、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、海草、アボカドオイル、ニシン粉、レシチン、パイナップル、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス・オリゼー発酵抽出物

スクリーンショット 2015-08-05 午後2.38.29
[出典:http://www.bi-petland.co.jp/]

評価Dランク

アボダームのドッグフードでやはり最初に目がいくのは、原材料にアボカドが使用されていること…

アボカドは『ワンちゃんに絶対に与えてはいけない食べ物』の中の一つとして有名な食材なので、「与えても大丈夫なのだろうか?」と感じるのが正直なところです。

アボダームのアボカドが原因による被害は今のところ出ていないようですが…過去には、アボカドを食べたワンちゃんが死亡した例もあり、万が一のこともあるので注意が必要です。

また、主原料に小麦粉や米粉、ビーフミールが使われていることも気になります。

穀物は肉食動物である犬にとっては必要のない栄養素ですし、特に小麦粉はアレルギーの原因となることも多いです。また、ビーフミールのような「ミール系食材」は、実際に何が入っているか不明な部分が多いため、避けている飼い主さんは多いです。

【参考:これだけは避けるべき!ドッグフードの危険な原材料まとめ

添加物に危険なものが使われていない部分は素直に評価できますが、「自信を持っておすすめできるドッグフード」と胸を張って言えないのも事実です。

AVODERM(アボ・ダーム)の口コミ/評判

それでは、実際にアボ・ダームを使った飼い主さんの口コミ/評判を紹介します。みんなの声を参考に、アボ・ダームを客観的に見る時の参考にしてみてください。

涙やけもなくなり、便臭も大分なくなったのでリピート予定です
毛艶も良いままです

チワワを飼ってますが、フケが多かったんですがこの商品に替えてからフケが目立たなくなった気がします。

うちのワンちゃんはとても大好きで飛びついて食べてます。

涙焼けにいいと言う口コミを読んで購入してみましたが、全然効果はありませんでした。食いつきは良く、食後に吐き戻すこともなく消化は良いようです。

わが家のトイプードルには合いませんでした。どんなフードでも比較的に大丈夫な子ですが このフードは体調を崩してしまいました。期間を開けて二回チャレンジしましたが、二回ともお腹を壊してしまいました。

わが家のトイプードルには合いませんでした。どんなフードでも比較的に大丈夫な子ですが このフードは体調を崩してしまいました。期間を開けて二回チャレンジしましたが、二回ともお腹を壊してしまいました。

高級なかんじです、形は、ばらばらで大きいので、チワワには、大きいので手で割って他の、餌にまぜてあげてます

「小粒」と銘打っているものの、細かく砕かれていない「大粒以上」の大きさのものが5〜10%くらいの割合で入っていますので、指でこれらをポキポキ折って与えなければ食べてくれません。

商品がオーブン焼きで気に入っていたのですが、最近の物は粒が多い時で6粒くらいくっついています。
ちわわなのでばらしてあげないと食べれません。その都度ばらすのでめんどうです。

ぬるま湯でふやかしてから与えましたがしばらく経ってから吐いてしまいました。3回あげましたが、毎回吐くのでもう2度とあげません。3回目は噴水が吹き出す様に吐きました。理由は分かりませんがこんな事になったフードは初めてです。小粒という事ですが形が不揃いで大きなピースもあり、丸呑みタイプの小型犬は注意が必要だと思います。我が家は噛むタイプですがそれでも合いませんでした。

アボダームの口コミを見てみると、「涙焼けに良い」「毛ヅヤが良くなった」と満足している飼い主さんが多くいるようです。しかしその一方で、「体調を崩した」「形が不揃い」など不満の声も上がっています。

アボダームを食べたワンちゃんが嘔吐や下痢をしてしまうなら、もしかしたらそれはアボカドのせいかもしれません。その場合は体に合っていない可能性が高いので、他のドッグフードに変えることも検討した方が良いでしょう。

まとめ

以上今回は、アボカド入りのドッグフード『AVODERM(アボ・ダーム)』の成分と原材料、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果、アボダームは添加物には安心できるものの、ビーフミールや小麦粉などの不安な原材料も含まれており、アボカドが体に合わないワンちゃんもいることが分かりました。

ドッグフードを与える際は、ワンちゃんの様子をじっくりと観察し、下痢や嘔吐などのSOSのサインを見逃さないようにしたいですね。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。