ドッグフードの酸化防止剤「没食子酸プロピル」についての全知識

ドッグフードの原材料と成分

愛犬に没食子酸プロピルが含まれているドッグフードを与えるべきではありません。

没食子酸プロピルは安いドッグフードの酸化防止剤として用いられています。そして、危険性は広く知られていると思いますが、その理由まで知っている人はなかなかいないのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬に没食子酸プロピルを与えてはいけない理由」について解説していきたいと思います。

犬の体に害を及ぼす可能性がある酸化防止剤

没食子酸プロピルはドッグフードに用いられる酸化防止剤のひとつです。

強い酸化防止効果を持っていますが、染色体異常、成長阻害、腎臓障害などが出てしまう可能性があります。

そもそも酸化防止剤って何?


そもそも酸化防止剤とは、物質の酸化を防ぐために配合される成分です。

犬はもともと肉食の生物なので、ドッグフードには肉類が多く含まれています。肉類にはもちろん油が含まれていますが、油は酸化しやすい物質です。光や酸素などに触れてしまうとすぐに酸化してしまいます。

そして、酸化するとドッグフードの味が落ちてしまい、食いつきも悪くなってしまいます。また、嘔吐や下痢などが引き起こされてしまうこともあります。

これを防ぐのが酸化防止剤です。酸化防止剤は物質の酸化を防いでくれるのです。そして、酸化防止剤には天然由来のものと化学的に合成されたものがあります。化学的に合成された酸化防止剤にはいくつかありますが、没食子酸プロピルはその中の1つです。

没食子酸プロピルとは


没食子酸プロピルは主に酸化防止剤として用いられている食品添加物です。正式にはプロピル=3,4,5-トリヒドロキシベンゾアートという名前です。

そして、パッケージには没食子酸プロピルと書かれることもありますが、ピロピルガレート、PGなどと表記されることもあります。

 

そんな没食子酸プロピルですが、油には溶けにくく、水には溶けず、熱湯やアルコールには溶ける性質を持っています。

そして、日本では人用の食品の場合、油脂、バター以外には使用してはならないとされています。

ちなみに、没食子酸プロピルの酸化防止効果は高く、BHAやBHTと同等以上の効果があるとされています。

そして、酸化防止効果を高めるためにBHAやBHTと一緒に利用されることが多いでしょう。

 

ちなみに、没食子酸プロピルは添加する食品によっては紫色に変色してしまうこともありますが、クエン酸やビタミンCと一緒に使えば防ぐことができます。

没食子酸プロピルの危険性


没食子酸プロピルにはさまざまな危険性が報告されています。

たとえば、マウスによる実験では、染色体異常、成長阻害、腎臓障害などが出ることが確認されています。

また、胃腸に障害が出てきて、胃や十二指腸に炎症が出てくるという報告もあります。また、肝臓に障害を起こす可能性があるとも言われています。

ドッグフードの達人
没食子酸プロピルは犬の体に害を及ぼす可能性がある酸化防止剤です。
スポンサードリンク

\ SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう! /

\ドッグフード選びに迷ったら? /



どのドッグフードが良いか迷った時は?

ドッグフードの達人が太鼓判を押すドッグフードです。手っ取り早くおすすめのドッグフードを知りたい飼い主さんはこちら。

品質でドッグフードを選ぶなら?

当サイト独自の評価基準でドッグフードをSランク〜Eランクにランク分けしています。安全で高品質なドッグフードが知りたい飼い主さんはこちら。

愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

目的別でおすすめのドッグフードです。愛犬に合ったドッグフードを詳しく知りたい飼い主さんはこちら。