ドッグフード『モッピー』の口コミ評判まとめ/原材料分析も

動物栄養学の権威コスタ博士が開発し、モッピー&ナナが販売を手掛けるドッグフード『Moppy(モッピー)』の成分と原材料を分析しました。合わせて、記事後半ではモッピーを使ったみんなの口コミ評判も紹介しています。

モッピーを購入するときの参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

Moppy(モッピー)とは?

スクリーンショット 2015-08-25 18.42.22
[出典:http://item.rakuten.co.jp/]

参考価格
1342円(1.2kg)
2236円(2.5kg)
5589円(7.5kg)
10265円(15kg)
※楽天市場参考
1kgあたりの価格 約684円〜1118円
生産国 オーストラリア
酸化防止剤 ◯(トコフェロールほか)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ×小麦・米ほか)

モッピーのドッグフードは公式サイトの説明によると、犬のアレルギーに配慮したドッグフードで、犬の毛ヅヤや肌ツヤを綺麗に保つ効果もあるようです。また、ハーブを配合することにより犬の便臭や口臭を軽減し、コブラミールが犬の嗜好性を高めてくれるようです。

こうして聞くと、モッピーはとても品質の良いドッグフードのように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?次の項で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

Moppy(モッピー)の成分/原材料

それでは早速、モッピーの成分と原材料をみていきましょう。今回は、モッピー『小型成犬用レギュラー(小粒)』を例に、その成分/原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

<原材料>小麦、ラム、動物脂、チキン、コプラミール、コーングルテンミール、ひまわり油、菜種油、魚油、 アマニ油、ユッカ(ハーブ)、レチノール(ビタミンA)、チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、 ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンB12、ナイアシン(ビタミンB群)、パントテン酸(ビタミンB群)、 コレカルシフェロール(ビタミンD3)、ビオチン(ビタミンH)、ビタミンK、コリン、イノシトール、葉酸、 カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、キレート化亜鉛、キレート化鉄、キレート化銅、 キレート化マンガン、リン、酸化防止剤[d-α-トコフェロール(天然ビタミンE)、ローズマリー(ハーブ)抽出物]

<保証分析>水分含有量:8%以下、粗たん白質:20%以上、粗脂肪:12%以上、粗灰分:7%以下、粗繊維:3.5%以下

<カロリー>320kcal/100g

[出典:http://moppy-nana.co.jp/]

評価Cランク

モッピーのドッグフードには、主原料に小麦や米などの穀物が使われています。穀物は本来、犬にとって必要でない栄養素でありアレルギー発症の心配もあるため、穀物アレルギーを持つ犬は避けた方が無難でしょう。(コーングルテンミールも同様)

ただ、主原料にチキンやラムなどの動物性たんぱく質を摂取できる原材料が使用されているのも事実であり、この点は素直に評価できます。脂分も動物脂という避けた方が良い脂が使用されている一方で、ひまわり油や菜種油などの良質の油も使われています。

モッピーのドッグフードは「完璧なドッグフードであるとは言えないが、粗悪なドッグフードでもない」という印象です。

※モッピー&ナナの別商品『Nana(ナナ)』は、モッピーのアップグレード版で、モッピーから小麦が取り除かれ、お腹の調子を整えるオリゴ糖が配合されています。

価格はその分高くなっていますが、品質面を重視するのであればナナを選ぶと良いでしょう。

Moppy(モッピー)の口コミ/評判

それでは、実際にモッピーを使った飼い主さんの口コミや評判を紹介します。みんなの声を参考に、モッピーを客観的に見る時の参考にしてみてください。

モッピー&ナナは他のフードに比べて固く、サクサクというよりガリガリって感じですね。(お腹に空気が溜まることと湿気を防ぐ為に空気含有量を従来のフードより抑え固く焼き上げているとのこと。)

ちなみにモッピーには小麦が入ってますが、ナナは小麦を使用しておらず少し価格も高め。

小麦が入ってる時点でモッピーは明らかに対象外ですね

今のところ、毛づやは割と良くなりましたし、便も健康です。

うちの子は毛艶も良く、便も良い感じだったと思います。

今まで涙やけが全くなかったのに与え出したら粘性の高い目やにが毎日出て目が臭うように

「Moppy」のハイエナジーを与えていた時期に、一時期目新しさに惹かれて他社を試した事もあります。ただ、吸収力の良さ(糞も小さめで臭くない方です。)と毛艶の良さから、結局「Moppy」に戻しました。

残念ながら我が家のワンコはモッピー&ナナは好きではないようです。少し油っぽい臭いがあるかな~と思います。

「小麦が入っている時点で論外」という飼い主さんもいらっしゃいますが、「毛ヅヤが良くなった」とその効果を実感されている飼い主さんもいるようです。

ドッグフードが自分の犬に合うかどうかは結局のところ、一度試してみないと分かりません。幸いなことにモッピーは購入の前に「サンプル」を無料で請求することができるので、穀物アレルギーに心配がなければ一度試してみるのも良いでしょう。

まとめ

以上今回は、モッピー&ナナのドッグフード『Moppy(モッピー)』の原材料や成分、みんなの口コミや評判を紹介しました。

結果、「モッピー」には、小麦やコーンなどの避けたい原材料が含まれているけれど、チキンやひまわり油などの良質な原材料も含まれている「一長一短」のあるドッグフードであることが分かりました。

15kgの大容量パックで購入すれば、1kgあたり約684円なので「1kgあたり1000円以上もドッグフードに払えない」「劣悪なドッグフードは避けたいけど、完璧でなくても別に良い」という飼い主さんには良いドッグフードなのかもしれません。

モッピーを試す際は大容量のパックを購入する前に、まずはサンプルで様子を見てみるのが良いでしょう。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です