ドッグフードの成分『ビートパルプ』とは?犬に悪いは本当?

ドッグフードの原材料・成分表を見るとよく「ビートパルプ」という言葉を見かけます。これが犬の健康に悪いと言われているのですが本当でしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

ビートバルプとは?

ビートバルプとは、サトウダイコン【別名:甜菜(テンサイ)】の葉と搾りカスのこと。サトウダイコンはサトウキビと並んで砂糖の主原料ですが、サトウダイコンから砂糖を搾り取られた後に残ったものをビートバルプと呼びます。

サトウダイコンの主産物が砂糖、副産物がビートバルプです。ビートバルプは主に家畜のえさとして使われます。ビートバルプは、食物繊維が豊富で草食動物にはぴったりの原材料となりますが、犬のような肉食動物には必要のない栄養素です。

では犬に全く必要のないものが何故ドッグフードに使われているのか?理由は簡単。ビートバルプは安価な上、ドッグフードの「かさ」を増やすことができるからです。

スポンサードリンク

ビートバルプが危険と言われるワケ

ビートバルプは犬には必要のない栄養素ですが、逆に体に悪いという訳でもありません。それでは何故ビートバルプは犬の健康に悪いと言われているのでしょうか?その理由は2つあります。

硫酸系の薬品が残留している恐れがある

サトウダイコンから砂糖を搾り取る時に、硫酸系の薬品を使用されることがあります。圧力をかけて搾り取るよりも、薬品で溶かして搾り取った方が手間がかからず効率的だからです。この薬品がビートバルプに残留していると、犬の健康を害する恐れがあります。

犬の健康状態を把握しづらい

ビートバルプには、犬のうんちを必要以上に固めてしまう性質があります。ですので、ワンちゃんの不調のシグナルである「軟便」を察知できなくなる恐れがあります。また、体の中でうんちを固めてしまうため、ワンちゃんが「便秘」になりやすいです。

まとめ

以上今回は、ドッグフードに含まれるビートバルプについて解説しました。ビートバルプは犬には必要のない原材料ですが、有害という訳でもありません。

ドッグフード中のビートバルプの割合があまりにも大きい場合は別ですが、少し含まれている位であればそこまで気にする必要はないと思います。薬品が残留している可能性があるので、使われていないのがベストですが。

ドッグフードの達人

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。