メディコート(アレルゲンカット)の解析|成分や口コミからわかる本当の評判

ドッグフードの解析
愛犬家のみなさん、こんにちは!
ドッグフードの達人(@dogfoodmaster)です。

今回の解析は、アレルギーに配慮した国産ドッグフード「メディコート(アレルゲンカット)」です。
タンパク質を限定しているのでアレルギー対策に適していると評判です。

■今回の解析商品:メディコート アレルゲンカット 魚&米 1歳~成犬用

【1】メディコート(アレルゲンカット)の総合評価(★2.0)

総合評価(2/5)

ランクDランク(★2.0以上)
原材料(0/5)
添加物(4.5/5)
成分(4/5)
安全性(0/5)
コスパ(0/5)
利便性(3.5/5)

>>全ランク一覧はこちら<<


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

総評:原材料がよくない

「メディコート(アレルゲンカット)」は、ペットラインという日本の会社が製造販売しているドッグフードです。当サイト独自の評価基準で厳正に審査した結果、「Dランク」の評価となりました。

メディコート(アレルゲンカット)には動物性油脂など粗悪な原材料が多く使用されています。ただ、添加物については栄養強化のために使用される合成ミネラルと合成ビタミン以外用いられていないようです。成分についても大きな問題はありません。

そして、Amazonでも楽天でも購入することができるため利便性は高くなっています。また、価格は100gあたり38円になっており、低価格ですが、品質を考えれば購入には値しないでしょう。

メディコート(アレルゲンカット)の基本情報

参考価格通常価格:3kg/1143円(税別)
100gあたり約38円
カロリー335kcal/100g
メイン食材
原産国日本
対応年齢成犬用
賞味期限開封後1か月
販売元ペットライン
注目ポイント
  1. タンパク質を2種に限定
  2. 皮ふの健康維持をサポート
  3. 豊富なラインナップ
最安値 Amazon

【2】メディコート(アレルゲンカット)の特徴

続いて、メディコート(アレルゲンカット)の特徴をより詳しくご紹介いたします。

①タンパク質を2種に限定

食物アレルギーの原因は多くの場合タンパク質です。そのため、メディコート(アレルゲンカット)ではタンパク質源を2種に限定しています。たとえば、今回解析しているメディコート アレルゲンカット 魚&米 1歳~成犬用の場合、タンパク質源は魚と米だけになっています。

そして、犬にとってアレルゲンになりやすい小麦、鶏卵、大豆などは不使用になっています。

②皮ふの健康維持をサポート

メディコート(アレルゲンカット)は皮ふの健康維持をサポートするドッグフードです。具体的には、魚に含まれているDHA、EPAが毛づやの健康維持をサポートします。

また、メディコート(アレルゲンカット)に含まれている亜鉛アミノ酸複合体も皮ふの健康維持に役立ちます。

③豊富なラインナップ

メディコート(アレルゲンカット)には豊富なラインナップがあります。具体的には、年齢、体型などに合わせた豊富なラインナップがあります。そのため、本当に愛犬に適したドッグフードを見つけてあげることができます。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【3】メディコート(アレルゲンカット)の原材料と成分

メディコート(アレルゲンカット)に含まれている原材料と成分は以下の通りです。
(ピックアップ食材は緑文字マイナス食材は赤文字で表記しています。)

原材料
穀類(、米粉 、米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)、油脂類(動物性油脂 、ライスファットカルシウム、ガンマ-リノレン酸)、種実類(ゴマ粉末)、糖類(フラクトオリゴ糖)、グルタチオン酵母、シャンピニオンエキス、ブドウ種子エキス、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

※着色料は使用しておりません。

成分

メディコート(アレルゲンカット)の主原料は米です。

にはでんぷんが多く含まれています。そのため、米は犬にとってよい炭水化物源になります。

そして、米には老化を防止する効果、疲労を回復する効果、神経の機能を正常化する効果などもあります。

米ぬか

米ぬかは、精米後の廃棄物の再利用としてドッグフードにもしばしば使われます。ビタミンやミネラル、食物繊維などの成分がたくさん含まれています。

フラクトオリゴ糖

オリゴ糖には腸内環境を整え、便の悪臭を抑える効果があります。その中でも、フラクトオリゴ糖は腸内環境に良い影響を及ぼすオリゴ糖として有名です。

フィッシュミール、フィッシュエキス

フィッシュミールやフィッシュエキスに含まれている油は酸化しやすいため、日本では使用が認められていない危険な添加物であるエトキシキンが使われていることもあります。

動物性油脂

動物性油脂はレンダリングをするときに製造されていると言われています。レンダリングとは、食肉を取った後の家畜の廃棄物から脂肪を搾り取ることです。

そして、動物性油脂の中には病気にかかっていた動物や家畜の殺虫剤なども含まれている可能性があります。

ブドウ種子エキス

ブドウ種子エキスとは、ブドウの種子からとったエキスのことです。そして、ブドウは犬に与えてはいけない原材料として知られています。

そのため、ブドウ種子エキスも犬によくない影響を与える可能性があると考えられます。もちろん害が出ないよう量が調整されているとは思いますが、入っているだけで不安になってしまいます。

ドッグフードの達人
メディコート(アレルゲンカット)には粗悪な原材料が多く使用されています。

ただ、添加物は合成ミネラルと合成ビタミン以外使用されておらず、成分についてもタンパク質が少なめなっていること以外は問題ないようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【4】メディコート(アレルゲンカット)の口コミと評判

メディコート(アレルゲンカット)の口コミは以下の通りです。

良い口コミ評判

掻かなくなりました
イタグレ1歳ですが、耳を掻いて真っ赤になっていました。
無添加など、いろいろ高価なものを試してきましたが、痒がるのは変わりませんでした。
レビューを見てこの商品を試しましたが、なんと!まったく掻かなくなりました。
低価格なのにビックリです!
値段じゃないのかな?
掻きむしる動作を見ることがなくなったので、本当にうれしいです。

過去最高の食いつきです
フレブル用に購入。食いつき過去最高です。アレルギー症状も出ませんでした。小分け包装が鮮度を保っているのか、良い状態です。数ヶ月試しましたがコスパも良い為、おススメです。サイエンスダイエット、シュプレモ、カナガン、ロイヤルカナン等、ワイルドレシピを試しましたが、ウチのブヒはこれがベストでした。本当に食い付きが良く驚いています。もっと早く知りたかった。。

アレルギーが改善しました
フレンチブルドックを飼っていますが アレルギーで一年中 大変困っていました 病院にも通っていましたが 一向に良くなりませんでしたが アレルゲンカットに変えたら アレルギーが改善してきました 完全とはいきませんが 満足しています

悪い口コミ評判

身体に合いませんでした
ウチの犬様は軽いアレルギー体質なので 他の方のレビュー参考にこちらを購入。
薬そのまま食べるくらい食いしん坊なので食い付きは問題無かったのですが 身体に合わなかったらしく便が弛くなりました。
今まで試したフードでも油っぽいフードで弛くなっていたので原因はそれかも?

全然食べませんでした
柴犬ですが、全然食べなくて参りました。
好きじゃないみたいです。

ドッグフードの達人
メディコート(アレルゲンカット)には食いつきがよいという声が多く寄せられているようです。アレルギーが改善したという声も多いようです。

ただ、食べてくれない場合もあり、身体に合わない場合もあるようです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【5】メディコート(アレルゲンカット)の最安値

公式サイト
Amazon
楽天市場
初回購入
通常購入1143円1178円
定期購入
送料0円648円

メディコート(アレルゲンカット)を公式サイトから購入することはできませんが、Amazonや楽天などの通販サイトから購入することができます。そして、送料まで考慮するとAmazonから購入するのが最安値になっているようです。

ちなみに、メディコート(アレルゲンカット)には3種類のパッケージがありますが、それぞれの価格は以下のとおりです。

内容量価格
3kg(500g×6)2600円
6kg(500g×12)4000円
8kg5000円


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【6】メディコート(アレルゲンカット)の与え方

この項では、メディコート(アレルゲンカット)の与え方について解説していきたいと思います。

給餌量

メディコート(アレルゲンカット)の給餌量は以下の表の通りです。

ただ、この値はあくまで目安です。給餌量は年齢、活動量、代謝などによって異なります。愛犬に与えてみて、太ってきたら量を減らし、やせすぎてしまったら量を増やすようにしましょう。

フードの切り替え方

前のフードから、メディコート(アレルゲンカット)へ切り替えるときには、徐々に切り替えていくようにしましょう。

具体的には、まずメディコート(アレルゲンカット)を前のフードに1割ほど混ぜて与えます。そして、2日目は2割程度、3日目は3割程度などと、7~10日ほどかけてメディコート(アレルゲンカット)の割合を増やしていき、前のフードを減らしていくといいでしょう。

また、おなかが弱い犬の場合はもう少し長い時間をかけてゆっくりと移行していくようにしましょう。

もし急に新しいフードを与えてしまうと、犬のおなかがびっくりして、下痢の原因になってしまうかもしれません。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【7】メディコート(アレルゲンカット)の賞味期限と保存方法

いくら良いフードでも、保存方法を間違えてしまったり、賞味期限を過ぎてしまったりすると、愛犬に悪い影響を与えてしまう可能性があります。

そこで、この項ではメディコート(アレルゲンカット)の賞味期限と保存方法について解説していきたいと思います。

賞味期限

メディコート(アレルゲンカット)の賞味期限は開封済みの場合には1か月になっています。

そして、ドッグフードは賞味期限を過ぎると酸化が進んでしまい、食いつきが悪くなってしまいますし、犬のさまざまな健康被害の原因になってしまう場合もあります。ドッグフードは賞味期限内に食べきるようにしましょう。

保存方法

メディコート(アレルゲンカット)は常温で冷暗所に保存するといいでしょう。

そして、温度や湿度が高い場所は避けるようにしてください。ちなみに、冷蔵庫に保存するのは避けるようにしましょう。冷蔵庫に保存してしまうと外に出したときに温度差で結露してドッグフードが湿ってしまい、それがカビの原因になる可能性があるからです。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【8】メディコート(アレルゲンカット)の注意点

メディコート(アレルゲンカット)には注意が必要な点もあります。それぞれ見ていきましょう。

動物性油脂に注意!

動物性油脂には粗悪な原材料が使用されている可能性があります。注意が必要です。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【9】メディコート(アレルゲンカット)の種類

メディコート(アレルゲンカット)には以下のようなラインナップがあります。

魚&お米

魚&お米はタンパク質源として魚と米のみを使用したドッグフードです。以下のようなラインナップがあります。

ドライタイプ
  • 魚&お米 離乳~1歳まで 子いぬ用
  • 魚&お米 1歳から 成犬用
  • 魚&お米 7歳から 高齢犬用
  • 魚&お米 11歳から 老齢犬用
  • 魚&お米 低脂肪ライトタイプ 1歳から 成犬用
  • 魚&お米 低脂肪ライトタイプ 7歳から 高齢犬用
  • 魚&お米 1歳から 成犬用 大粒
  • 魚&お米 7歳から 高齢犬用 大粒
ウェットタイプ
  • 魚&お米 1歳から 成犬用
  • 魚&お米 7歳から 高齢犬用
  • 魚&お米 11歳から 老齢犬用
  • 魚&お米 15歳から 長寿犬用

魚&えんどう豆蛋白

魚&えんどう豆蛋白はタンパク質源として魚とえんどう豆のみを使用したドッグフードです。以下のようなドライフードのラインナップがあります。

  • 魚&えんどう豆蛋白 1歳から 成犬用
  • 魚&えんどう豆蛋白 7歳から 高齢犬用


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

【10】メディコート(アレルゲンカット)のQ&A

その他、メディコート(アレルゲンカット)によくある質問をまとめました。

Q①:粒の大きさはどのくらいですか?


メディコート(アレルゲンカット)は平丸型で直径は9mm程度、厚さは5~6mmになっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

ドッグフードの達人
平均:  
 0 レビュー
スポンサードリンク