ドッグフードの酸化防止剤「ミックストコフェロール」についての全知識

ドッグフードの原材料/成分

ミックストコフェロールは比較的安全な酸化防止剤です。

ミックストコフェロールは少し高めのドッグフードによく使われている印象があります。名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、細かいことについて知っている人は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事では「ミックストコフェロールについての全知識」について解説していきたいと思います。

比較的安全な酸化防止剤

ミックストコフェロールは天然由来の酸化防止剤のひとつです。

そして、ミックストコフェロールは簡単に言うとビタミンEです。

ミックストコフェロールは数種類のトコフェロールを混ぜたものなのです。

そして、ミックストコフェロールは栄養素です。そのため、適量ならば無害ですが、過剰摂取すると過剰症状が出てしまう場合があります。

そもそも酸化防止剤って何?


そもそも酸化防止剤とは、物質の酸化を防ぐために配合される成分です。

犬はもともと肉食の生物なので、ドッグフードには肉類が多く含まれています。肉類にはもちろん油が含まれていますが、油は酸化しやすい物質です。光や酸素などに触れてしまうとすぐに酸化してしまいます。

そして、酸化するとドッグフードの味が落ちてしまい、食いつきも悪くなってしまいます。また、嘔吐や下痢などが引き起こされてしまうこともあります。

これを防ぐのが酸化防止剤です。酸化防止剤は物質の酸化を防いでくれるのです。そして、酸化防止剤には天然由来のものと化学的に合成されたものがあります。ミックストコフェロールは天然由来の酸化防止剤のひとつです。

ミックストコフェロールの概要

ミックストコフェロールは天然由来の酸化防止剤のひとつです。そして、ミックストコフェロールは簡単に言うとビタミンEです。

ちなみに、ビタミンEは数種類あるトコフェロールの総称です。トコフェロールにはα-トコフェロール、β-トコフェロール、γ-トコフェロール、δ-トコフェロールが含まれています。

そして、ミックストコフェロールは数種類のトコフェロールを混ぜたものです。酸化防止剤として利用するときには植物性油脂からトコフェロールを抽出します。

 

ミックストコフェロールは天然の酸化防止剤なので比較的安全ですが、効果は化学的に合成された酸化防止剤より弱めです。

そのため、ミックストコフェロールを酸化防止剤として用いたドッグフードは比較的賞味期限が短めです。開封後は1か月以内に使い切るようにしましょう。

ミックストコフェロールの注意点

以上のように、ミックストコフェロールは比較的安全な酸化防止剤ですが、もちろん注意点もあります。

これまでにも述べた通り、ミックストコフェロールは栄養素です。そのため、適量ならば無害ですが、過剰摂取すると過剰症状が出てしまう場合があります。

ただ、犬はビタミンEの過剰摂取に対する寛容性が高いため、大きな心配は必要はありません。また、ビタミンEは比較的過剰症状が出にくい栄養素です。

ドッグフードの達人
ミックストコフェロールは比較的安全な酸化防止剤です。
スポンサードリンク