犬にネギはダメ!理由・症状・対処法などを徹底解説

ドッグフードの原材料/成分

愛犬にネギを与えてはいけません。

ネギはとても身近な野菜で、毎日の料理に使用しているという人も多いと思います。しかし、ネギは犬に与えてはいけない食べ物として有名です。

そこで、この記事では「犬にネギを与えてはいけない理由」について解説していきたいと思います。

食べると溶血性貧血に

ネギを犬に与えてはいけないのは、有機チオ硫酸化物という中毒成分が含まれているからです。有機チオ硫酸化物はヘモグロビンを変化させて赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こしてしまいます。

そして、最悪の場合には破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって命を落としてしまいます。

愛犬がもしネギを食べてしまったら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

犬にネギを与えるのはなぜダメ?


ネギを犬に与えてはいけないのは、ネギに有機チオ硫酸化物という中毒成分が含まれているからです。この物質はヘモグロビンを変化させて赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こしてしまいます。

ちなみに、溶血性貧血とは、血液中の赤血球が破壊されることで全身に酸素が行きわたらなくなり、酸欠状態になってしまうことです。

そして、最悪の場合には破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって死に至ります。

 

ちなみに、これまでネギの中毒成分はアリルプロピルジスルフィドであると言われていましたが、これは正しくないと言われています。アリルプロピルジスルフィドは物質の吸収をはやめる成分であり、中毒の直接の原因ではないということがわかってきたのです。

ただ、アリルプロピルジスルフィドが含まれていると有機チオ硫酸化物の吸収がはやまってしまうため、中毒と間接的に関係しています。

そして、これらの物質は加熱しても効果を失わないため、加熱したからといって安心はできません。また、液体にも溶け出る性質があるので、ネギが入ったスープなどにも犬にとって害のある物質が含まれてしまいます。

ネギの中毒量

ネギの中毒はとても個体差が大きいため、中毒になる量は定められていません。犬によってはごく少量のネギでも中毒症状を起こしてしまう可能性があります。

ちなみに、中毒が出る量は犬の体重と比例するため、体重が軽い小型犬の場合、大型犬よりもネギ中毒に注意が必要です。

そして、ごく少量なら中毒症状が出ない場合も多いですが、長ネギ1本分食べてしまうとかなり危険です。

ネギを食べたときの症状

ネギ中毒は食べた直後に出ることはほとんどなく、はやくて1日、普通は3~4日ほど経ってから症状が出てくると言われています。なので、愛犬がネギを食べてしまい、症状がすぐに出なくても安心はできません。

そして、ネギ中毒では以下の症状が考えられます。

元気がなくなる

犬にネギ中毒が出ると元気がなくなったりふらついたりします。ネギ中毒で引き起こされるのは貧血なので、わかりやすいのではないでしょうか。

ちなみに、貧血はネギを食べた翌日から数日間続くこともあります。そして、貧血の典型的な症状は歯ぐきや舌などの粘膜の色が白くなってくることです。

強い嘔吐や下痢

強い嘔吐や下痢は食べた後すぐに起こるとは限りません。食べてから数時間後や数日後に始まることもあります。

血尿・血便

ネギ中毒では溶血したヘモグロビンが尿や便として排出される場合があります。そして、これらの症状は1~2日以内に生じることが多いと言われています。

黄疸

ヘモグロビンは黄疸の黄色い色素の原料でもあります。そのため、重度のネギ中毒の場合、黄疸が引き起こされることもあります。

ただ、犬の表皮は毛でおおわれているため、皮ふを見ても黄疸はわかりにくいです。白目の部分を見てあげるとわかりやすいでしょう。

肝機能の低下

継続的にネギを摂取していると慢性症状として肝機能の低下が引き起こされる場合があります。

ネギを食べたときの対処法


ネギを食べてしまったときの対処法はそのとき動物病院がやっているかどうかで変わります。

まず、動物病院がやっていた場合は口の中にあるネギを取り出し、すぐに病院へ連れていきましょう。余裕があれば、病院へ行く前にガーゼなどの布を水で濡らして歯など口内をふいてネギエキスを取り除いてやると良い応急処置になります。

そして、病院では食べたネギの量や食べてからの時間、現在の症状などを説明できるようにしましょう。そうすれば診断や治療を素早く正確に行うことができます。

 

病院では、ネギを誤飲してから1時間以内であれば吐かせる処置を行います。

その後、血液検査を行って溶血が起こっているかどうかを診断します。もし溶血が起こっていた場合はまず抗酸化剤やステロイド剤などを投与し、赤血球の破壊を止める治療を行います。そして、ビタミン剤、強心剤、利尿剤などを投与して対症療法を行う場合もあります。なぜなら、ネギ中毒に特効薬はないからです。

ちなみに、利尿剤を投与する理由は、尿で毒を排出する必要があるからです。

そして、ネギ中毒が重度かつ緊急性があるものだった場合、抗酸化剤やステロイド剤では赤血球の破壊を止められないため、入院しての輸血になります。この場合には命の危険も覚悟しなければなりません。

 

また、深夜などで動物病院がやっていなかった場合には飼い主が吐かせる処置を行う必要があります。ちなみに、吐かせる方法としては塩水を使用する方法が知られていますが、これはあまりおすすめできません。塩を摂取しすぎて塩中毒になってしまう可能性があるからです。

犬に吐かせる処置を行うなら、オキシドールを使いましょう。オキシドールも胃の中に傷がある場合はおすすめできませんが、塩よりはずっとましな吐かせ方です。

 

そして、オキシドールを使って吐かせる場合、まずは体重5㎏あたり11mlのオキシドール(3%)を用意します。そして、これを犬の舌の奥のほうに流し込みます。そうすると15分ほどで吐いてくれることが多いです。もし吐かなかった場合、水を飲むと吐きやすくなります。

ただ、20分たっても吐かない場合もあります。その場合には同じことを再度行いましょう。

しかし、オキシドールによる吐かせる処置は犬に意識や反応がなかったり、犬が興奮状態になっている場合には行うべきでありません。また、1時間以内に吐かせる必要があり、それ以降は吐かせても意味がありません。

 

ちなみに、犬がネギを食べた量がごく少量であり、半日以上症状が出ない場合には経過を見るのも手です。ただ、少量でも遅れて症状が出てくることがあるので、安心はできません。

ネギを誤って食べてしまうケース

この項では犬が誤ってネギを食べてしまうケースを紹介します。あてはまるものがある場合には注意しましょう。

うっかり落としたネギを食べられてしまった

台所で手作りのフードを作っていたり、人間用の食事を作っているときに、誤ってネギを落としてしまうことがあるかもしれません。ちょうどその場に犬がいると、食べてしまう場合もあります。

落としたものが無害なものであれば問題ありませんが、ネギをはじめ、人間には食べられても犬にとって有害なものは多くあります。

料理を作っているときには愛犬が台所に来ないようにする工夫が必要でしょう。

また、しつけをしっかりと行うのも大切です。犬にとって人間の食べ物は魅力的なので、落としたものをつい食べてしまうこともありますが、しつけがきちんと行われていれば食べないからです。

しつけがきちんとされている犬にとっては、落ちてきた食べ物を食べることよりも、飼い主の言うことを聞くほうが大事だからです。

ハンバーグやぎょうざなど、ネギが入ったものを犬が食べてしまった

ネギはとても使いやすい食材なので、いろいろな料理に入っていることがあります。しかし、加熱していてもネギは犬にとって有毒なものです。

他にも犬にとって有害な食べ物が含まれているかもしれないので、人間用の食べ物を犬に与えるのはやめたほうがいいでしょう。

また、人があげるつもりがなくても犬が食べてしまう場合もあると思います。特に子どもは犬に負けて食べ物を食べられてしまうこともあるでしょう。

そして、この場合にもしつけをきちんと行うことが大切です。

ネギを切った包丁やまないたで愛犬のフードを作ってしまった

ネギを切った後の包丁やまないたにはネギの中毒物質が残留しています。その状態で愛犬のフードを作ってもネギ中毒が出ることはまれですが、犬にとって悪いものであることに変わりはありません。慢性症状が出てしまう可能性もあります。

人間用の食事を作った後に愛犬の食事を作る場合、調理用具は一回洗ったほうがいいでしょう。

ネギと同じ原因で中毒が出る野菜

ネギと同じ、有機チオ硫酸化物が原因で犬に中毒症状が発生してしまう植物には以下のものがあります。どれもユリ科の植物です。

  • ネギ
  • にんにく
  • ニラ
  • アサツキ
  • らっきょう
  • ユリ根
  • エシャロット

ネギの加工品について

ネギは料理に明らかに含まれている場合もありますが、わかりにくい形で入っていることもあります。

例えば、ハンバーグ、ケチャップ、タルタルソース、デミグラスソース、サルサソースなどにもネギが含まれている場合があります。

これらの食べ物はネギが入っていることに気づかず愛犬へ与えてしまうリスクが高いので、特に注意が必要です。

ドッグフードの達人
ネギを食べると溶血性貧血になり、元気がなくなるなどの症状が出てしまいます。
スポンサードリンク