犬に「セロリ」を与えるときの全知識|茎も食べられる?

ドッグフードの原材料と成分

犬はセロリを食べられるのでしょうか? 答えはイエスです。

セロリがドッグフードに含まれていることはまれですが、手作りのフードなどで、愛犬に与えたいと考えている人はいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬にセロリを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

セロリの効果効能

セロリには免疫力を高め、がんを予防する効果があります。そして、皮膚が弱い犬にとっては、皮ふを強くし、外気のダメージから守ってくれる効果も期待できます。

また、セロリの香りにはアピイン、ピラジンなど40種の成分が含まれており、鎮静効果があります。つまり、犬がリラックスするのに役立つのです。

そして、低カロリーなのでダイエット食としても適しています。

セロリの栄養成分


セロリに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
食物繊維 1.5g
βカロテン 44μg
カリウム 410㎎
カルシウム 39㎎
マグネシウム 9㎎
水分 94.7g

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀食物繊維

食物繊維には腸内環境を整える作用があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。

➁カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➂水分

セロリの約95%は水分になっています。なので、セロリは水分補給としても適していると言えます。

セロリの注意点

与えすぎに注意!

セロリには食物繊維が多く含まれているので、食べすぎると下痢や食あたりの原因になります。

スジに注意!

セロリは葉っぱを与えても、茎を与えても問題ありませんが、スジには注意が必要です。

犬にセロリの茎を与える際にはスジをきちんと抜きましょう。たとえ加熱してもスジは忘れずに抜きましょう。

もしスジを抜かずに与えてしまった場合、腸に詰まって腸閉塞になってしまうかもしれません。

腎機能の弱い犬には不適

セロリは腎機能の弱い犬に適していません。セロリが腎臓の負担になってしまうかもしれないからです。

セロリが合わない犬もいるかも

セロリは食物繊維が豊富なので、適量を与えても便が緩くなったり、便秘になったりする場合があります

もしそのようになったら、セロリは合わなかったということです。あきらめて別の野菜を試したほうがいいでしょう。

セロリの与え方

セロリは生で与える際も、加熱して与える際も、茎でも葉っぱでも細かく刻んで消化しやすくしてから与えるといいでしょう。また、ミキサーでくだいてから与えるのもおすすめです。

そして、与える量の目安は葉っぱの場合は2枚、茎なら5㎝ほどです。

ドッグフードの達人
セロリにはがん予防、鎮静効果などがありますが、合わない犬もいるので注意が必要です。
スポンサードリンク