犬に「ラズベリー」を与えるときの全知識|食べる効果は?

ドッグフードの原材料/成分

愛犬にラズベリーを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。

ラズベリーはたまにドッグフードの原料として用いられることがあります。また、ジャムやソースなどとして食卓にのぼる家庭もあるのではないでしょうか。なので、犬にラズベリーを与えてもいいのか気になっている人もいると思います。

そこで、この記事では「犬にラズベリーを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

ラズベリーの効果効能

ラズベリーには抗酸化作用があります。つまり、体内で増えた有害な活性酸素を除去し、老化を防ぐのに役立つのです。

ラズベリーの栄養成分


ラズベリーに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 88.2g
炭水化物 10.2g
ビタミンA 2μg
ビタミンC 22㎎
食物繊維 4.7g
カリウム 150㎎
マンガン 0.5㎎
鉄分 0.7㎎

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀水分

ラズベリーの約88%は水分で構成されています。そのため、ラズベリーは犬の水分補給としても適しています。

➁ビタミンC

コラーゲンの合成を助け、皮ふや毛並みを整えてくれます。また、ストレス解消や免疫力の強化などにも有効です。

➂食物繊維

食物繊維には腸内環境を整える作用があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。

➃カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➄鉄分

鉄分は血液のヘモグロビンの中に含まれ、酸素を運ぶために必要です。また、エネルギーを作り出すためにも必要です。

ラズベリーの注意点

与えすぎに注意!

ラズベリーは健康にいいとは言え、いくらでも食べて良いというわけではありません。ラズベリーは果物なので糖分が含まれています。なので、ラズベリーを食べてしまうと糖分の取りすぎになってしまい、肥満、歯周病、糖尿病の原因になってしまうかもしれません。

また、一度に食べすぎると単純に消化が追い付かず、下痢や便秘などの原因になってしまいます。

加工品に注意!

ラズベリーの加工品の中には、与えてもいいものと、与えるべきではないものがあります。

ラズベリージャム

ラズベリージャムに限らず、ジャムには砂糖が多く含まれています。そして、砂糖を摂取しすぎると肥満、歯周病、糖尿病の原因になってしまう可能性があります。

そのため、ラズベリージャムは犬に与えるべきではありません。

ただ、砂糖を使わずに手作りのラズベリージャムを作るのであれば、犬に与えても問題ありません。

ドッグフードの達人
ラズベリーには抗酸化作用があります。
スポンサードリンク