犬にコーヒーはダメ!理由・症状・対処法などを徹底解説

ドッグフードの原材料と成分

愛犬にコーヒーを与えてはいけません。

コーヒーはとても身近な飲み物で、毎日の生活に欠かせないという人も多いと思います。しかし、コーヒーは犬に与えてはいけない飲み物として有名です。

そこで、この記事では「犬にコーヒーを与えてはいけない理由」について解説していきたいと思います。

カフェイン中毒になってしまう

犬がカフェインを摂取してしまうと、それが直接的に中枢神経や心筋などを刺激してしまい、中毒症状が起こってしまいます。

具体的には、カフェインによって神経の興奮が収まらなくなってしまいます。

そのため、犬がコーヒーを飲んでしまった場合には動物病院へ連れていってあげるようにしましょう。

また、犬が届く位置にコーヒーを放置しないようにするのも大切です。

犬にコーヒーを与えるのはなぜダメ?


犬がコーヒーを飲むと中毒になってしまうのは、簡単に言うとカフェインが含まれているからです。詳しく見ていきましょう。

 

まず、カフェインには神経を興奮させる作用がありますが、そのメカニズムについて解説していきたいと思います。

動物の体内には、アデノシンという神経を鎮静化させる作用がある化合物がありますが、カフェインはアデノシンと似たような構造を持っています。

そのため、カフェインは動物の体内に入ってくると細胞のアデノシン受容体に取り付き、アデノシンとアデノシン受容体が結合するのを阻害してしまいます。これによりアデノシンが担っていた鎮静作用が阻害されてしまい、神経が興奮した状態に保たれてしまうのです。

そして、犬がカフェインを摂取してしまうと、それが直接的に中枢神経や心筋などを刺激してしまい、中毒症状が起こってしまいます。

コーヒーの致死量

カフェインの致死量は体重1㎏あたり100㎎~200㎎ほどであると言われています。例えば、5㎏の犬であれば致死量は500㎎~1000㎎ほどです。

そして、インスタントコーヒーの場合、コーヒー1杯(200ml)に含まれているカフェインは120㎎です。そのため、5㎏の犬はインスタントコーヒーを5杯程度飲むと致死量に達してしまう計算になります。

ただ、この量は致死量なので、中毒症状自体はもっと少ない量で起こってしまいます。

また、致死量には個体差があります。そのため、コーヒーを少しなめてしまっただけで中毒症状が出てしまう犬もいますし、大量に摂取しても大丈夫な犬もいます。

コーヒーを飲んだときの症状


犬がコーヒーを飲んでしまうとカフェインによって神経の興奮が収まらなくなってしまいます。

そのため、下記のような症状が出てきてしまいます。

  • 落ち着きがなくなる
  • 呼吸が速くなる
  • ふるえ
  • けいれん
  • 不整脈
  • 血管の拡張によるうっ血や出血
  • 多量のよだれ
  • 興奮状態
  • 嘔吐・下痢

そして、症状が重い場合、ふらつき、筋硬直、呼吸不全などで命にかかわる場合もあります。

また、カフェインは中枢神経を興奮させるため、てんかん発作やけいれんを起こすことがある犬は特に注意する必要があります。

コーヒーを飲んだときの対処法


犬がコーヒーを飲んでしまった場合の対処法は飲んでしまった量によって変わります。

 

まず、少し舐めてしまった程度の場合は重度のカフェイン中毒は起こりません。そのため、慌てずに経過観察をしてあげるのが大切です。そして、もし何の症状も出なかった場合には何か対処をする必要はありません。

心配だったら水を飲ませてあげるとカフェインの濃度を薄めることができるのでおすすめです。

ただ、犬の中にはカフェインに対して極端に弱い体質を持っている個体もいます。そのような犬の場合は少しなめてしまっただけで重篤な症状が起こるかもしれません。

そのため、1時間から2時間程度観察して、いつもと違う様子が見られた場合には獣医に相談するようにしましょう。

 

一方、犬が大量にコーヒーを飲んでしまった場合や、飲料よりも高い濃度でカフェインが入っているコーヒーの豆、インスタントコーヒーの粉などを食べてしまった場合などは、すぐに獣医に相談するようにしましょう。

ちなみに、電話で獣医に相談したり、犬を動物病院へ連れていったりする場合には、どのくらいの量を飲んだか、コーヒーを飲んだ時間、どの種類のコーヒーを飲んだか、などを伝えてあげるとすみやかに診療を行うことができます。覚えておくようにしましょう。

また、動物病院へ連れていく際は、実際に飲んでしまったものを持っていってあげると正確な診断の助けになります。

 

そして、カフェイン中毒に対する解毒剤はないため、病院では基本的に犬の苦痛を和らげるための対症療法を行います。

具体的には神経の興奮を抑えるために鎮静剤を投与したり、不整脈が出ていた場合には抗不整脈薬を投与したりします。

また、血液中にどのくらいのカフェインが含まれているのか確認するために、血液検査を行ったり、尿検査を行ったりするのが一般的です。

そして、カフェインを体から排出するために吐かせる処置を行うこともあります。ちなみに、通常の誤飲の場合、吐かせる処置は食べてから1時間以内でないと意味ありません。しかし、カフェイン中毒の場合には4時間~6時間経過していても有効であるとされています。

 

ただ、コーヒーを大量に飲んでしまったが、深夜などで動物病院がやっていないということもあるかもしれません。その場合には飼い主が犬を吐かせる必要があります。

ちなみに、吐かせる方法としては塩水を使用する方法が知られていますが、これはあまりおすすめできません。塩を摂取しすぎて塩中毒になってしまう可能性があるからです。

犬に吐かせる処置を行うなら、オキシドールを使いましょう。オキシドールも胃の中に傷がある場合はおすすめできませんが、塩よりはずっとましな吐かせ方です。

 

そして、オキシドールを使って吐かせる場合、まずは体重5㎏あたり11mlのオキシドール(3%)を用意します。そして、これを犬の舌の奥のほうに流し込みます。そうすると15分ほどで吐いてくれることが多いです。もし吐かなかった場合、水を飲むと吐きやすくなります。

ただ、20分たっても吐かない場合もあります。その場合には同じことを再度行いましょう。

しかし、オキシドールによる吐かせる処置は犬に意識や反応がなかったり、犬が興奮状態になっている場合には行うべきでありません。また、1時間以内に吐かせる必要があり、それ以降は吐かせてもあまり意味がありません。

コーヒーを誤って食べてしまうケース

犬がコーヒーに興味を示している場合、飼い主が目を離したすきにコーヒーを飲まれてしまう可能性もあります。

そのため、トイレやちょっとした用事で席を立つときにも、コーヒーを犬が届く位置に置かないようにしましょう。

特にコーヒー豆やインスタントコーヒーの粉などはとても危険なので絶対に机の上に放置したりしないようにしましょう。

犬とカフェイン

これまでにも解説してきた通り、コーヒーにはカフェインが含まれているため、犬に与えてはいけません。

しかし、カフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。カフェインは紅茶、緑茶、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれています。特に眠気を覚ます効果がある栄養ドリンクには多く含まれているようです。

また、玉露にはお茶の中でも特に多くのカフェインが含まれています。

 

そして、カフェインが入っているものはコーヒーでなくても犬に絶対に与えないようにしましょう。

また、液体だけでなく、茶葉そのものを食べてしまった場合でも中毒が起こってしまうため、茶葉は犬の届かないところに置くようにしましょう。

ちなみに、それぞれの飲料に含まれているカフェインの量は以下の通りです。

飲料名 カフェイン量(100mlあたり)
玉露 160㎎
エスプレッソコーヒー 140㎎
ドリップコーヒー 135㎎
インスタントコーヒー 60㎎
栄養ドリンク 50㎎
ココア 45㎎
紅茶・抹茶 30㎎
煎茶・ウーロン茶・ほうじ茶 20㎎
コーラ 10㎎

コーヒーの加工品について

コーヒーの加工品にももちろんカフェインが含まれています。そのため、犬に与えてはいけません。

例えば、コーヒーゼリーには100mlあたり40㎎ほどのカフェインが含まれています。また、コーヒーゼリーには砂糖が含まれている場合がありますが、その場合には糖分のとりすぎにもなってしまいます。

また、コーヒー牛乳についてはカフェインももちろんですが、牛乳も犬にとっては良くありません。そのため、与えないようにしましょう。

カフェインレスコーヒー・ノンカフェインコーヒーについて

カフェインレスコーヒーとはカフェインが少ししか入ってないコーヒーのことで、ノンカフェインコーヒーとはカフェインが全く入ってないコーヒーのことです。

これらのコーヒーを犬が飲んでもカフェインによる中毒症状は発生しないので、その点では安心です。

ただ、コーヒーはもともと犬にとっては味が濃すぎる飲み物です。そのため、犬へ与えるのには適していません。また、市販のコーヒーには砂糖や添加物が含まれている場合があります。

そのため、おすすめはしませんが、もしどうしても犬にコーヒーを与えたい場合には、無糖無添加のノンカフェインコーヒーを薄めて与えるといいでしょう。

ドッグフードの達人
犬がコーヒーを飲んでしまうとカフェイン中毒になってしまいます。

カフェイン中毒になると神経が興奮してしまい、最悪の場合では命にかかわってしまうので、コーヒーを犬が届く位置に放置しないようにしましょう。

スポンサードリンク