ドッグフードの「グリシリジン・アンモニエート」についての全知識

ドッグフードの原材料と成分

愛犬にグリシリジン・アンモニエートが含まれているドッグフードを与えるべきではありません。

グリシリジン・アンモニエートは安いドッグフードの添加物として用いられています。そして、危険性は広く知られていると思いますが、その理由まで知っている人はなかなかいないのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬にグリシリジン・アンモニエートを与えてはいけない理由」について解説していきたいと思います。

人間用には使用できない人工甘味料

グリシリジン・アンモニエートは人間用の食品には使用することができない人工的な甘味料です。

安全性は不明ですが、人間には使用できないような添加物を使っているドッグフードは避けたほうがいいでしょう。

そもそも甘味料って何?


甘味料は文字通り、食品に甘い味をつけるために使用される添加物です。人間用の食品にももちろん使用されていますが、ドッグフードに使われていることもあります。

ちなみに、ドッグフードに甘味料を使用する目的は、人間より甘さに鈍感な犬でも感じられる甘さをつけ、食いつきをよくするためです。

いくらよい素材を使っていても、犬が食べてくれなくては売れないので、食いつきのよさはドッグフードにとって重要だと言えます。

 

ただ、犬の体に人工添加物は不要であり、添加物が入っていても食べる側に特にメリットはありません。そして、ドッグフードに甘味をつけたいのであれば、人工添加物ではなく、はちみつなどを使うべきです。

それ以上に、甘味をつけなくてもおいしい肉の味がすれば犬の食いつきはよくなります。

こんな背景がありながらドッグフードに人工的な甘味料が使用されるのは、人口甘味料のコストが安いからです。

そのため、人工的な甘味料が使用されているドッグフードは避けたほうがいいでしょう。

グリシリジン・アンモニエートとは


グリシリジン・アンモニエートは人工的な甘味料のひとつです。

人間の食品には使用することができない動物専用の甘味料になっています。

ちなみに、グリシリジン・アンモニエートは甘草(かんぞう)の根や茎から抽出されています。

そして、砂糖の30~50倍の甘さがあるため、添加すると少量でもかなりの甘さが感じられるようになります。

グリシリジン・アンモニエートの危険性


グリシリジン・アンモニエートの安全性はいまだに不明です。

そのため、人間用の食品には添加することができません。

しかし、人間用には使用できないものが動物用に使えるというのはヘンな話です。

グリシリジン・アンモニエートが含まれているドッグフードは避けたほうがいいでしょう。

ドッグフードの達人
グリシリジン・アンモニエートは人工的な甘味料であり、安全性はいまだに解明されていません。
スポンサードリンク