犬に「ヨーグルト」を与えるときの全知識|好きな犬も多いんです!

ドッグフードの原材料/成分

愛犬にヨーグルトを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。
 
ドッグフードにヨーグルト自体が使われていることはまれですが、ヨーグルトに入っている乳酸菌はドッグフードに含まれていることが多いですよね。また、ヨーグルトは私たち人間にとって身近な食材でもあります。

なので、愛犬にヨーグルトを与えてもいいのかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬にヨーグルトを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

ヨーグルトと乳糖

犬は牛乳を飲むとおなかを壊す場合が多くあります。これは、犬に牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素がなく、「乳糖不耐症」で下痢をしてしまうからです。

そのため、犬に牛乳を与えるのはやめたほうがいいと言われていますが、ヨーグルトは犬に与えても大丈夫です。

なぜなら、ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、乳酸菌が乳糖を分解し、ヨーグルトの中に含まれている乳糖は少しだからです。

ヨーグルトの効果効能

ヨーグルトには腸内の善玉菌を増やす働きがあります。そして、腸内の善玉菌が増加すると免疫力が上がって、感染症などへの抵抗力が上がります。また、下痢や便秘や便のにおいの予防などにもつながります。

そして、犬の口臭の原因の一つに歯周病がありますが、乳酸菌は歯周病菌にも効果を発揮します。そのため、ヨーグルトを食べると歯周病菌の働きを抑え、口臭を抑制したり、予防したりする効果もあります。

また、ヨーグルトは発酵食品なので、消化を助ける酵素がたくさん含まれています。肉の消化にも良いと言われています。

そして、ヨーグルトに含まれているビタミンB1やビタミンB2には代謝を助け、皮ふや毛や粘膜などを健康に保つ効果があります。

ヨーグルトの栄養成分


ヨーグルト(無脂肪/無糖)に含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 89.1g
たんぱく質 4g
炭水化物 5.7g
ビタミンB1 0.04㎎
ビタミンB2 0.17㎎
カリウム 180㎎
カルシウム 140㎎
リン 110㎎
マグネシウム 13㎎

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀水分

ヨーグルトの約90%は水分で構成されています。そのため、ヨーグルトは犬の水分補給としても適しています。

➁たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素のひとつであり、生きていく上で特に重要な栄養素です。血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であり、体内で酵素など生命時に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー源になることもあります。

➂炭水化物

炭水化物は脂肪やたんぱく質と並んで三大栄養素のひとつです。犬は人間と比べて必要な炭水化物の量が少ないですが、決して不要なわけではありません。

そして、炭水化物は犬の体内で主にエネルギー源として利用されます。また、すぐ使わない分は体脂肪として蓄積されます。

➃ビタミンB2

ビタミンB2は主に皮膚や粘膜の健康を保つのに役立つビタミンです。代謝を支える重要な役割を持っています。活発に運動する犬ほどたくさんのビタミンB2が必要になります。

➄カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➅カルシウム

カルシウムは骨や歯を形成するために必要不可欠です。また、筋肉を動かすためにも必要です。ただ、過剰に摂取すると逆に骨折などが起こってしまう可能性があります。そのため、適切な量を与えることが重要です。

➆リン

85%のリンは体内でカルシウムやマグネシウムと一緒に骨や歯を作る成分になっています。また、15%は筋肉や脳や神経などに存在し、エネルギーを作り出すのに役立ちます。

ただ、リンはとりすぎてしまうとカルシウムを奪ってしまい、骨が弱くなってしまいます。また、腎臓の負担にもなります。

ヨーグルトの注意点

アレルギーに注意!

ヨーグルトは牛乳などと同じ乳製品です。そのため、乳製品に対するアレルギーには注意する必要があります。

ヨーグルトをはじめて与える場合、少量を与えるべきでしょう。

そして、嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、乳製品アレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

与えすぎに注意!

ヨーグルトにはさまざまな良い効果がありますが、乳糖が含まれていないというわけではありません。そのため、ヨーグルトを与えすぎてしまうと乳糖によって下痢が引き起こされてしまうことがあります。

また、ヨーグルトには乳脂肪も含まれているため、肥満になってしまう可能性もあります。

そして、カルシウムの過剰摂取により、結石の原因になってしまう恐れもあります。

ちなみに、結石とは尿の通り道に結石という小さな石のかたまりができてしまい、尿が体外に出せなくなってしまう病気です。

 

結石が起こってしまうと尿により老廃物が体外に排出できなくなってしまうので、老廃物を体外に排出する役割を担っている腎臓に大きな負担がかかってしまいます。

そして、最悪の場合には腎臓が機能しなくなってしまい、対外へ老廃物や毒素を排出できなくなる尿毒症になってしまいます。その場合には、命を落としてしまう可能性もあります。

ちなみに、腎臓の不調は気づきにくいものですが、結石になると、以下のような症状が出てくると言われています。

  • 頻尿
  • 排尿の体勢になってから尿が出てくるまでに時間がかかる
  • おしっこのとき痛そう
  • 血尿

これらの症状が出たら結石を疑い、動物病院へ行くようにしてください。

ちなみに、以下の犬種はとくに結石ができやすいと言われています。

  • パグ
  • ペキニーズ
  • ヨークシャーテリア
  • ビーグル
  • コーギー
  • ミニチュアダックスフンド
  • ブルドッグ

これらの犬種を飼っている人は特に注意したほうがいいでしょう。

加糖タイプに注意!

市販で売られているヨーグルトは糖分が加えられているのが一般的です。しかし、犬に糖分が加えられているヨーグルトを与えるべきではありません。

犬が必要な糖分は人間よりずっと少量であり、犬が糖分をとりすぎてしまうと、肥満や歯周病や糖尿病の原因になってしまうからです。

そして、加えられている糖分は砂糖の場合もありますが、人工甘味料の場合もあります。どちらにしろ犬に与えるべきではありません。

フルーツが入っているタイプに注意!

ヨーグルトの中には、フルーツが加えられているものもあります。そして、これらのタイプにはたいてい糖分が加えられているため、犬に与えるには適していません。

また、加えられているフルーツによっては、犬が中毒を起こすものもあります。ブドウ類やイチジクなどが加えられているヨーグルトは絶対に与えるべきではありません。注意しましょう。

キシリトールが入っているタイプに注意!

ヨーグルトの中には、砂糖や甘味料や安定剤などが入っていなくても、砂糖のかわりにキシリトールが添加されているものもあります。

そして、キシリトールは犬に中毒を引き起こしてしまいます。そのため、犬にキシリトール入りのヨーグルトを与えるのは絶対にやめましょう。

ヨーグルトの与え方


犬にヨーグルトを与えるなら、必ず無糖のプレーンタイプにしましょう。そして、犬の体重が気になっている場合には、低脂肪タイプや無脂肪タイプがおすすめです。

そして、乳酸菌は生きて届くタイプが一番良いですが、最近の研究では乳酸菌は芯でも食物繊維として悪玉菌を体外に排出する役割があることが分かってきています。たとえ乳酸菌が生きて届くタイプでなくても、無意味というわけではないのです。

ちなみに、ヨーグルトは種類ごとに含まれている乳酸菌が異なりますが、いろいろな乳酸菌の効果を取り入れるため、違う種類のヨーグルトを与えていくのもいいかもしれません。

 

また、手作りのヨーグルトを与えるのもおすすめです。ちなみに、手作りヨーグルトにはさまざまな作り方がありますが、今回は簡単なものを紹介します。

材料は生乳と種になるヨーグルト、それから保温パックです。まず、生乳を乳酸菌が死なない程度に温めます。次に、これにヨーグルトを加えます。そして、これを保温パックに入れて半日ほど発酵させます。これを冷蔵庫で冷やせばきちんと固まってヨーグルトになります。

ただ、ヨーグルトを種として利用するよりも、種菌を購入したほうが乳酸菌のパワーは落ちずにすむでしょう。また、ヨーグルトを自作するときには消毒に気を配り、食中毒には注意するようにしましょう。

 

そして、ヨーグルトはフードに加えてあげたり、フルーツなどと一緒に与えてあげるのもおすすめです。フルーツと一緒に食べると乳酸菌が生きたまま腸にたどり着く可能性が高まります。ちなみに、ヨーグルトと相性の良いフルーツはキウイやリンゴやバナナなどであると言われています。

また、ヨーグルトは生肉と一緒に摂取するのもいいでしょう。なぜなら、ヨーグルトには肉を柔らかくする働きがあるからです。

また、オリゴ糖が含まれる食品と一緒に摂取するのもおすすめです。オリゴ糖は腸内に一番多く生息している善玉菌であるビフィズス菌の餌になります。

そして、水をあまり飲まない犬の場合、ヨーグルトを水で薄めて与えてあげると、良い水分補給になるかもしれません。

 

そんなヨーグルトですが、はじめはごく少量を与えるようにしましょう。犬が乳製品アレルギーを持っている可能性もありますし、ヨーグルトが犬の体質に合っていない可能性もあるからです。そして、与えた直後だけでなく、与えたから1日~2日ほどは便の様子を見るようにしましょう。

そして、ヨーグルトは継続して与えるのが大事であると言われています。継続して少量を与えると腸内環境が徐々に整ってきます。最低でも1週間~2週間くらいは継続して与えるべきであると言われています。

ただ、ヨーグルトを毎日与えると便が緩くなってしまう犬もいます。その場合には、2日に1回ほど与えるといいでしょう。

ちなみに、与える量は5㎏の犬の場合、小さじ2杯までと言われています。

 

そして、ヨーグルトは冷たいまま与えるのではなく、室温ぐらいまで温めてから与えるようにしましょう。冷たいヨーグルトを与えると犬がおなかを壊してしまい、下痢になってしまう可能性があります。特に秋から冬にかけての寒くなっていく時期や、小型犬の場合には注意が必要です。

ただ、暑い季節にはヨーグルトを凍らせて与えてあげると、いいおやつになるかもしれません。

そして、加熱しすぎるのも良くありません。加熱しすぎると乳酸菌が死んでしまい、ヨーグルトの効果が薄まってしまうからです。

ちなみに、ヨーグルトを犬に与えるタイミングはあまり気にしなくても大丈夫ですが、乳酸菌は胃酸に弱いと言われています。そのため、胃酸が薄まっている食後に与えたほうがヨーグルトの効果は高まると言われています。

ドッグフードの達人
ヨーグルトには腸内環境を整える効果、口臭を改善する効果、消化を助ける効果などが期待できます。
スポンサードリンク