これもダメなの?犬に与えるのは絶対禁止の食べ物まとめ

ドッグフードの基本

犬は人間と暮らしてきた歴史が長いため、人間が食べられるものはほとんど犬も食べることができます。

しかし、中には人間が食べられても、犬は絶対に食べてはいけないものもあります。

うっかり食べさせることがないように、この記事で食べてはいけないものを整理しておきましょう。

人間が食べられ、犬が食べられないものは意外と多い

人間が食べられても、犬は食べられないという食べ物は意外と多くあります。

今回紹介した食べ物は絶対に犬に与えないようにしましょう。

そして、もし食べられてしまった場合には、すみやかに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬へ絶対に食べさせてはいけない食べ物

犬に食べさせてはいけない食べ物は以下のとおりです。

チョコレート類


犬にチョコレートを与えてはいけないのは、テオブロミンが含まれているからです。そして、テオブロミンの作用はカフェインと似ていて、神経興奮作用や利尿作用などです。

そんなテオブロミンですが、犬はこれに対する感受性が高く、テオブロミンの効果が病的に大きく出てしまいます。その結果、中毒が起こります。

代表的な症状としては下痢や嘔吐などがあげられます。

テオブロミンが含まれている食べ物

テオブロミンは以下のような食べ物に多く含まれています。

ネギ類


ネギ類を犬に与えてはいけないのは、有機チオ硫酸化物という中毒成分が含まれているからです。この物質はヘモグロビンを変化させて赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こしてしまいます。

これにより、元気がなくなる、下痢、嘔吐、血尿などの症状が出てきてしまいます。

そして、最悪の場合には破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって死に至ります。

有機チオ硫酸化物が含まれている食べ物

有機チオ硫酸化物が含まれているのは以下のような食べ物です。

キシリトール


犬がキシリトールを摂取してしまうと肝臓から急激にインスリンが放出されてしまい、低血糖状態になってしまいます。

そして、1時間以内に発作が起こったり、昏睡状態になったりすると考えられています。

症状が重い場合にはインスリンを放出する肝臓が機能不全に陥って肝不全になり、命を落としてしまうかもしれません。

マカダミアナッツ


犬がマカダミアナッツを食べると中毒を起こしてしまいますが、中毒の原因は不明です。

そして、犬がマカダミアナッツ中毒を起こすと12時間以内に嘔吐、けいれん、発熱などの症状が出てぐったりしてしまいます。

ただ、腸閉塞が起こっていなければ治療しなくても、だいたい1日~2日でマカダミアナッツが体外に排出されて自然に症状が収まり、回復していきます。

アボカド


アボカドを犬に与えてはいけないのは、ペルシンという殺菌作用のある毒素が含まれているからです。

また、犬がアボカドを摂取してしまうとラテックスアレルギー症候群によってアレルギー反応が引き起こされてしまう可能性もあります。

そして、ペルシンによる中毒症状で急激に昏睡状態になってしまう可能性は低いですが、多量を摂取してしまうと命にかかわる場合もあります。

ぶどう


犬がぶどうを食べてはいけない理由はよくわかっていません

しかし、犬がぶどう中毒を起こすと、食べてから2~3時間後から腹痛が出始め、下痢や嘔吐を繰り返すようになります。

そして、最悪の場合、ぶどうを食べてから2~3日で急性腎不全を起こして死んでしまいます。

また、レーズンにはぶどうの成分が凝縮されており、更に危険だと言われています。

ぶどうが含まれている食べ物

ぶどうは以下のような食べ物に含まれています。

アルコール類


犬がアルコールを摂取してはいけないのは、犬にはアルコールを分解する酵素がなく、急性アルコール中毒になってしまうからです。

そして、犬が急性アルコール中毒になると意識がもうろうとする、昏睡状態になってしまう、などの症状が出てきます。

アルコール類が含まれている食べ物・飲み物

アルコール類は以下のような食べ物や飲み物に含まれています。

  • 一部の洋菓子
  • ビール
  • ワイン
  • 日本酒
  • 各種カクテル

カフェイン飲料


犬がカフェインを摂取してしまうと、それが直接的に中枢神経や心筋などを刺激してしまい、中毒症状が起こってしまいます。

具体的には、カフェインによって神経の興奮が収まらなくなってしまいます。

そのため、落ち着きがなくなったり、けいれんが起こったりして、症状が重い場合、ふらつき、筋硬直、呼吸不全などで命にかかわる場合もあります。

カフェインが含まれている飲み物

カフェインは以下のような飲み物に含まれています。

人間用医薬品・サプリメント


人間用の医薬品やサプリメントを犬が食べてしまった場合の症状は種類によって異なります。

そして、これらは飼い主が積極的に犬に与えることは少ないと思いますが、実は犬の中毒症状の3割ほどは医薬品やサプリメントによって起こると言われています。

机に置いてあったものなどを食べられてしまうことが多いのです。

そのため、犬が届くところに人間用の医薬品やサプリメントは置かないようにしましょう。

香辛料


香辛料を犬に与えてもいいかどうかは香辛料の種類によって異なります。

トウガラシ、わさびなど辛い味がして刺激が強い香辛料は犬に与えないほうがいいです。

なぜなら、辛さで胃腸が刺激されてしまい、下痢を起こし、嘔吐や食欲不振まで引き起こしてしまうかもしれないからです。

また、犬が辛みの強い香辛料を食べてしまうと、胃の感覚麻痺が起こってしまう場合もあります。そして、胃の感覚麻痺はさまざまな病気の原因になってしまう可能性もあります。

 

一方、香りづけや臭み取りなどに使用される香辛料は犬に与えても大丈夫な場合が多いです。例えば、バジルやパセリ、ローリエなどです。

犬に与えるべきではない香辛料

犬に与えるべきではない香辛料は以下のとおりです。

  • サンショウ
  • トウガラシ
  • マスタード
  • わさび
  • コショウ
  • クローブ
  • 八角(スターアニス)

犬が食べてしまったら

これまでに解説してきたようなものを愛犬が食べてしまった場合、もしくは愛犬に中毒症状のようなものが出てきてしまった場合、飼い主にできることは多くありません。

そのため、自分で処置しようとは考えず、すぐに動物病院へ連れて行ってあげたほうがいいでしょう。

そして、動物病院へ行くときには、何をどのくらい食べてしまって、食べてからどのくらいの時間が経っているのか説明できると速やかで正確な診断に役立ちます。

また、食べてしまったもののパッケージや現物などを持っていってあげるのもおすすめです。

 

ただ、深夜などでかかりつけの獣医と連絡が取れないこともあるでしょう。

そんな場合には、深夜でもやっている夜間病院に連絡を取りましょう。

適切な指示を与えてくれるはずです。

病院で行われる処置


この項では、病院で実際に行われる処置について見ていきたいと思います。

吐かせる

毒物がまだ胃の中に残っている場合、獣医はまず薬を使って吐かせる処置を行うことが多いでしょう。

毒物をできるだけはやく外に出してしまうのが、中毒症状を和らげるために一番大切だからです。

ただ、この処置は毒物が胃を通過して腸にある場合には用いることができません。

そのため、毒物を誤飲してからあまり時間が経っていない場合にのみ用いることができます。

 

ちなみに、吐かせる処置と聞くと簡単そうに聞こえますが、素人が自力で吐かせるのは危険です。

吐かせるのに失敗したり、無理に吐かせようとしてますます症状が悪化したりしてしまう場合があるからです。

胃洗浄

吐かせる処置がうまく行かなかったり、行うのが適切ではなかったりする場合、獣医は胃洗浄を行います。

ちなみに、胃洗浄とは胃の中を洗浄して、内容物を取り除く処置です。

そして、胃洗浄も胃の中に毒物が残っていなければ意味がないため、毒物を誤飲してからあまり時間が経っていない場合にのみ用いることができます。

便と一緒に出させる

毒物を摂取してから時間が経ってしまって、腸にある場合、胃洗浄や吐かせる処置は意味がありません。

そのため、毒物が便とともに外に出てくるのを待つことになります。

また、吐かせる処置や胃洗浄などは犬の体への負担が大きい処置法なので、摂取した毒物が少なく、命にかかわる影響が出ないと判断された場合にも、この方法を用います。

 

ちなみに、この処置はただ便として出てくるのを待つというものではありません。

下剤もしくは毒物を吸着する性質を持っている動物用活性炭などを犬に飲ませてやり、毒物がはやく体から出てくるように促すのです。

点滴

毒物を摂取してから時間が経っており、毒性成分が血液中を流れている場合、点滴を行うことがあります。

点滴を行うことで血液中に含まれる水分の量が増え、相対的に毒性成分の濃度を下げることができるからです。

この方法は効果は高くないものの、毒物が消化管のどこにあってもたいてい有効です。

対症療法

毒物によって、犬の体にはさまざまな症状が出てきますが、その症状に応じた治療を行うことも多いです。

たとえば、テオブロミンによる中毒の場合、興奮が収まらなくなるという症状が出たりするので、鎮静剤を与える場合があります。

ドッグフードの達人
人間が食べられても、犬は食べられないという食べ物は意外と多くあります。

今回紹介した食べ物は絶対に犬に与えないようにしましょう。

\ SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう! /

\ドッグフード選びに迷ったら? /



どのドッグフードが良いか迷った時は?

ドッグフードの達人が太鼓判を押すドッグフードです。手っ取り早くおすすめのドッグフードを知りたい飼い主さんはこちら。

品質でドッグフードを選ぶなら?

当サイト独自の評価基準でドッグフードをSランク〜Eランクにランク分けしています。安全で高品質なドッグフードが知りたい飼い主さんはこちら。

愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

目的別でおすすめのドッグフードです。愛犬に合ったドッグフードを詳しく知りたい飼い主さんはこちら。