犬に牛乳は良くない!その理由・対処法などを徹底解説

ドッグフードの原材料と成分

愛犬に牛乳を与えるのはおすすめできません。

牛乳は毎日のように飲んでいるという人も多いと思いますが、犬に与えてはいけないとよく言われますよね。

そこで、この記事では「犬に牛乳をおすすめできない理由」について解説していきたいと思います。

乳糖不耐症と乳製品アレルギーに注意

犬に牛乳を与えるのがおすすめできない理由は3つあります。

それは乳糖不耐症の犬が多いこと、乳製品アレルギーのリスクがあること、肥満になりやすいことの3つです。

そのため、多くの犬にはおすすめできませんが、乳糖不耐症がなく、乳製品アレルギーもない犬の場合は、適量なら牛乳を与えることができます。

犬に牛乳を与えるのはなぜ良くない?


犬に牛乳を与えるのが良くない理由としては主に3つが考えられます。それぞれ見ていきましょう。

乳糖不耐症

人間の中には牛乳の乳糖を消化できずに下痢になってしまう乳糖不耐症の人がいますが、犬は乳糖不耐症の個体が多いです。そのため、犬に牛乳を与えるのは適していません。ただ、乳糖不耐症ではない犬もいるので、その場合には問題ないでしょう。

ちなみに、そもそも牛乳の乳糖は胃では消化されず、小腸でラクターゼという酵素によって分解されます。しかし、ラクターゼを持っている量が不十分だと小腸で乳糖を分解することができず、消化されないまま大腸に入ってしまいます。

そうすると、乳糖は大腸の腸内細菌によって発酵してしまい、ガスを発生させます。すると腸管の活動が活発になりすぎてしまって下痢になるのです。

ちなみに、乳糖は加熱しても分解されません。そのため、牛乳を沸騰させたり、人肌程度に温めてから与えたりしても、乳糖不耐症の犬は下痢になってしまいます。

肥満になりやすい

乳製品は本来、赤ちゃんを育てるためのものです。そのため、カロリーが高く、与えすぎると肥満になりやすいという特徴があります。

また、牛乳にはカルシウムも豊富に含まれています。そのため、与えすぎると結石の原因になってしまうリスクもあります。

乳製品アレルギー

牛乳は乳製品です。そのため、乳製品に対するアレルギーには注意する必要があります。

牛乳をはじめて与える場合、少量を与えるべきでしょう。

そして、嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、乳製品アレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

牛乳の注意点

ここからは場合によって注意が必要な場合について解説していきたいと思います。

貧血に注意!

牛乳にはリンが豊富に含まれています。そのため、牛乳を飲みすぎてしまうとリンがカルシウムなどのミネラルの吸収を阻害してしまい、貧血の原因になってしまうかもしれません。

虫歯に注意!

乳糖は虫歯の原因になってしまう可能性があります。そのため、犬が牛乳を飲んだら必ず歯磨きをするようにしましょう。

ただ、歯磨きが嫌いな犬もいると思います。その場合には別の方法で歯のケアをする必要があります。

現在ではなめさせるだけで口内ケアをすることができるグッズも発売されています。これを使うのもいいのではないでしょうか。

与えすぎに注意!

牛乳は飲み物としてはカロリーが高めです。具体的には100mlあたり約70kcalになっています。そして、たんぱく質や脂質も豊富に含まれています。

そのため、たとえ乳糖不耐症を持っていなくても、牛乳を与えすぎてしまうとカロリーのとりすぎになってしまい、肥満の原因になってしまう可能性があります。

また、カロリーが高いので牛乳を飲みすぎてしまうとそれだけでおなかが一杯になってしまい、ふだんのフードを食べなくなってしまうかもしれません。そうすると栄養が偏ってしまいます。

牛乳を飲んだときの対処法


たとえ犬が牛乳を飲んでしまっても、基本的には様子を見て、何も起こらなければ問題ありません。

ただ、乳糖不耐症だった場合には下痢が起こる場合があります。そして、下痢の場合もあまりひどいものでなければ、様子見で大丈夫です。この場合には食事を消化によいものにしてあげると回復しやすいでしょう。

 

しかし、ひどい下痢が続いてしまう場合には、1日フードを抜くようにしましょう。そのような場合には消化器官を休息させて回復させる必要があるからです。

ちなみに、1日フードを抜く場合でも水分補給は必ず行うようにしましょう。下痢が続くと水分が失われやすく、水分補給を怠ると脱水症状になってしまう可能性があるからです。

そして、1日フードを抜いても下痢が改善されない場合、動物病院へ連れていってあげるようにしましょう。

 

また、牛乳を飲んだ犬がアレルギーと思われる症状を出したら、すぐに病院へ連れていってあげましょう。アレルギーの場合にはアナフィラキシーショックが起こり、命が危険にされされる可能性もあるからです。

ちなみに、どちらの場合でも病院へ行くときには牛乳をどれくらい飲んだか、飲んだのはいつか、などについて答えられるようにしておくと正確で速やかな診断の助けになります。

また、飲んだ牛乳の現物を持っていってあげるとよりベターでしょう。

牛乳を飲んでもいい犬

犬が乳糖不耐症を持っている場合、もちろん牛乳は与えるべきではありません。また、乳製品アレルギーを持っている犬にも与えないようにしましょう。

ただ、牛乳は乳糖不耐症やアレルギーを持っていない場合、そこまで悪いものではありません。牛乳にはたんぱく質やカルシウムやカリウムが豊富に含まれており、適量なら健康によい飲み物なのです。

与えすぎにさえ注意すれば、健康にもよい効果が期待できます。

 

ちなみに、犬は乳糖不耐症の個体が多いですが、子犬は成犬よりも乳糖不耐症の個体が少ないようです。なぜなら、子犬は母乳に含まれている乳糖を分解するためにある程度の量のラクターゼを保持しているからです。

これが成犬になると乳糖が含まれているものを飲む機会がなくなり、体に含まれているラクターゼの量が減ってしまい、乳糖不耐症になってしまうのです。

そのため、子犬のころから少しずつ牛乳を与えていくとラクターゼの減少を防ぐことができ、成犬になって牛乳を飲んでも軟便や下痢になりにくくなるのです。

ただ、もちろん子犬のころから乳糖不耐症になっている個体もいます。少しずつ牛乳を与えていけば必ず乳糖不耐症を防ぐことができるわけではありません。

牛乳の栄養成分

牛乳に含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 87.4g
たんぱく質 3.3g
炭水化物 4.8g
ビタミンB2 0.15㎎
カリウム 150㎎
カルシウム 110㎎
リン 93㎎

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素のひとつであり、生きていく上で特に重要な栄養素です。血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であり、体内で酵素など生命時に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー源になることもあります。

➁カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➂カルシウム

カルシウムは骨や歯を形成するために必要不可欠です。また、筋肉を動かすためにも必要です。ただ、過剰に摂取すると逆に骨折などが起こってしまう可能性があります。そのため、適切な量を与えることが重要です。

➃リン

85%のリンは体内でカルシウムやマグネシウムと一緒に骨や歯を作る成分になっています。また、15%は筋肉や脳や神経などに存在し、エネルギーを作り出すのに役立ちます。

ただ、リンはとりすぎてしまうとカルシウムを奪ってしまい、骨が弱くなってしまいます。また、腎臓の負担にもなります。

ドッグフードの達人
牛乳は飲料なので水分が多いですが、たんぱく質やカルシウムも多く含まれていることがわかります。

ただ、過剰になりやすいリンが多く含まれているのは少し気になるポイントです。

牛乳の与え方


牛乳は乳糖不耐症や乳製品アレルギーがなければ与えてもダイジョブです。しかし、アレルギーはアレルギー検査をしたことがなければわかりませんし、乳糖不耐症も与えてみなけばわかりません。なので、初めて牛乳を与えるときにはごく少量にしましょう。

水で薄めたり、低脂肪のものを与えたりして、少しずつ体を慣らしていく必要があります。このような与え方をすれば肥満になりにくく、乳糖不耐症やアレルギーにも気づきやすくなります。

 

また、牛乳をお湯で割ってからフードに振りかけて食べさせたり、便秘を解消させるために少量を便秘薬代わりに与えるという人もいるようです。

ちなみに、通常の牛乳の場合、乳糖不耐症の犬は飲むことができませんが、これには例外があります。乳糖不耐症の人用に、乳糖があらかじめ分解されている牛乳が発売されているのです。

乳糖不耐症の犬には乳糖不耐症用の牛乳を与えてあげるのも手なのではないでしょうか。

他の乳製品について

牛乳にはさまざまな加工品があります。例えばヨーグルトやチーズなどです。これらは犬に与えてもいいものなのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳糖はあらかじめ分解されているため、犬に与えても下痢を引き起こしません。ただ、アレルギーはあるので、乳製品にアレルギーがある犬に与えることはできません。

 

しかし、市販されているヨーグルトの中には犬に適していないものもあるので、選び方には注意が必要です。具体的には、果物などが入っているヨーグルトは適してません。

また、プレーンタイプのヨーグルトであっても、砂糖が含まれていると糖分のとりすぎになってしまうので良くありません。犬が糖分をとりすぎてしまうと肥満や歯周病や糖尿病などの原因があります。

そのため、犬にヨーグルトを与えるなら無糖でプレーンタイプのものを選ぶようにしましょう。

また、ヨーグルトにはそこそこ脂質が含まれています。そのため、肥満気味の犬の場合は低脂肪のヨーグルトを選んであげたほうがいいでしょう。

チーズ

チーズに含まれている乳糖もあらかじめ分解されているので、犬にチーズを与えても乳糖による下痢は起こりません。ただ、チーズの場合にも乳製品アレルギーを持っていたら与えないようにしましょう。

そして、チーズには塩分が多く含まれていることが多いため、塩分過多にも注意が必要でしょう。犬が塩分をとりすぎてしまうと心臓や腎臓に負担がかかってしまい、様々な病気の原因になってしまうかもしれません。

そのため、犬にチーズを与えるならできるだけ塩分が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

犬用ミルクについて

犬には牛乳よりも犬用ミルクのほうが適しています。なぜなら、犬用ミルクは犬の健康を考えて作られており、乳糖を分解する成分が含まれていたり、乳糖が含まれていない脱脂粉乳から作られていたりするからです。

ただ、乳製品にアレルギーがある場合には与えるべきではありません。

しかし、アレルギー体質の犬にはヤギミルクを与えるという選択肢もあります。なぜなら、ヤギミルクは乳製品にアレルギーがあっても飲むことができますし、犬の母乳に近い成分になっているので、犬の体に適しているからです。

 

ちなみに、犬用ミルクは各社から販売されており、脂肪などの栄養成分はさまざまです。そのため、犬用ミルクを選ぶ際は、愛犬のアレルゲンが含まれているかどうか、愛犬の体に合っているかどうかなどを確認するようにしましょう。

そして、犬用ミルクには保存料が入っていることがあり、長期間保存できるので便利ですが、犬のためにできるだけ無添加のものを選んであげたほうがいいでしょう。

ちなみに、犬用ミルクの中には子犬の成長に必要な栄養成分が含まれている子犬用のミルクもありますし、パウダータイプのものも売られてるので、それをいつものフードにかけてあげるという選択肢もあります。

老犬で食欲がない場合は、犬用ミルクを飲ませてあげることで栄養補給をするという選択肢もあるのではないでしょうか。

ドッグフードの達人
牛乳は乳糖不耐症と乳製品アレルギーに注意する必要があります。
スポンサードリンク