犬にチョコレートはダメ!理由・症状・対処法などを徹底解説

ドッグフードの原材料/成分

愛犬にチョコレートを与えてはいけません。

チョコレートはとても身近な食べ物で、毎日のように食べている人も多いと思います。しかし、チョコレートは犬に与えてはいけない食べ物として有名です。しかし、なぜだめなのか知っている人は少数なのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬にチョコレートを与えてはいけない理由」について解説していきたいと思います。

興奮作用が過剰に働いてしまう

犬にチョコレートを与えてはいけないのは、テオブロミンが含まれているからです。テオブロミンの作用はカフェインと似ていて、神経興奮作用や利尿作用です。

そんなテオブロミンですが、犬はこれに対する感受性が高く、テオブロミンの効果が病的に大きく出てしまいます。その結果、中毒が起こります。

代表的な症状としては下痢や嘔吐などがあげられます。

犬にチョコレートを与えるのはなぜダメ?


犬にチョコレートを与えてはいけないのは、テオブロミンが含まれているからです。

テオブロミンはアルカノイドの一種です。アルカノイドとは植物に含まれる窒素を含む塩基性化合物であり、例としてはニコチン、カフェイン、モルヒネなどがあげられます。

そして、テオブロミンの作用はカフェインと似ていて、神経興奮作用や利尿作用です。カフェインを含む飲み物を飲むと目が覚めるという人も多いのではないでしょうか。

 

そんなテオブロミンですが、犬はテオグロビンに対する感受性が高く、効果が病的に大きく出てしまいます。

その結果、犬にチョコレート中毒が起こってしまうのです。代表的な症状としては下痢や嘔吐などがあげられます。また、犬はテオブロミンの分解能力が低いため、これが犬の体内に長い間残ってしまいます。

そして、犬がテオブロミンを大量に食べてしまうと、6時間~24時間以内に命を落としてしまう可能性もあります。

チョコレートの中毒量

犬の体重1㎏あたり50㎎~100㎎のテオブロミンを摂取すると中毒症状が出始めると言われています。そして、チョコレートに含まれるテオブロミンの量は含まれているカカオの量によって異なります。それぞれのチョコレートのテオブロミンの量は以下の表を参考にしてください。

種類 テオブロミン量(板チョコ1枚あたり)
ホワイトチョコレート 無視できる程度
ミルクチョコレート 150㎎~180㎎
ビターチョコレート 450㎎~600㎎
ブラックチョコレート 1000㎎~1200㎎

例えば、体重が5㎏の犬の場合、ブラックチョコレートの板チョコを1/4程度かじっただけでも中毒症状が出る可能性があります。また、体重が15㎏の大型犬であってもブラックチョコレートであれば板チョコ1枚を丸ごと食べてしまうと危険です。

ただ、中毒量には個体差があるため、ほんの少しのチョコを食べてしまっただけで中毒症状が出てしまう犬もいます。

そして、致死量についてはあまりわかっていませんが、中毒量の5倍を摂取すると50%の確率で命を落とすと言われています。

チョコレートを食べたときの症状

チョコレートを食べてしまった場合の中毒症状には以下のようなものが考えられます。

下痢・嘔吐

下痢や嘔吐は基本的に食べ物の中毒では必ず起こりますが、それはチョコレート中毒も例外ではありません。体内に取り込まれたテオブロミンを外に出そうとして下痢や嘔吐が起こります。

興奮症状

先ほども言った通り、テオブロミンには神経興奮作用があるので、中毒が起こった場合でも犬は興奮状態になります。具体的には、大脳が興奮したり、呼吸が興奮して荒くなったりします。また、テオブロミンの興奮作用が一番働くのは心臓なので、心臓の鼓動が激しくなります。

心不全

テオブロミンが含まれているチョコレートを継続的に摂取していると慢性症状として心不全が起こることがあります。

一回チョコレートを食べて大丈夫だったからといって、継続的に摂取していると最悪の結果になってしまうこともあるのです。

そのほか

チョコレート中毒の症状としては他に以下のようなものが考えられます。

  • 頻尿
  • 尿失禁
  • パンティング
  • けいれん
  • 脈がおかしくなる
  • 震え
  • ふらつく
  • ぐったりする

チョコレートを食べたときの対処法


犬はテオブロミンを分解するまでに24時間ほどかかります。なので、チョコレートを食べてしまってから24時間以内が一番危険な時間帯です。愛犬がチョコレートを食べてしまったら一刻もはやく動物病院に行きましょう。

また、犬がチョコレートを食べてしまったが症状が出ていない場合もあると思います。その場合にも病院で検査を行ったほうがいいでしょう。もしかしたら症状が出ていないだけで体の内側は危険な状態かもしれません。

そして、病院へ行くときには、犬がどんな種類のチョコレートを食べてしまったのかわかるように、パッケージやチョコレートそのものを持っていくと正確で素早い処置をすることができます。

 

ちなみに、テオブロミンを分解する解毒剤は開発されていないため、病院ではまず、チョコレートを吐かせる処置を行います。ただ、吐かせる処置は食べてから1時間以内にのみ有効なので、時間がたっている場合には、胃洗浄をして内容物を洗い出します。

その後、血中テオブロミン濃度をはかるために血液検査を行ったり、血中テオブロミン濃度を薄めるために点滴処置を行ったりします。また、犬が興奮状態になっている場合、興奮を鎮めるために薬の注射を行う場合もあります。

そして、そのほかにも出ている症状にしたがって対症療法を行います。

 

ちなみに、病院へ行く前にまず吐かせようとする人もいるのではないかと思いますが、それはやめたほうがいいでしょう。素人がやっても吐かせることは難しく、ますます犬の状態を悪化させてしまう可能性もあります。それよりもまず病院へ急行して、プロである獣医さんの指示を仰ぎましょう。

ただ、犬がチョコレートを食べてしまったのが深夜で、動物病院がやっていないということもあるでしょう。その場合には飼い主が犬を吐かせることになります。

ちなみに、吐かせる方法としては塩水を使用する方法が知られていますが、これはあまりおすすめできません。塩を摂取しすぎて塩中毒になってしまう可能性があるからです。

犬に吐かせる処置を行うなら、オキシドールを使いましょう。オキシドールも胃の中に傷がある場合はおすすめできませんが、塩よりはずっとましな吐かせ方です。家にオキシドールがある人はあまりいないと思いますが、コンビニでも購入することができます。

 

そして、オキシドールを使って吐かせる場合、まずは体重5㎏あたり11mlのオキシドール(3%)を用意します。そして、これを犬の舌の奥のほうに流し込みます。そうすると15分ほどで吐いてくれることが多いです。もし吐かなかった場合、水を飲むと吐きやすくなります。

ただ、20分たっても吐かない場合もあります。その場合には同じことを再度行いましょう。

しかし、オキシドールによる吐かせる処置は犬に意識や反応がなかったり、犬が興奮状態になっている場合には行うべきでありません。また、1時間以内に吐かせる必要があり、それ以降は吐かせても意味がありません。

チョコレートの誤食を防ぐには

飼い主がチョコレートの危険性を認識していても、チョコレートは犬にとって魅力的な食べ物です。その証拠に、チョコレートはトップ3に入るほど誤食が起こりやすい食べ物です。

そこで、この項では犬のチョコレートの誤食を防ぐための対策について解説していきたいと思います。

留守番のときにはゲージに入れる

誤飲や誤食が起こるのは留守番中が一番多いと言われています。いつもなら飼い主の目があるため、犬が危険なものに手を出したら飼い主が止めることができますが、留守番中はそうもいかないからです。

そして、たとえ犬が見えない場所にチョコレートを置いておいても、犬は鼻がいいため、チョコレートがどこに置いてあるのかすぐにわかってしまいます。

そのため、留守番中の誤食を防ぐにはゲージに入れてしまうのが一番確実です。ゲージに入れてしまうのはかわいそうだと思う人も多いと思いますが、犬が留守番中に中毒を起こしてしまうよりもマシです。

特に誤食をしがちな犬にはこの対策が有効でしょう。

犬の近くに人間の食べ物を置かない

犬にとって、人間がおいしそうに食べているものは魅力的です。食べたくなってしまいます。

なので、おいしそうなにおいの人間用のお菓子やチョコレートなどは犬の手の届かない場所に置いておくべきでしょう。

しつけしなおす

誤食を防ぐためにも、しつけはとても大切です。しつけがきちんと行われていればふとしたときに落としたチョコレートを犬が拾い食いしてしまうこともなくなります。

しつけがきちんとされている犬にとっては、目の前に落ちている食べ物を食べるよりも飼い主の言うことを聞くことのほうが重要だからです。

チョコレートの加工品について

チョコレートに限らず、カカオが使われている食べ物にはテオブロミンが含まれています。そのため、犬はカカオが含まれている食べ物なら必ず中毒になる可能性があります。それぞれ見ていきましょう。

チョコパン・チョコアイス

チョコパンやチョコアイスも同様に犬が中毒を起こす可能性があります。

そして、これらの食べ物は子どもが食べて、かけらを落としてしまう可能性もあるため、特に注意が必要です。

ココア

ココアパウダーをなめたことがある人ならわかると思いますが、ココアパウダーは苦いです。そして、苦いということは多くのカカオが含まれており、テオブロミンも多く含まれています。

そのため、ココアパウダーやココアは少量でも中毒が起こる可能性があり、特に注意が必要です。

製菓用チョコレート

製菓用のチョコレートにはカカオが多めに含まれています。そのため、ふつうの板チョコよりも注意が必要です。

チョコケーキ

チョコケーキにはクリームなども含まれているため、板チョコよりも危険度は低めです。しかし、テオブロミンが含まれていることに変わりはありません。

また、チョコケーキには砂糖が多く含まれており、カロリーも高いため、肥満、歯周病、糖尿病などの原因にもなってしまいます。

犬に害を与えずにチョコレートを与える方法

チョコレートにはテオブロミンが含まれているため犬に与えることはできませんが、犬があまりにも欲しがるためチョコレートを与えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そんな人のために、現在ではカカオ不使用でテオグロビンが含まれていない犬用チョコレートも発売されています。

どうしても犬にチョコレートを与えたいという人はこのチョコレートを与えるようにしましょう。

ドッグフードの達人
犬にチョコレートを与えてしまうと興奮作用が過剰に働いてしまい、下痢や嘔吐などを引き起こしてしまいます。
スポンサードリンク