犬に「煮干し」を与えるときの全知識|食べすぎに注意!

ドッグフードの原材料/成分

愛犬に煮干しを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。
 
ドッグフードに煮干しが使われていることはまれですが、煮干しは身近な食材です。なので、煮干しを犬に与えてもいいのかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬に煮干しを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

カルシウム補給に適するが、塩分に注意

犬は人の14倍~20倍ほどのカルシウムが必要と言われていますが、煮干しにはカルシウムが豊富に含まれています。

そのため、煮干しは犬のカルシウム補給に適しています。

また、ビタミンB12も豊富なので、貧血の予防にも役立ちます。

ただ、煮干しには多くの塩分が含まれています。そのため、与えすぎには注意が必要です。

そもそも煮干しって何?

煮干しは縄文時代よりも前から日本で食べられている食べ物です。東日本では「煮干し」と呼ばれますが、西日本では「いりこ」、ほかには「じゃこ」と呼ばれることもあります。

そして、煮干しは厳密には「魚介類を煮て干した食材の総称」ですが、日本でもっとも一般的に食べられているのはカタクチイワシの煮干しです。

ちなみに、ほかにはマイワシ、ウルメイワシ、キビナゴ、サバ、トビウオなどが煮干しの材料になることがあります。

煮干しの栄養成分


煮干し(カタクチイワシ)に含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 15.7g
たんぱく質 64.5g
脂質 6.2g
ビタミンB12 41.3μg
カリウム 1200㎎
ナトリウム 1700㎎
カルシウム 2200㎎
マグネシウム 230㎎
リン 1500㎎
鉄分 18㎎
亜鉛 7.2㎎

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素のひとつであり、生きていく上で特に重要な栄養素です。血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であり、体内で酵素など生命時に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー源になることもあります。

➁ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球の中に含まれているヘモグロビンを作るのに役立っています。また、脳からの指令を体全体に伝える神経を正常に保つ効果もあります。

➂カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➃ナトリウム

ナトリウムはカリウムとともに体内の水分バランスなどを維持しています。また、栄養素の吸収や輸送、血圧の調整などにも関与しています。また、ナトリウムは胆汁、膵液、腸液などの原料でもあります。

➄カルシウム

カルシウムは骨や歯を形成するために必要不可欠です。また、筋肉を動かすためにも必要です。ただ、過剰に摂取すると逆に骨折などが起こってしまう可能性があります。そのため、適切な量を与えることが重要です。

➅マグネシウム

マグネシウムは体内で骨や歯をつくるために使われています。そして、マグネシウムは体内で不足すると骨から遊離して神経の興奮を抑えたり、エネルギを作ったり、血圧を維持したりするのに利用されます。

➆リン

85%のリンは体内でカルシウムやマグネシウムと一緒に骨や歯を作る成分になっています。また、15%は筋肉や脳や神経などに存在し、エネルギーを作り出すのに役立ちます。

ただ、リンはとりすぎてしまうとカルシウムを奪ってしまい、骨が弱くなってしまいます。また、腎臓の負担にもなります。

➇鉄分

鉄分は血液のヘモグロビンの中に含まれ、酸素を運ぶために必要です。また、エネルギーを作り出すためにも必要です。

➈亜鉛

亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事で摂取する必要があります。

そして、亜鉛には体内のさまざまな働きをサポートして正常に保つ役割があります。具体的には味覚を正確に保ったり、免疫力を向上させたり、新陳代謝を活性化させたり、毛並みや肌の健康を保ったり、抗酸化作用を活性化したりします。

➉DHA・EPA

EPAは血液を正常に保ちます。具体的には血栓をできにくくしたり、高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などを予防したりします。

また、DHAには血液を正常に保つほか、脳や神経組織を育てたり、機能を正常に保ったりする働きもあります。

⑪イノシン酸

イノシン酸はうま味成分として知られています。そして、イノシン酸はDNAの原料なので細胞が活性化されて新陳代謝が促進されます。

また、イノシン酸には皮ふの健康を保つ効果、風邪を引きにくくなる効果などもあります。

⑫イワシペプチド

イワシペプチドはイワシに含まれており、たんぱく質が水と反応して作られる物質です。たんぱく質より消化や吸収に良いため、たんぱく質源として適しています。また、イワシペプチドには血流改善効果や脂肪燃焼効果もあります。

煮干しの効果効能

犬は人の14倍~20倍ほどのカルシウムが必要と言われていますが、煮干しにはカルシウムが豊富に含まれています。そのため、煮干しは犬のカルシウム補給に適しています。

また、ビタミンB12も豊富なので、貧血の予防にも役立ちます。

煮干しの注意点

アレルギーに注意!

世の中にあるあらゆる物質はアレルゲンになる可能性があります。そのため、煮干しの場合もアレルギーには注意する必要があります。

煮干しをはじめて与える場合、少量を与えるべきでしょう。

そして、嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、煮干しアレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

与えすぎに注意!

煮干しにはマグネシウムが豊富に含まれています。そのため、煮干しを与えすぎてしまうとマグネシウムのとりすぎになってしまい、下痢や嘔吐などが引き起こされてしまう場合があります。

また、煮干しを与えすぎてしまうと塩分の過剰摂取になってしまう場合があります。そして、塩分が過剰になってしまうと心臓や腎臓に負担がかかってしまい、さまざまな病気の原因になってしまう可能性もあります。

そして、煮干しにはマグネシウムのほかにもさまざまなミネラルが豊富に含まれています。そのため、ミネラルの過剰になってしまい、結石や黄色脂肪症の原因になってしまうかもしれません。

 

ちなみに、結石とは尿の通り道に結石という小さな石のかたまりができてしまい、尿が体外に出せなくなってしまう病気です。そして、ミネラルの過剰でなる可能性があるストルバイト結石は結石のうちでも尿がアルカリ性に近づいてしまい、マグネシウムなどが固まって石のようになってしまう病気です。

結石が起こってしまうと尿により老廃物が体外に排出できなくなってしまうので、老廃物を体外に排出する役割を担っている腎臓に大きな負担がかかってしまいます。

そして、最悪の場合には腎臓が機能しなくなってしまい、対外へ老廃物や毒素を排出できなくなる尿毒症になってしまいます。その場合には、命を落としてしまう可能性もあります。

ちなみに、腎臓の不調は気づきにくいものですが、結石になると、以下のような症状が出てくると言われています。

  • 頻尿
  • 排尿の体勢になってから尿が出てくるまでに時間がかかる
  • おしっこのとき痛そう
  • 血尿

これらの症状が出たら結石を疑い、動物病院へ行くようにしてください。

ちなみに、以下の犬種はとくに結石ができやすいと言われています。

  • パグ
  • ペキニーズ
  • ヨークシャーテリア
  • ビーグル
  • コーギー
  • ミニチュアダックスフンド
  • ブルドッグ

これらの犬種を飼っている人は特に注意したほうがいいでしょう。

 

また、黄色脂肪症は主に青魚に含まれている不飽和脂肪酸を過剰に摂取することで発症する病気です。そして、黄色脂肪症では脂肪が酸化してしまい、以下のような症状が出てしまいます。

  • 毛のツヤがなくなる
  • おなかの下のほうに脂肪のかたいしこりができてしまう
  • 突っ立ったようなぎこちない歩き方をする
  • 痛いため、おなかを触られるのを極端に嫌がる

これらの症状が出たら、すみやかに動物病院へ連れていってあげましょう。

煮干しの与え方


犬に煮干しを与えるなら、ペット用の煮干しがおすすめです。なぜなら、ペット用の煮干しは犬や猫などが食べることを前提に作られていて、含まれている塩分の量が少ないからです。ペット用の煮干しの中では、無塩でなおかつ無添加のものがおすすめです。

また、人間用のものでも、減塩や無塩の煮干しであれば与えても問題ありません。そして、人間用の煮干しは湯通しをしてあげると塩分の量を減らすことができます。また、人間用の普通の煮干しでも、出汁を取った後のものなら相当塩分が少なくなっているので、与えて大丈夫です。

 

そして、どちらの煮干しを与えるにしろ、細かくちぎって与えてあげるのがおすすめです。特によくかんで食べない犬はそのまま与えてしまうと丸呑みしてしまい、消化に悪い状態で体内に入ってしまいます。

また、そのまま与えてしまうとおなかを壊すような消化能力が低い犬の場合、水分などを含ませて柔らかくしてから与えてあげるといいでしょう。

ちなみに、犬に煮干しを与えると吐いてしまう場合もありますが、その場合には煮干しを与えないほうがいいでしょう。

 

そして、煮干しの適量は一日当たり2匹ほどです。多くても一日当たりの摂取カロリーの20%は超えないようにしましょう。ただ、塩分のとりすぎを防ぐために、一度あげたら数日は与えないようにしましょう。

そして、はじめは少量を与えるようにしましょう。煮干しにアレルギーを持っている可能性もありますし、煮干しが体質に合っていない可能性もあるからです。

ドッグフードの達人
煮干しは犬のカルシウム補給に適していますが、塩分が多く含まれているので注意が必要です。
スポンサードリンク