犬に「米ぬか」を与えるときの全知識|栄養成分や効果効能など

ドッグフードの原材料と成分

愛犬に米ぬかを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。
 
人間が米ぬかを食べることはあまりないかもしれませんが、ドッグフードには米ぬかが含まれていることが多くあります。

そこで、この記事では「犬に米ぬかを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

そもそも米ぬかって何?

そもそも米ぬかとは、玄米を白米にするときに出る外皮や胚の部分のことです。飼料や肥料や漬物などに用いられることが多いでしょう。

そして、単に「ぬか」と言った場合には米ぬかを指していることが多いです。

米ぬかの効果効能


まず、米ぬかには食物繊維が多く含まれているため、腸内の環境を整えたり、便秘を解消したりする効果が期待できます。

そして、皮ふの健康を維持する作用もあるほか、血糖値を低下させたり、血液をサラサラにしたりする効果もあります。

米ぬかの栄養成分

米ぬかに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 10.3g
たんぱく質 13.4g
脂質 19.6g
炭水化物 48.8g
食物繊維 20.5g
ビタミンB1 3.12㎎
ビタミンE 10.4㎎
カリウム 1500㎎
マグネシウム 850㎎
リン 2000㎎

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀炭水化物

炭水化物は脂肪やたんぱく質と並んで三大栄養素のひとつです。犬は人間と比べて必要な炭水化物の量が少ないですが、決して不要なわけではありません。

そして、炭水化物は犬の体内で主にエネルギー源として利用されます。また、すぐ使わない分は体脂肪として蓄積されます。

➁食物繊維

食物繊維には腸内環境を整える作用があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。

➂ビタミンB1

ビタミンB1は糖質からエネルギーを生産したり、皮膚や粘膜の健康を保つのを助けたりする役割があります。ビタミンB1が欠乏すると食欲がなくなったり、疲れやすくなったりします。

➃ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があります。抗酸化作用により、さまざまな病気が予防されます。

➄カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➅フェルラ酸

フェルラ酸は米ぬかにのみ含まれているポリフェノールの一種です。

皮ふのメラニンの生成を抑えてシミやくすみなどを防いだり、アルツハイマー病を予防したりする効果があります。

ドッグフードの達人
米ぬかは約半分が炭水化物であり、食物繊維が豊富に含まれているようです。

米ぬかの注意点

与えすぎに注意!

米ぬかには食物繊維が豊富に含まれています。そのため、米ぬかを与えすぎると消化不良の原因になってしまい、下痢や嘔吐などが引き起こされてしまう可能性があります。

また、米ぬかにはそこそこカロリーが含まれているため、食べすぎると太ってしまうかもしれません。

農薬に注意!

米ぬかは米の中でも特に農薬が残留しやすい部分だと言われています。

そのため、農薬を使っている物は避けるようにし、無農薬の米ぬかを選んであげたほうがいいでしょう。

脱脂米ぬかについて

脱脂米ぬかとは米ぬかから米油と呼ばれる脂質を絞った後の残りカスのことです。

脂肪分が消えた分脂質は少なくなっていますがそのほかの栄養も少なく、食べ物としての価値は低いです。

そして、脱脂米ぬかは安く手に入れることができるため、ドッグフードにかさましとして加えられていることがあります。

そのため、脱脂米ぬかが使われているドッグフードはあまりおすすめできません。

米ぬかの与え方


米ぬかはトッピングとしてドッグフードにかけてあげるのがおすすめです。

そして、与える量は一概には言えませんが、一日の摂取カロリーの20%は超えないようにしましょう。これを超えると与えすぎになってしまいます。

また、はじめて与えるときにはごく少量にしましょう。米ぬかが愛犬の体質に合ってない可能性もありますし、アレルギーの可能性もゼロではないからです。

 

ちなみに、犬用に米ぬかが含まれるおやつも発売されています。たとえば、クッキーなどです。

そして、これは犬用のおやつ全般に言えることですが、できれば無添加のものがいいでしょう。

米ぬかシャンプーについて

米ぬかは犬用のシャンプーに含まれていることもあります。

ちなみに、含まれている理由は、米ぬかに保湿効果があるからです。

そして、米ぬかは手作りのシャンプーとして犬に使ってあげてもいいでしょう。お湯に少量を溶かして使ってあげるのがおすすめです。

ちなみに、米ぬかは人間用のせっけんに含まれていることもありますが、それを犬に対して使うのはやめましょう。人間の皮ふと犬の皮ふでは必要な成分などが異なるからです。

ドッグフードの達人
米ぬかは栄養が豊富に含まれていますが、残留農薬などには注意が必要でしょう。
スポンサードリンク