犬に「おから」を与えるときの全知識|ダイエットにいいの?

ドッグフードの原材料と成分

愛犬におからを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。
 
ドッグフードにおからが使われることはないと思いますが、原材料の大豆はドッグフードに使われていることがありますよね。また、おからはダイエット食材として有名になったことがあるので、食べたことがある人も多いと思います。

なので、愛犬のダイエットにもおからはが役立つのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬におからを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

そもそもおからって何?

おからとは、豆腐を作るときにできる豆乳の搾りかすのことです。豆腐の栄養が豊富に含まれているため、捨てるにはもったいないと思われました。そのため、日本では昔から料理に活用されてきた食材です。現在でも豆腐屋やスーパーなどでよく売られています。

そして、おからは白い花のような見た目をしていることから、「卯の花」と呼ばれることもあり、関西では「雪花菜」「きらず」などと呼ばれることもあります。

 

そして、おからはダイエットに役立つのではないかと一時期話題になりましたが、その理由はきちんと抑えておく必要があります。

ダイエット食材と言えばカロリーが低いという印象がありますが、おからのカロリーはそれほど低いわけではありません。

おからがダイエットによいとされているのは、おからに消化器官の動きを増やし、内臓脂肪の消費を促進する効果があるからです。また、おからは腹持ちがよい食材でもあります。

なので、おからはいくらでも食べていいというわけではありません。おからは食べすぎると当然のように肥満の原因になってしまいます。

おからの効果効能

おからには食物繊維が豊富に含まれています。そのため、腸内環境を整えてくれる効果があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。また、おからにはオリゴ糖も含まれています。そして、オリゴ糖は善玉菌の餌になってくれます。

また、おからは腹持ちのよい食べ物です。そのため、ダイエットにも適しています。

そして、おからは高たんぱく低カロリーの食べ物でもあります。また、おからにはカリウムの含まれていますが、カリウムには利尿効果があるため、むくみが解消され、塩分や老廃物などの排出も促されます。

おからの栄養成分


おから(生)に含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 75.5g
たんぱく質 6.1g
炭水化物 13.8g
食物繊維 11.5g
ビタミンB1 0.11㎎
ビタミンE 0.4㎎
カルシウム 81㎎
カリウム 350㎎
マグネシウム 40㎎
リン 99㎎
鉄分 1.3㎎
亜鉛 0.6㎎

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀たんぱく質

たんぱく質は三大栄養素のひとつであり、生きていく上で特に重要な栄養素です。血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であり、体内で酵素など生命時に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー源になることもあります。

➁炭水化物

炭水化物は脂肪やたんぱく質と並んで三大栄養素のひとつです。犬は人間と比べて必要な炭水化物の量が少ないですが、決して不要なわけではありません。

そして、炭水化物は犬の体内で主にエネルギー源として利用されます。また、すぐ使わない分は体脂肪として蓄積されます。

➂食物繊維

食物繊維には腸内環境を整える作用があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。

➃ビタミンB1

ビタミンB1は糖質からエネルギーを生産したり、皮膚や粘膜の健康を保つのを助けたりする役割があります。ビタミンB1が欠乏すると食欲がなくなったり、疲れやすくなったりします。

➄ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があります。抗酸化作用により、さまざまな病気が予防されます。

➅カルシウム

カルシウムは骨や歯を形成するために必要不可欠です。また、筋肉を動かすためにも必要です。ただ、過剰に摂取すると逆に骨折などが起こってしまう可能性があります。そのため、適切な量を与えることが重要です。

➆カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➇マグネシウム

マグネシウムは体内で骨や歯をつくるために使われています。そして、マグネシウムは体内で不足すると骨から遊離して神経の興奮を抑えたり、エネルギを作ったり、血圧を維持したりするのに利用されます。

➈リン

85%のリンは体内でカルシウムやマグネシウムと一緒に骨や歯を作る成分になっています。また、15%は筋肉や脳や神経などに存在し、エネルギーを作り出すのに役立ちます。

ただ、リンはとりすぎてしまうとカルシウムを奪ってしまい、骨が弱くなってしまいます。また、腎臓の負担にもなります。

➉鉄分

鉄分は血液のヘモグロビンの中に含まれ、酸素を運ぶために必要です。また、エネルギーを作り出すためにも必要です。

⑪サポニン

サポニンには体脂肪を減らす効果があります。また、動脈硬化やガンなどの病気を予防する効果もあります。

おからの注意点

アレルギーに注意!

おからは大豆の加工食品です。そして、大豆は比較的アレルゲンになりやすい食材です。そのため、大豆アレルギーには注意する必要があります。特に、シベリアンハスキー、アイリッシュセッター、シャーペイなどの犬種は大豆に対する耐性がなく、大豆アレルギーになりやすいので注意が必要です。

そして、おからをはじめて与える場合、少量を与えるべきでしょう。

また、嘔吐、下痢、かゆがる、発疹などアレルギーと思われる症状が出た場合には、大豆アレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

与えすぎに注意!

おからには食物繊維が豊富に含まれています。そのため、おからを与えすぎると消化不良の原因になってしまい、下痢や嘔吐などが引き起こされてしまう可能性があります。

また、おからはカロリーが低い食品というわけではありませんし、脂肪もそれなりに含まれています。そのため、おからを食べすぎてしまうと肥満になってしまうかもしれません。

そして、脂肪をとりすぎると肝臓や胆のうにも大きな負担がかかってしまいます。

腎不全・肝不全がある犬には与えないで!

腎不全や肝不全がある犬にはおからを与えるべきではありません。

なぜなら、これらの病気の症状を悪化させてしまうことがあるからです。

おからの与え方


水分を含んだおからはとても傷みやすい食材です。そのため、買ってきたらまずは乾煎(からい)りをしてあげましょう。具体的にはフライパンに油をしかずにおからを投入して、さらさらとしたパン粉みたいになるまで加熱します。これを冷凍保存すると、長い間持たせることができます。

ただ、乾煎りしたおからをそのまま与えてしまうと口の中がパサついてしまい、食べにくくなってしまいます。そのため、おからを与えるときには水分を含ませてあげるといいでしょう。

 

そして、おからを単独で与えるのもいいですが、ふだんのフードにトッピングしてあげるのもおすすめです。フードのトッピングとして用いるとかさましになるため、犬をダイエットさせたいときにおすすめです。

ちなみに、これはおからに限った話ではありませんが、犬へ与えるときには味付けをしないようにしましょう。

人間にとってちょうどいい味付けは犬にとっては濃すぎですし、味付けをすると塩分や糖分などの過剰摂取につながったり、意図せず犬へ絶対に与えてはいけないものを与えてしまったりする場合があるからです。

例えば、おからの味付けとして一番ひんぱんに用いられるのはしょうゆですが、犬へしょうゆをかけたおからを与えてしまうと塩分のとりすぎになってしまい、心臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

ちなみに、おからを犬に与えるときの目安は小型犬なら小さじ0.5杯~1杯で、大型犬なら大さじ1杯~2杯ほどです。そして、1日の摂取カロリーの20%は超えないようにしましょう。これを超えるとカロリーのとりすぎにつながってしまう可能性が出てきます。

ただ、適量は個体によって異なります。愛犬に適した量を見つけてあげましょう。そして、与えた次の日には便を見てあげるのも大切です。もし便が緩くなっていたら与えすぎです。次回から量を減らすようにしましょう。

また、おからを初めて与えるときにはごく少量にしましょう。犬が大豆アレルギーを持っている可能性もありますし、おからが犬の体質に合っていない可能性もあるからです。

ドッグフードの達人
おからは腸内環境を整えてくれるほか、ダイエット食材としても適しています。
スポンサードリンク