犬にさきいかは良くない!その理由・対処法などを徹底解説

ドッグフードの原材料と成分

愛犬にさきいかを与えるのはおすすめできません。

さきいかはおつまみとして定番の加工食品なので、大好きだという人も多いと思います。なので、犬にさきいかを与えてもいいかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「犬にさきいかをおすすめできない理由」について解説していきたいと思います。

胃で膨張し、塩分過多にもなる

さきいかはチョコレートやネギ類などのように、ショック症状が起こるほど危険ではありません。

しかし、それでもさきいかを犬に与えるのはおすすめできません。

胃の中で膨張して胃を圧迫し、胃痛が起こってしまうからです。

また、塩分が多いので、塩分過多にもつながってしまいます。そして、消化にも良くありません。

そもそもさきいかって何?

そもそもさきいかとは、イカやスルメをあぶり焼きにして引き延ばして割いた食品です。同じイカの加工食品なのでスルメと混同されることが多いですが、きちんと違いがあります。

スルメが焼いて割いただけのものであるのに対して、さきいかには引き延ばす工程が含まれているのです。

ちなみに、生のイカを使ったものはソフトさきいかと呼ばれています。これはスルメを使ったさきいかより柔らかいからです。

犬にさきいかを与えるのはなぜ良くない?

さきいかはチョコレートやネギ類などのように、ショック症状が起こるほど危険ではありません。しかし、それでも犬に与えるのはおすすめできません。その理由は主に4つあります。それぞれ見ていきましょう。

ちなみに、イカにはチアミナーゼというビタミンB1分解酵素が含まれているため、イカを過剰に摂取するとビタミンB1欠乏症になってしまいますが、これは生に限った話なので、さきいかの場合は関係ありません。

消化不良につながる

犬はもともと、陸上動物の肉を食べて生きてきました。そのため、同じ肉類でも海産物の消化は比較的苦手です。そして、さきいかは乾物ですが、乾物になるとさらに消化は大変になります。

以上のことから、犬がさきいかを食べると消化不良になってしまう可能性があります。そして、犬が消化不良になると、下痢や嘔吐などが引き起こされてしまいます。特に食べすぎには注意が必要です。

胃で膨張する

これはさきいかに限らず乾物全般に言える話ですが、乾物は干すことで水分を抜いて作られているので、水分を含ませるとふくらみます。10倍に膨らむこともあるようです。

そして、犬の歯はすりつぶすようにしてかむことができません。そのため、犬は食べ物を飲み込める大きさにちぎったら、そのまま丸呑みにしてしまいます。つまり、人間が食べるよりもずっと大きなかたまりのままで飲み込んでしまうのです。

 

すると、大きなかたまりのままになっているさきいかは胃腸で膨張して胃を圧迫します。これにより、胃痛が起こってしまいます。

しかも、大きいと胃の先にある十二指腸を通過できないこともあります。大きくなっているので吐いて外に出すこともできません。そのため、大きくなったさきいかは胃の中で消化できないまま残ってしまうことになります。

これにより胃腸の閉塞が起こってしまうかもしれません。そうなってしまったら手術をして取り出さなくてはなりません。

塩分過多

イカは水中で暮らしている生き物です。そして、海で生活している生き物は体内の塩分濃度を高く保つことで海に適応しています。イカも例外ではありません。

そして、乾物は水分を抜いているのでますます塩分は多くなります。具体的には、さきいかにはだいたい100gあたり2gほどの塩分が含まれていると言われています。これは人間にとってはちょうどいい塩加減ですが、犬にとっては濃すぎます。

犬は人間に比べて体重が少ないため、必要な塩分量は人間より少なめです。また、犬は足の裏など一部にしか汗腺がなく、人に比べて塩分の排出能力が低めです。そのため、犬に必要な塩分量は人間よりずっと少量です。

そして、長期にわたって犬にさきいかを与えてしまうと塩分過多になってしまいます。塩分過多になると高血圧や心臓病など、人でいう成人病の原因になってしまいます。

以上のことから、犬にさきいかを継続的に与えるのは良くありません。

リンが多い

さきいかにはリンが多く含まれています。リンは適量ならばよい効果をもたらしますが、とりすぎてしまうとカルシウムを奪ってしまい、骨が弱くなってしまいます。また、腎臓の負担にもなります。

そのため、特に腎臓に問題がある犬にさきいかを与えてしまうと腎臓の状態を悪化させてしまうかもしれません。

さきいかを食べたときの症状

さきいかを食べすぎて良くない影響が出ているときには、食欲が低下したり、下痢が起こったり、犬の元気がなくなったりします。

さきいかを食べた後にこれらの症状があらわれた場合には、さきいかを食べたことが原因かもしれません。

さきいかを食べたときの対処法

さきいかを食べてしまった場合、少量であれば様子を見て嘔吐や食欲低下などの症状が出ないか経過観察をしましょう。特に問題がなければ動物病院へ行く必要はありません。

しかし、犬がさきいかを大量に食べてしまったり、食べた量がわからなかったりした場合には、動物病院で診てもらいましょう。そのときに食べてしまった状況や量などを説明できると診察がスムーズに行われると思います。

もし犬にさきいかを与えるなら

さきいかはできれば犬に与えてほしくない食べ物ですが、どうしても与えたいという人もいるかもしれません。特に愛犬にうるうるとした目でおねだりされてしまうと、与えたいと考えてしまうのも仕方がないと思います。

愛犬にどうしてもさきいかを与えたいという場合、与え方を工夫しましょう。さきいかの良くない点を改善してあげればいいのです。消化に悪い点とリンが多い点はどうにもなりませんが、塩分過多と胃での膨張については対策を行うことができます。

まず、塩分過多についてですが、これはあらかじめ水でさきいかを戻してあげることで解決しましょう。水で戻してあげることで水中に塩が溶け出し、塩分を減らすことができます。そして、戻してあげることで胃の中での膨張もある程度防ぐことができます。

また、こうして水で戻したさきいかを細かくちぎって与えてあげましょう。そうすれば胃の中で詰まることもなくなります。

ただ、このように対策を施して与えたとしても、消化に悪いことに変わりはありません。与えすぎには注意が必要です。

ドッグフードの達人
さきいかは胃の中で膨張し、塩分も多いので注意が必要です。
スポンサードリンク