病気のサインかも?犬が水を飲み過ぎる原因と対策

ドッグフードのコラム

散歩に行った後や運動した直後の犬は、喉が渇いているので水をよく飲みます。このような場合は全く問題ないのですが、運動もしていないのに水をガブガブ飲み過ぎる場合は犬が病気にかかっている可能性もあります。

そこで今回は「犬が水を飲み過ぎる原因と対策」についてまとめてみました。犬の異変に気付く時の参考にどうぞ!

犬が水をたくさん飲む原因


犬が水を飲みすぎる時には、以下のような5つの原因が考えられます。それぞれ見ていきましょう。

①気温・湿度が高い

気温が高くなって体の中に熱がたまると、犬はパンティングという舌を出してハアハアと息をする動作をして熱を逃します。パンティングには多くの水分が必要なので、気温が高い時には体内の水分量が大きく減ります。すると、水をよく飲むようになります。

特に夏や散歩の時間が長かった時には水を飲む量が多くなるでしょう。

②フードの変化

缶詰などのウェットフードからドライフードに食事を変えると水をよく飲むようになります。なぜなら、ドライフードに含まれる水分はウェットフードと比べてとても少ないからです。

また、おやつの中には塩分量の多いものがたくさんありますが、塩分量の多い食事を食べていると水を飲む量が増加します。なぜなら、塩分量の多い食事を食べていると血液中のナトリウム濃度が高くなり、この濃度を正常に戻すために水を飲みたくなるからです。

③精神的な原因

犬は緊張を紛らわしたり、飼い主の気を引いたりするために水を飲むことがあります。特にストレスがたまっていると水を飲む量が増加しがちなので、できるだけストレスがたまらないような環境づくりが大切です。

留守番が長かったり、近所で工事があったり、引っ越しをしたりしてストレス源がある場合には精神的な原因で水をたくさん飲むようにるでしょう。

④薬の作用

薬の中には尿の量を増やすものもあります。たとえば、アトピーのかゆみ止めに使用されるステロイド剤や心不全の治療に使用される利尿剤などは尿の量を増加させます。

薬の作用により水を飲みすぎていて不安な場合には獣医師に相談したほうがいいでしょう。

⑤病気

病気の中には尿の量が増えて、結果的に水を飲む量が増えるものが多くあります。それぞれ見ていきましょう。

慢性腎臓病

慢性腎臓病は腎臓の機能が低下してしまう病気です。腎臓は血液中の老廃物を回収して尿として体外に排出する働きがあるのですが、慢性腎臓病により腎臓の機能が低下してしまうと尿を濃縮して老廃物を排出する能力が低くなってしまいます。

すると、薄い尿をたくさん作るようになってしまい、体内の老廃物を排出するのに多くの水分が必要になってしまいます。水分が多く排出されると体内の水分量が減るため、水を飲む量が増えるのです。

腎臓は一度壊れると二度と再生することができないので、残っている腎臓の組織を保護するためすぐ病院へ連れて行って治療してもらう必要があります。

もし放置してしまうと腎臓が機能しなくなってしまい、老廃物を排出することができなくなって最終的には命を落とすことになってしまいます。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは、子宮に細菌が入って増殖し、子宮の中に炎症を起こす病気です。避妊手術をしていない女の子の犬に多い病気です。子宮蓄膿症では細菌が出す毒素により腎臓がダメージを受けるため、腎機能が低下して尿の量が増えます。

毒素が血液を伝って全身に回ってしまうと死に至る可能性があるので生理後1~2ヶ月で水を飲む量が増えた場合には、すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

糖尿病

糖尿病は血液中のブドウ糖の量を調整するインスリンというホルモンがうまく分泌できなくなったり、うまく作用できなくなったりして血液中のブドウ糖濃度が常に高くなってしまう病気です。中年以降の犬や肥満犬に多い病気です。

犬が糖尿病になってしまうと血液中のブドウ糖の量が多くなるため、腎臓は過剰なブドウ糖を尿として体外に排出しようとします。すると、いつもより尿が多くなって、水を飲む量が増えるのです。

糖尿病を放置すると細胞が壊死したり、急性膵炎など命に関わる病気になったりして危険です。糖尿病が疑われる場合には、すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

クッシング症候群

クッシング症候群とは、コルチゾールというホルモンが大量に分泌されるようになってしまう病気です。コルチゾールにはさまざまな働きがありますが、その働きのひとつは血液中のブドウ糖の量を調整することです。

コルチゾールは血液中のブドウ糖が少なくなると筋肉や脂肪を分解してブドウ糖に変えます。クッシング症候群でコルチゾールが大量に分泌されるようになってしまうとブドウ糖が血液中にあふれてしまいます。

すると、やはり腎臓は余分なブドウ糖を尿として体外に排出しようとするため尿へ増え、水を飲む量は増えます。

クッシング症候群は放置するとさまざまな病気を引き起こすため、すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

尿崩症(にょうほうしょう)

尿崩症とは、抗利尿ホルモンというホルモンが分泌されなかったり、腎臓に障害があってホルモンの働きが悪くなったりして腎臓から水分が再吸収されなくなってしまい、尿が異常に多くなってしまう病気です。

尿の量が増えるので、水を飲む量が増えるのです。

その他病気

その他にも、下痢や嘔吐がある時、発熱がある時、感染症、肝不全などでも水を飲む量が増える場合があります。

犬が水を飲みすぎる時の対策

前準備:飲んだ水の量を記録する

犬が飲む水の量に適量はありませんが、最低限飲むべき量には目安があります。それは以下の計算式で算出することができます。

最低限飲むべき水の量(ml) = 体重(kg)×10~12ml

たとえば、体重が5kgの犬の場合には、最低限飲むべき量は50~60ml程度になります。この最低量に加えて100ml以上多く飲んでいる場合、それは飲みすぎです。ちなみに、犬がどれだけ水を飲んでいるかは簡単に測ることができます。

まず、朝水を飲む容器に水を入れた後、はかりで重さを測り、重さを記録しておきます。1日の終わりにまた重さを測り、差を出します。なお、水は1gで1mlです。

たとえば、朝容器に水を入れた後の重さが500gで、1日の最後に400gになっていた場合、犬が1日で飲んだ水は100ml程度ということになります。

 

ただ、犬は水を飲むのが得意ではなく、水をはね飛ばしながら飲みます。そのため、水がこぼれることが多く、測った量は実際に飲んだ量より少し多めと考えたほうがいいでしょう。多頭飼いの場合は記録はさらに難しくなります。

動物病院へ行く

明らかに飲む量が増えた場合だけでなく、なんとなく気になる場合も獣医師に相談したり、病院へ連れて行ってあげたりしたほうが無難です。

病院では体のどこに異常があるのか把握するため、血液検査を行うことが多いでしょう。補助的に尿検査を行うこともあります。尿検査では慢性腎不全などを見抜くことができます。

ちなみに、水を飲みすぎているからといって、与える水の量を制限するのはよくありません。これをしてしまうと体内の水分量が減って脱水症状になってしまう可能性があります。

まとめ

犬が水を飲みすぎる場合には、以下のような原因が考えられます。

  • 気温・湿度が高い
  • フードの変化
  • 精神的な原因
  • 薬の作用
  • 病気

どの原因の時にも、獣医師に相談するのがおすすめです。与える水の量は制限しないようにしましょう。

スポンサードリンク

\ SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう! /

\ドッグフード選びに迷ったら? /



どのドッグフードが良いか迷った時は?

ドッグフードの達人が太鼓判を押すドッグフードです。手っ取り早くおすすめのドッグフードを知りたい飼い主さんはこちら。

品質でドッグフードを選ぶなら?

当サイト独自の評価基準でドッグフードをSランク〜Eランクにランク分けしています。安全で高品質なドッグフードが知りたい飼い主さんはこちら。

愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

目的別でおすすめのドッグフードです。愛犬に合ったドッグフードを詳しく知りたい飼い主さんはこちら。