ドッグフードの原材料「にんじん」についての全知識

ドッグフードの原材料/成分

愛犬ににんじんを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。

にんじんはドッグフードに配合されていることもある原料です。また、にんじんが好きな犬も多いので、与えたいが本当に大丈夫なのかと心配になっているという人も多いと思います。

そこで、この記事では「犬ににんじんを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

適量ならいい食物繊維源

にんじんは適量ならばいい食物繊維源です。食物繊維には腸内環境を整える作用があります。

また、にんじんには水分が多く含まれているので、水分補給にも役立ちます。

にんじんの栄養成分


にんじんに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 89.7g
炭水化物 8.7g
食物繊維 2.4g
カリウム 270㎎
βカロテン 6700μg
ビタミンA 690μg
ビタミンC 6㎎
ビタミンK 18μg

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀水分

にんじんの約90%は水分でできています。そのため、にんじんを食べると、水分補給にもつながります。

➁食物繊維

食物繊維には腸内環境を整える作用があります。具体的には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌や毒素を排出してくれます。

➂カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。高血圧を予防したり、筋肉の活動を正常にしたりする効果が期待されています。

➃ビタミンA

ビタミンAとはレチノール、レチナール、レチノイン酸の総称です。このうち、ビタミンAの主要な成分であるレチノールには目や皮ふの粘膜を健康に保ったり、細菌などに対する抵抗力を高めたりする働きがあります。また、薄暗いところで視力を保つ働きもあります。

➄βカロテン

βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。そして、抗酸化作用や免疫力を上昇させる効果があります。また、ビタミンAとして発育を促進したり、粘膜に働いて細菌から体を守るなど、たくさんの重要な役割を持っています。

にんじんの効果効能

にんじんには水分が多く含まれているので水分補給にも役立ちますし、食物繊維による整腸効果もあります。

そして、にんじんを固いまま食べさせた場合、歯磨きの効果もあります。ただ、後述しますが、にんじんを固い生のまま食べさせることはあまりおすすめできません。

にんじんの注意点

このように、いい点もあるにんじんですが、注意点もあります。それぞれ見ていきましょう。

生のにんじんに注意!

犬に生のにんじんを与えることはおすすめできません。なぜなら、生のにんじんにはビタミンCを壊す酵素があるからです。また、生のにんじんは繊維質で消化に良くありません。

犬は食べ物を丸のみにしてしまうことも多いため、生のまま与えるとのどに詰まってしまうこともあるかもしれません。

あげすぎに注意!

にんじんは犬に良い影響を与える食べ物ですが、あげすぎは禁物です。カリウムのとりすぎにより、高カリウム血症になってしまうかもしれません。高カリウム血症になってしまうと、吐き気や不整脈など、犬に重篤な悪影響を及ぼしてしまいます。

また、植物の食物繊維は犬にとって消化しにくいものなので、大量にとってしまうと下痢になったり、逆に便秘になってしまうかもしれません。

人間が食べる料理に入っているにんじんに注意!

人間が食べる料理にはよくにんじんが入っていることがよくありますよね。これを犬が欲しがることがあるかもしれません。しかし、人間用に調理された料理を犬に食べさせるのは危険です。人間用の食事を犬が食べると塩分が過剰になってしまうからです。

また、煮込み料理の場合、たまねぎやねぎなど、犬にとって危険な食材が含まれている場合もあります。

アレルギーに注意!

地球上にあるあらゆるものはアレルゲンになる可能性がありますが、にんじんも例外ではありません。愛犬にアレルギー反応と思われる症状が出た場合には、にんじんアレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

にんじんの与え方

先ほども述べた通り、犬は食べ物をあまりかまず、丸のみしてしまうこともあります。そのため、にんじんはかたまりのまま与えず、小さくするか薄くスライスして与えるといいでしょう。

また、すりおろして与えるのもおすすめです。すりおろすと酵素が活性化し、消化にもよくなるからです。

ちなみに、にんじんの葉っぱは犬に与えても大丈夫です。また、皮も与えて大丈夫です。ただ、皮には農薬がついていることもあるため、きちんと洗ってから与えるべきでしょう。

加工食品

にんじんジュース

にんじん100%のにんじんジュースなら与えても問題ありません。

ただ、にんじん100%のものであってもたくさん与えると腹を壊してしまいます。そのため、与えるときにはなめさせる程度にするか、水で薄めて与えるべきでしょう。

にんじんチップス

にんじんチップスは、にんじんだけを焼いたり乾燥させたりしたものは食べさせても問題ありません。

しかし、塩や砂糖などで味付けを行っているものは犬に与えるべきでありません。

ドッグフードの達人
にんじんは適量ならば犬に与えても大丈夫な野菜です。
スポンサードリンク