『テイストオブザワイルド』の解析|成分や原材料・口コミ評判など

今回の解析は、アメリカ産のグレインフリードッグフード『テイストオブザワイルド』です。
主原料(バイソン、ラム、サーモン、牛肉など)や犬の年齢に合わせて、多くのラインナップを揃えています。

今回はその中から、サーモンを主原料とする「パシフィックストリーム」について、詳しく分析していきます。

スポンサードリンク

テイストオブザワイルド パシフィックストリームの解析

注目ポイント
  1. グレインフリーなのに安い
  2. 豊富なラインナップ
  3. アメリカでは認知度のあるドッグフード

総合評価3.2点

フードランク Cランク(★3以上)
評価詳細 原材料:★★★★☆
安全性:★★★★☆
効果 :★★★★☆
コスパ:★★★☆☆
便利度:★☆☆☆☆
参考価格 13.6kg/7,940円(税込)
1kgあたり 約584円
カロリー 360kcal/100g
メイン食材 サーモン
原産国 アメリカ
酸化防止剤 -(不明)
着色料・保存料 ◎(不使用)
穀物 ◎(グレインフリー)
対応年齢 成犬用
賞味期限 不明
販売元 並行輸入品のみ購入可能
最安値 Amazon Rakuten

総評:安全性が担保されるまでは様子見が賢明か。

テイストオブザワイルドパシフィックストリームは、主原料にサーモンを使用し、犬に必要な栄養素である動物性たんぱく質を摂取できるドッグフードです。グレインフリーのため、穀物アレルギーをもつワンちゃんにも安心して与えることができるでしょう。

生産元のアメリカでは販売店舗も多く、通販サイトでの取引も活発に行われていますが、日本ではまだ正規代理店はなく、並行輸入品のみ購入可能です。そのため、公式サイトも現地版(英語)のみです。

並行輸入品のメリットとして、日本未発売の商品が安く買えることが挙げられますが、もし万が一の場合、メーカーのアフターフォローが受けられないことがあるため、注意が必要です。

具体的には、「不良品による返品・交換ができない」「賞味期限が短い」「問合せ窓口がない」等が考えられます。

原材料や現地での評判を見る限り、安心できそうなドッグフードで、なおかつ価格もリーズナブルで魅力的ですが、流通経路や安全性を懸念される方は正規代理店ができるまでは様子見された方が無難です。

価格は、アメリカでは13.6kg50ドル程度(≒5400円)で購入できますが、日本での相場は約8,000円〜となっています。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

テイストオブザワイルドの原材料と成分

続いて、テイストオブザワイルド(パシフィックストリーム)の特徴を、より詳しくご紹介いたします。

原材料
サーモン、オーシャンフィッシュミール、さつまいもジャガイモエンドウ豆、キャノーラ油、ひよこ豆、サーモンミール、スモークサーモン、ポテトファイバー、天然香料、、塩化コリン、乾燥チコリー根、トマト、ブルーベリー、ラズベリー、ユッカシジゲラエキス、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵物、乾燥ビフィドバクテリウムアニマリス発酵物、乾燥ラクトバチルスロイテリ発酵物、ビタミンE、鉄タンパク質化合物、亜鉛タンパク質化合物、銅タンパク質化合物、硫酸鉄(II)、硫酸亜鉛、硫酸銅、沃化カリウム、チアミン硝酸塩、マンガンタンパク質化合物、マンガン(II)酸化物、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、ナイアシン、カルシウムパントテン酸塩、硫酸マンガン、ナトリウム亜セレン酸、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、リボフラビン、ビタミンD、葉酸
成分
粗タンパク質:25%以上
粗脂肪:15%以上
粗繊維:3%以下
水分:10%以下
亜鉛:150mg/kg以上
オメガ6脂肪酸:2.4%以上
オメガ3脂肪酸:0.3%以上

主原料:サーモン

サーモンは脂質構成やアミノ酸バランスが良く、また消化吸収も良いので獣肉にアレルギーがある犬でも安心できます。

さつまいも

穀物に代わる炭水化物源として注目の食材。小麦やとうもろこしに比べアレルゲンになりにくく、消化吸収にも優れています。腹持ちも良いため、愛犬が長時間、空腹を感じずにいられます。

ひよこ豆

日本では「ひよこ豆」として知られています。タンパク源になるほか、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど豊富な栄養素を含む食材として近年注目を浴びています。

ひよこ豆の食物繊維には血中脂肪をコントロールする効果があり、腸内の有害物質や糖質の吸収を防ぎ、体外への排泄を促す作用があります。

じゃがいも

きちんと処理されていれば問題ないですが、じゃがいもの芽や茎にはソラニンと呼ばれる毒性があり、与える際には注意が必要です。また、緑色の皮の部分も要注意。一度に大量摂取すると嘔吐する可能性があります。

エンドウ豆

植物性タンパク質やビタミン・ミネラルを豊富に含む食材だが、まれにアレルギーや消化不良を起こす可能性がある。

犬の塩分摂取量は人間の3割以下が目安です。塩分が多い食事を続けると、心臓や腎臓に悪影響を及ぼす可能性があるため、なるべく摂取しないことが望ましいです。

『ドッグフードの達人』からひとこと
ドッグフードの達人
1kgあたり1000円以下のドッグフードにも関わらず、主原料にサーモンを使い、野菜やフルーツも配合されたフードとなっています。

原材料の詳細に関する記述が見つけられなかったため、原材料の産地や品質、状態などは不明ですが、1kg1000円以下でこの内容のドッグフードは中々見つけられないため、「愛犬には良いものを与えたいけど、そこまでお金をかけられない」という飼い主さんには重宝しそうです。

スポンサードリンク

テイストオブザワイルドの口コミ評判

実際にテイストオブザワイルドを使った人の口コミ情報を集めました。

食いつきがよく、体調も良好
ワガママで。フードが大嫌いなうちの子もこのフードだけは食べてくれます。
毛艶も綺麗で、体調も良いです。

コスパがいい!
友人に勧められて以来、フードのローテーションのひとつです。
食い付きも良く、うんちの状態も安定している上に
コスパがいいので大変気に入っています

お腹の調子がよくなった
とても食いつきが良く気に入ってます。
お腹の調子も良くなりました

悪い口コミ評判

会社が信用できない
多くの犬をサルモネラで苦しめリコールされた会社ですよね?
私は良いとは思いません。

英語が読めない
アメリカ製のドッグフード、テイストオブザワイルドを初めて購入してみましたが、与える分量が英語表記のため、よくわかりません。

交換できなかった
品切れになったりすることが多いので通年で与えにくくなります。
今回はパッケージに穴が開いていました。
箱を開けたのが10日以上経ってしまったので交換もしてもらいませんでした。

『ドッグフードの達人』の見解

ドッグフードの達人
テイストオブザワイルドを実際に使った人の口コミは「体調が良くなった」「コスパが良い」と高評価の声が上がる一方で、「給餌量が分からない」「不良品でも交換できない」と予期せぬトラブルに巻き込まれている方もいるようです。

以前にリコール問題があった会社ということも踏まえて、購入する際は慎重に行動した方が良さそうです。

まとめ:安くて魅力的!でも、ちょっと怖い…

テイストオブザワイルドは、価格の割に品質が良く、ラインナップも豊富で魅力的なドッグフードですが、日本では正規代理店がなく、会社としての信用がないなどの懸念要素もあります。

「愛犬には良いものを与えたいけど、そこまでお金はかけられない」

という飼い主さんにとってはぴったりのドッグフードと言えそうですが、今のところ万が一の場合も自己責任となるため、個人的には正規の販売店ができるまで待った方が賢明かと思います。


Amazonこちらで販売中 Rakutenこちらで販売中

 

ドッグフードの達人

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。