犬用フード『ジウィピーク(ベニソン)』を解析!口コミ評判も

天然の新鮮な生肉からできたドッグフード『ZiwiPeak(ジウィピーク)』について調べてみました。ドッグフード選びの参考にどうぞ!

■今回の参考商品:ジウィピーク『エアドライ・ドッグフード』ベニソン

 

スポンサードリンク

ジウィピークとは?

スクリーンショット 2015-11-07 16.25.18
[出典:http://ziwipeak-jp.com/]

参考価格
7435円(1kg)※Amazon参考
1kgあたりの価格 約7,435円
生産国 ニュージーランド
酸化防止剤 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ◎(グレインフリー)

ジウィピークはニュージーランド生まれのドッグフードで、新鮮な生肉をたっぷり贅沢に使用しています。

ジウィピークのドッグフードは『エアドライ・ドッグフード』と呼ばれ、「ベニソン」「ラム」「ビーフ」「ベニソン&フィッシュ」と好みのお肉を選ぶことができます。

ドッグフード中の肉類がなんと 90% 以上ということもあり、1kgあたりの価格はびっくりするほど高いです。

1食100g と考えても、1回あたり700円以上も食費がかかる計算となり、毎日与えることは現実的にかなり難しそうです。

 

スポンサードリンク

ジウィピークの成分と原材料

続いて、ジウィピーク(ベニソン)の成分と原材料を詳しくみていきましょう。
スクリーンショット 2015-11-07 16.25.46
[出典:http://ziwipeak-jp.com/]

評価Cランク

先述の通り、ジウィピークには新鮮なお肉がたっぷり(90%以上)含まれており、犬に必要な栄養素である「動物性たんぱく質」を豊富に摂取することができます。

また、ジウィピークには犬に危険な添加物や原材料は一切含まれていないため、アレルギーの心配もなく安心して与えることができそうです。

豊富な栄養を必要とする成長期の「子犬(パピー)」には特にぴったりのフードと言えます。その分、カロリーが高めに設定されているため(474kcal/100g)、与えすぎによる肥満には注意が必要です。

ジウィピークはご覧の通り、品質には何一つ問題のないドッグフードなのですが…価格があまりにも高すぎるため、今回は「Cランク」とさせて頂きました。

ジウィピークの口コミ/評判

それでは最後に、実際にジウィピーク(ベニソン)を使った飼い主さんの口コミ評判を紹介します。みんなの声を参考に、ジウィピークのドッグフードを客観的に見る時の参考にしてみてください。

うちのトイプードルは偏食で色々なフードを試しましたが食いつきが違います。高価ではありますがその価値アリです。

お腹の弱いワンコのオヤツとして購入しました。ドッグフードですが、小さくカットされていて、エアドライ製法のドッグなのでオヤツとしても十分だと思います。

ちょっとお値段は高いですが、ご馳走で、食欲のないワンコも大喜びの一品です。

食の落ちたトイプードル用に購入しました。とてもよく食べてくれて安心しました。また購入したいと思います。お値段高めなので星ひとつ減らさせていただきました。

お座りして自らお手までしているチワワのうちの子、ジャーキーくらいおいしいようです。価格が高いので、トッピングやおやつになると思います。

エア・ドライフードは3倍量の生肉に相当するそうなのでいずれ被毛や関節や消化不良に改善が見られるのではと期待しています。

手で触れるとべたつきジャーキーより風にあてた佃煮といった印象です。

数か月経ち慣れてもよさそうなものですが未だあまり食べません。一片が大きいので半分或いは1/4くらいに小さくして与えています。

気になるほどの匂いはなく使いやすいフードのように思います。閉じたつもりの封が開いてしまっていることが何度かあり保存には注意が要ります。

ジウィピーク(ベニソン)を使ったみんなの感想は、高評価のものがほとんどであるものの、やはり「お値段が高い…」との声が多く見受けられました。

ジウィピークを購入した飼い主さんの中には、毎日のごはんとしてではなく、トッピングやおやつ用に使用している方も多いようです。

食いつきは抜群に良さそうなので、ご褒美のおやつ等のように少しずつ与えるスタイルで使う方が現実的であると言えそうですね。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。