犬に「ズッキーニ」を与えるときの全知識|栄養成分や効果効能など

ドッグフードの原材料と成分

愛犬にズッキーニを与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。

ドッグフードに含まれていることはまれですが、人間の食卓にはのぼることがありますよね。犬に食べさせてもいいのか疑問に思っている人も多いと思います。

そこで、この記事では「犬にズッキーニを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

ちなみに、ズッキーニはキュウリと似たような形をしていますが、実はかぼちゃの仲間です。意外ですね。

ズッキーニの効果効能

ズッキーニにはカリウム、βカロテン、ビタミンCなどの栄養素が含まれています。

そして、水分補給としても適してます。

また、ズッキーニは食糞防止食材としても知られています。なぜなら、ズッキーニを食べると、ふんの中に犬が嫌う味が含まれるようになるからです。

ただ、これは確実な効果というわけではありません。

ズッキーニの栄養成分


ズッキーニに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

成分名 成分量(100gあたり)
水分 94.9g
カリウム 320㎎
βカロテン 310μg
ビタミンC 20㎎
食物繊維 1.3g

[出典:食品成分データベース(文部科学省)]

➀水分

ズッキーニの約95%は水分で構成されています。そのため、ズッキーニを食べると、犬にとっていい水分補給になることでしょう。

➁カリウム

カリウムは体内で水分の調整を行っています。体内で増えすぎたナトリウムの排泄を促す働きもあります。また、心臓や筋肉の働きを調節したりする役割も持っています。

➂βカロテン

βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。そして、抗酸化作用や免疫力を上昇させる効果があります。また、ビタミンAとして発育を促進したり、粘膜に働いて細菌から体を守るなど、たくさんの重要な役割を持っています。

➃ビタミンC

コラーゲンの合成を助け、皮ふや毛並みを整えてくれます。また、ストレス解消や免疫力の強化などにも有効です。

ズッキーニの注意点

与えすぎに注意!

ズッキーニには食物繊維が多く含まれています。そのため、ズッキーニは食べすぎると下痢や便秘の原因になることがあります。

ズッキーニの与え方

ズッキーニは生でも食べられますし、火を通して食べることもできます。

まず、生で食べる場合には、消化に良くなるので、すりおろして与えるといいでしょう。

また、火を通す場合には、とてもやわらかくなるので、すりおろす必要はなく、カットすれば大丈夫です。

ちなみに、与える量の目安は犬の体重×0.17gです。

ドッグフードの達人
ズッキーニには多くの栄養素が含まれていますが、与えすぎには注意が必要です。
スポンサードリンク