オーガニックドッグフード『PIYO』を解析!口コミ評判も

有機原材料(オーガニック)を99%使用しているドッグフード『PIYO』について調べてみました。ドッグフード選びの参考にどうぞ。

■今回の参考商品:『PIYO』メンテナンス

 

スポンサードリンク

『PIYO』とは?

piyo
[出典:http://shiehishii.haru.gs/]

参考価格
2499円(500g)※公式サイト参考
1kgあたりの価格 約4998円
生産国 日本
酸化防止剤 ◎(天然成分)
着色料 ◎(未使用)
穀物 ×小麦とうもろこし

PIYOは、国産オーガニック原材料をたっぷり99%も使用したドッグフードです。

  • パピー
  • メンテナンス
  • ベジタリアン

の3種類があり、その全てにおいてオーガニック99%を満たしています。犬に危険な酸化防止剤や着色料も一切使用していません。

ただ、オーガニックを99%も使用しているだけあって、1kgあたりの価格はびっくりする程高いです。1回に与える量を100gとすると、1食あたり500円もかかる計算になります。(下手すると、私たち人間の食事より高くつきます…

「愛犬には良いものを与えたい!」と考えている飼い主さんでも、1kg約5000円の価格は現実的ではなく、継続的な使用は難しいのかもしれません。

 

スポンサードリンク

『PIYO』の成分と原材料

続いて、PIYO(メンテナンス)の成分と原材料を詳しくみていきましょう。(【オーガニック原材料】は赤文字で記載)

原材料鶏肉鶏肉ミンチ肝臓心臓砂肝)・全粒小麦とうもろこしひまわりの種・ローズマリー抽出物

スクリーンショット 2015-10-26 午後2.37.10
[出典:http://shiehishii.haru.gs/]

評価Cランク

PIYOはご覧の通り、酸化防止剤であるローズマリー抽出物以外は、全てオーガニック原材料が使用されています。オーガニック原材料は政府に認定されないと「オーガニック」と表記できないため、品質は確かです。

ただ、使用しているオーガニック原材料に、「小麦」と「とうもろこし」が含まれています。穀物は犬が苦手とする原材料として有名ですが、「小麦」と「とうもろこし」は犬がアレルギーを起こしやすい食材でもあるため特に注意が必要です。

卵アレルギーの人がどんなに良い卵を食べてもアレルギーを発症するのと同じように、品質はオーガニックで安心できても、それがワンちゃんに合うかどうかはまた別の話です。

「オーガニックだから100%安心!」と安易に捉えるのではなく、「オーガニック原料は愛犬に合っているか?」と様子を見ながら与えると良いでしょう。

『PIYO』の口コミ/評判

それでは最後に、実際にPIYOを使った飼い主さんの口コミ評判を紹介していきます。

犬の管理栄養士さんオススメのオーガニックのドックフードで、我が家のトイプードルは健康ですくすく育ってます。特にパピーの時期は、栄養のあるしっかりしたドックフードが良いと言う事で、こちらのドックフードはオススメです。

PIYOのドッグフードは2015年11月現在、ネットショップでの取り扱いはなく公式サイトでのみ購入が可能となっているせいか、十分な数の口コミを見つけることができませんでした。

PIYOは穀物アレルギーにさえ気をつければ安心して与えることのできるドッグフードと言えそうですが…やはり価格が価格なので、愛用している飼い主さんは少ないようです。

ドッグフードの達人

 

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です