『ドギーマン』ドッグフードの評判まとめ/原材料は安全か?

犬用ジャーキーで有名なドッグフードメーカー『DoggyMan(ドギーマン)』から販売されている商品の成分と原材料を徹底的に分析し、評価してみました。

合わせて、ドギーマンのジャーキーを購入したみんなの口コミや評判を紹介し、客観的な観点からもドギーマンを分析したいと思います。

「ドギーマンのジャーキーが気になっている」「ドギーマンのジャーキーって結局のところどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

DoggyMan(ドギーマン)とは?

ドギーマンは大阪に本社を置く会社で、ペットフードの製造や販売を行っています。特にワンちゃんのおやつである「ジャーキー」の種類を豊富に取り揃えており、ドラッグストアやホームセンターには必ずと言っていいほど陳列されています。

人気商品に「紗(さや)」や「ヘルシージャーキー」などがあります。安価で買えるため、愛用している飼い主さんも多くいるようです。

スクリーンショット 2015-08-06 午後6.14.58スクリーンショット 2015-08-06 午後6.18.44
[出典:amazon.co.jp]

スポンサードリンク

DoggyMan(ドギーマン)の成分/原材料

それでは早速、ドギーマンのジャーキーの成分と原材料を詳しくみていきましょう。今回は、ドギーマンの看板商品である『紗(さや)』を例に、その成分/原材料を見ていきたいと思います。(【好ましくない原材料】は赤文字で記載)

原材料:鶏肉(胸肉、ササミ)、コーンスターチ、ソルビトール、グリセリン、pH調整剤、
プロピレングリコール、ミネラル類(ナトリウム)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)、調味料、食用色素(赤102黄5)

成分:粗たん白質 20.0%以上 粗脂肪 10.0%以上 粗繊維 1.0%以下 粗灰分 4.0%以下
水分 30.0%以下

[出典:www.doggyman.com]

評価Eランク

ドギーマンの看板商品である『紗(さや)』は残念ながら、犬に危険とされている添加物が多く使用されています。

防カビ剤であるプロピレングリコールは、過剰摂取するとアレルギー反応が出るなどの恐れがあります。

人工甘味料であるソルビトールは、大量摂取した人間の女性が亡くなっているケースもあり、日本でも食品添加物に指定されています。人間でさえも死亡するケースもあるのですから、ワンちゃんへの影響は計り知れません。

赤色102号や黄色5号などの着色料も発ガン性物質を発生させる恐れがあり危険です。ワンちゃんの健康を考えるのであれば、このような添加物が含まれたドッグフードは避けた方が無難でしょう。

【参考:【完全保存版】ドッグフードに入っている危険な添加物まとめ

ここまで危険な添加物が多く含まれていると、他の原材料も「大丈夫?」と不安になってきます。公式サイトでは、『紗(さや)』はドギーマンが自信を持っておすすめする商品として紹介されていますが…個人的に購入することはないと思います。

DoggyMan(ドギーマン)の口コミ/評判

それでは、実際にドギーマンのジャーキーを購入した飼い主さんの口コミや評判を紹介します。みんなの声を参考に、ドギーマンのジャーキーを客観的に見る時の参考にしてみてください。

ご飯の後の歯磨き感覚で与えてます。棒が残ってアチコチに転がってますが…ゴキゲンになりスヤスヤお昼寝の顔を見たら笑顔。

喜んで食べてます。ジャーキー欲しさにしつけが出来てます^^

うちのわんこの好物です。

ペットが喜んで食べます。国産だから安心です。

大きさ柔らかさもちょうど良く喜んで良く食べます。

おやつはたまにあげる程度だったのですが、先日犬を膀胱炎にさせてしまい…エコーだけで尿検査はしていないのですがおやつ(ドギーマン)が原因との事でした。

産地不明の材料を使った国産と無添加の中国産…どちらがいいのでしょうね?ささみ巻きガムで原材料を含め全て国産ってなかなか見つかりません。2匹の愛犬は大好きなのですぐになくなってしまいます。

メーカーのHPには材料内訳すら書かれていません。書きたくない事情があると考えるのが妥当かな?

やはり中国産だとだめですね…大丈夫なわんちゃんにはコスパもいいと思いますが…

まさかの中国産‥。そして、数本あげた後に気が付いたのですが、ガムの部分にゴミが織り込まれていました。黒い点状のゴミや糸くずのホコリが‥。驚愕。やはり中国産は例えメーカー品でも所詮中国産なんだなと。今回はたまたま不注意で中国産を買ってしまいましたが、ドギーマンの食品は今後購入する事はないでしょう‥。

人工甘味料が入っているおかげか、ワンちゃんの食いつきがよく満足している飼い主さんもいますが…中には体調が悪くなったワンちゃんもいるようです。

また、「国産 = 安心」と認識している飼い主さんも見受けられますが…ドッグフード業界では決して「国産 = 安心」とは限りません。これまで多くのドッグフードの中身を解析してきた経験上、個人的には外国産のドッグフードの方が安心できる割合は高いと感じています。

ドッグフードを選ぶ際には、原材料や成分などを自分の目でチェックする習慣をつけていきたいですね。

「市販のおやつはちょっと…」という方は、犬おやつの「手作り」もおすすめです。ジャーキーのようなものであれば、市販のおやつよりも安価で安心できるものが簡単に作れますよ。ぜひ試してみてください。

【参考:犬のおやつはやっぱり手作りが安心!簡単おすすめレシピ集

ドッグフードの達人

スポンサードリンク

ドッグフード選びに迷ったら?

 

Q1. どのドッグフードが良いか迷った時は?

管理人イチオシのドッグフードです。
手っ取り早く良いドッグフードが知りたい方はこちら。

 

Q2. 愛犬に合うドッグフードを詳しく知りたい時は?

ジャンル別のおすすめドッグフード。
愛犬に合ったフードを詳しく知りたい方はこちら。