犬に「フェンネル(ウイキョウ)」を与えるときの全知識

ドッグフードの原材料/成分

愛犬にフェンネル(ウイキョウ)を与えても大丈夫なのでしょうか? 答えはイエスです。

フェンネルはハーブとして使われることがあります。そして、ドッグフードに含まれていることもあります。

そこで、この記事では「犬にフェンネルを与えるときに必要な知識」について解説していきたいと思います。

そもそもフェンネルって何?

フェンネルという植物の名前は知っている人もいれば、知らなかったという人もいるのではないでしょうか。

さて、フェンネルはハーブの一種です。特に種子や若い葉っぱはハーブや香辛料として用いられます。

また、根に近い部分のかたまり状のくきは野菜として食べられます。

ちなみに、日本ではウイキョウと呼ばれ、生薬として利用されてきました。

フェンネルの効果効能

フェンネルには消化や吸収を助ける働きがあります。そのため、フェンネルは特に軟便にやりやすい犬に適してます。

フェンネルの栄養成分


フェンネルに含まれている主な栄養素は以下の通りです。

➀でんぷん

でんぷんとはブドウ糖がたくさんつながったものであり、植物に貯蓄されています。そして、でんぷんは犬にとって大切な炭水化物源です。

➁ビタミンA

ビタミンAとはレチノール、レチナール、レチノイン酸の総称です。このうち、ビタミンAの主要な成分であるレチノールには目や皮ふの粘膜を健康に保ったり、細菌などに対する抵抗力を高めたりする働きがあります。また、薄暗いところで視力を保つ働きもあります。

➂ビタミンC

コラーゲンの合成を助け、皮ふや毛並みを整えてくれます。また、ストレス解消や免疫力の強化などにも有効です。

そのほか

フェンネルには他にもエストラゴール、αピネン、テルピネン、ケイ酸、ビタミンB群などが含まれています。

フェンネルの注意点

与えすぎに注意!

フェンネルには興奮作用もあります。なので、与えすぎてしまうと犬が興奮しすぎてしまいます。

また、これはハーブ全体に言えることですが、1週間に5日以上与えないようにしましょう。これ以上与えてしまうと、フェンネルの薬効に犬の体が慣れすぎてしまい、フェンネルの効果が弱まってしまいます。

フェンネルの与え方

フェンネルはほかのハーブティーと同じように与えるといいでしょう。

具体的には人間用と同じようにハーブティーを作り、冷ましてから与えるといいでしょう。

そして、はじめは少量を与えるのがおすすめです。

ドッグフードの達人
フェンネルには消化や吸収を助ける働きがありますが、与えすぎには注意が必要です。
スポンサードリンク