犬のコラム

犬のおもちゃ人気おすすめランキング!20商品を徹底比較

犬 おもちゃ

※本ページにはPRが含まれます。

犬のおもちゃには、愛犬のストレス発散や飼い主とのコミュニケーションを取るといった役割があります。

また、犬のおもちゃは目的ごとによってさまざまな用途があり、材質や色や形などの種類はたくさん。

そのため、たくさんの中から選ぶのは難しいかと思います。

この記事では、犬のおもちゃの選び方や人気でおすすめな商品20品紹介します。

犬をおもちゃで遊ばせる際の注意点も解説していますので、買う前にぜひ参考にしてくださいね。

 

犬のおもちゃ人気おすすめ商品20選!

それではいよいよ用途別に犬のおもちゃの人気おすすめ商品を紹介します。

用途は以下の5種類です。

  • 噛む
  • 引っ張る
  • 投げる・転がす
  • おやつを入れる
  • いろいろな用途で使える

噛む

噛むおもちゃの人気おすすめ商品は以下の4つとなります。

Hartz デンタル ティーザー

Hartzのデンタル ティーザーは、遊びながらデンタルケアもできるおもちゃです。

小型犬にとっては、幅が広いおもちゃなので誤飲を防ぐことができるでしょう。

中型犬以上の場合は、飲み込んでしまわない大きさか確認する必要があります。

なお、ベーコンフレーバー付きなのでワンちゃんの食いつきもいいみたいです。

香りは約1年間持続。

たまごちゃん

たまごちゃんは、天然ラテックスで作られた卵型のおもちゃです。

ラテックス製なので丈夫で耐久性があります。

また、噛んだら音が鳴ることが特徴。

音が鳴ることで犬がやみつきになるみたいです。

サイズは小さいので、子犬や小型犬、中型犬向けのおもちゃとなります。

鹿の角 おもちゃ

その名の通り、本物の鹿の角を使ったおもちゃです。

北海道のエゾシカの角が使われていますが、そこまで高くないと思います。

野生の香りがして食いつきも良いとのこと。

噛むおもちゃは、消耗が激しいですが、鹿の角は硬くて丈夫なのでコスパが良いと評判です。

SUSWIM『犬ロープおもちゃ』

SUSWIMの犬ロープおもちゃは、ロープのおもちゃが5種類セットです。

5種類あるので、わんちゃんが飽きずに遊べるということと、消耗しても取り替えることができるというメリットがあります。

噛むことでワンちゃんの歯の汚れを落とすことも可能です。

引っ張る

続いては飼い主と一緒に引っ張りあって遊ぶ人気おすすめおもちゃを4つ紹介します。

ボンビアルコン『デンタルアニマル』

ボンビアルコンのデンタルアニマルは、ぬいぐるみのあみあみの部分をワンちゃんが噛んで遊ぶおもちゃです。

噛むことでデンタルケアの効果も期待できます。

また、ぬいぐるみ好きのワンちゃんが喜んで遊ぶことができるでしょう。

ドギーマン 毎日ハミガキコットン ループS

ドギーマンの毎日ハミガキコットンは、コットン糸を編み込んだおもちゃです。

ロープが輪っかになっており、ワンちゃんが引っ張って遊ぶことも可能。

ローブの網目が歯の根元まで食い込み、歯の汚れを落とすことにつながります。

コングスモールウァバ

コングスモールウァバは、布の中にボールと噛んだら音が鳴る笛が入っています。

ワンちゃんに布を噛ませて引っ張って遊ぶことが可能。

布の耐久性が高く繰り返し洗って使うことができるようです。

デンタルトーイ ロングロープ レインボー

デンタルトーイ ロングロープは、長めのロープのおもちゃです。

わんちゃんと引っ張り合いっこをして遊ぶことができるでしょう。

投げる・転がす

続いては定番の投げたり、転がしたりして遊ぶ人気おすすめおもちゃを4つ紹介します。

Alincoo『犬用ボール 音の出る犬用おもちゃ』

その名の通り、天然ゴムでできた音がなるボールです。

ラグビー型のボール1つと普通の丸いボールが2つがセットになっています。

また、SサイズとLサイズがあるためわんちゃんの大きさによって選べますね。

COLLAR『PULLER MINI(プラー ミニ)』

COLLARのPULLER MINI(プラー ミニ)は、ドッグトレーニング器具です。

投げてジャンピングキャッチさせたり、転がして取ってこさせたりして遊ぶことが可能。

また、水に浮くことも特徴となります。

ペット用ボール遊びシューター「CAUTBASH」

ペット用ボール遊びシューター「CAUTBASH」は、テニスボールをシューターにいれると自動的にボールが飛び出すおもちゃです。

そのため、犬だけでも遊ぶことができますね。

テディ犬デンタル玩具

テディ犬デンタル玩具は、犬用のフリスビーのおもちゃです。

投げて遊ぶことで犬の運動不足を解消できるでしょう。

また、水に浮かぶため、ビーチやプール等でも遊べます。

おやつを入れる

続いては、おやつを入れられるおもちゃを4つ紹介します。

倒れないエッグ 知育玩具 IQステップボール

倒れないエッグ 知育玩具 IQステップボールは、ワンちゃんが遊びながら餌を食べられるおもちゃです。

犬の早食い防止にもつながります。

知育玩具 訓練毛布

知育玩具 訓練毛布は、飼い主が隠したおやつを臭いで探し出すおもちゃです。

さまざまな形状の布におやつを隠せるようになっています。

室内で遊べるため、お外に行けない時のわんちゃんの運動不足の解消に役立つでしょう。

知育玩具 にんじん

知育玩具には、にんじん畑の構造のものもあります。

畑からにんじんを引っこ抜く愛犬の姿が可愛いと評判のおもちゃです。

猫犬おやつおもちゃ

猫犬おやつおもちゃは、転がすことで餌がでてくるおもちゃです。

犬の早食いを防止したり、ペットの脳の活性化につながるとされています。

いろいろな用途で使える

最後に、いろいろな用途で使える万能系のおもちゃを4つ紹介します。

パピーコング

パピーコングは、犬が噛んで遊んだり、投げて犬に取ってこさせたり、餌を中に入れたりして遊べるおもちゃです。

天然ゴム100%でできており、耐久性もGood。

いろいろな用途で使えるおすすめのおもちゃなので、一つは持っていても良いアイテムだと思います。

恐竜おもちゃ

恐竜おもちゃは、噛むと音が鳴るぬいぐるみのおもちゃです。

音が鳴るのでワンちゃんも飽きずにカミカミ。

愛犬のストレス発散や歯磨き効果にもつながります。

ぬいぐるみなので、投げたり、引っ張り合いっこをしたりなどのさまざまな遊び方ができるためおすすめです。

ウッディー・タフ・スティック

ウッディー・タフ・スティックは、木の枝の形をしたわんちゃんが噛んで遊ぶおもちゃです。

ワンちゃんが夢中でカミカミすると評判。

フェッチ! オリジナル

フェッチ! オリジナルも棒状のデンタルトイ。

棒状のおもちゃなので、投げて遊ぶことができますが室内では少し危険です。

投げて遊ぶ場合は、広い公園や芝生などで行いましょう。

犬のおもちゃの選び方とは?

犬とおもちゃ

犬のおもちゃを選ぶ際には、以下の4つのポイントで判断していただければと思います。

犬のおもちゃを選ぶときの基準
  • 遊び方
  • 素材
  • サイズ
  • 犬の性格

遊び方で選ぶ

犬のおもちゃには主に以下の4つのような用途となります。

  • 噛む
  • 引っ張る
  • 投げる・転がす
  • おやつを入れる

それぞれ解説していきます。

噛む

噛むおもちゃには、犬の顎を鍛えるものもあればデンタルケアできるものもあります。

噛むおもちゃを与えることで家具や人用の生活用品などを噛んでしまうのを防ぐことにもつながるでしょう。

また、飼い主が留守中に犬だけで遊ぶこともできますね。

なお、ゴムの素材で弾力性のあるものや、音が鳴るものなど種類はさまざまあります。

引っ張る

引っ張るタイプのおもちゃは、犬と飼い主が一緒に遊ぶためのものです。

一緒に遊ぶことでコミュニケーションを取ることができますね。

投げる・転がす

お外の広い場所や、家の中でも遊べる投げたり転がしたりするおもちゃは、犬の運動不足を解消できるでしょう。

ボールやフリスビーなどのおもちゃを投げて犬が取って帰ってくるという遊び方ができます。

なお、おもちゃを取って帰ってくるようになるまでは訓練が必要。

おやつを利用してしつけをすることでできるようになるでしょう。

おやつを入れる

犬用のおもちゃの中にはおやつを入れるものもあります。

おやつを中にいれる理由は、すぐに食べられないため犬が留守番中に一人遊びをしてくれることを期待できるからです。

また、おもちゃによっておやつを取り出せる難易度が違うため、色々と選ぶことができるでしょう。

素材で選ぶ

犬のおもちゃには、布製やプラスチック製、ゴム製のものなどがあります。

ゴム製は長持ちしてコスパがいいです。

丈夫で耐久性のあるおもちゃがおすすめですよ。

サイズで選ぶ

犬のサイズによっては口の大きさが違うため、間違って飲み込まないようにする大きさのももを選びましょう。

大きすぎてもワンちゃんが遊びにくいので、大きすぎず小さすぎないおもちゃを選ぶことがベター。

商品の説明にどのサイズの犬に適しているか記載されている場合があります。

犬の性格で選ぶ

犬によっておもちゃの好みはさまざまです。

愛犬におもちゃを与えて、気に入っているものがあれば同じような材質や形のものを選ぶといいでしょう。

色々とおもちゃを与えていく中で、ワンちゃんの好みを探ってみてくださいね。

犬のおもちゃを与えるメリット5つ

犬におもちゃを与えることで得られる効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

そこでここでは、犬用のおもちゃを与えるメリットについて詳しくご紹介します。

  1. 運動不足の解消につながる
  2. しつけやトレーニングになる
  3. おとなしくさせたいときに便利
  4. 歯磨きの代わりになる
  5. ストレス発散に効果的

➀運動不足の解消につながる

おもちゃで遊ぶメリットには、運動不足の解消につながるといったものが挙げられます。

犬の普段の運動といえば散歩ですが、ときには雨の日で外に出られなかったり、そもそも散歩に長く時間を取れないといったと飼い主もいるでしょう。

犬用のおもちゃがあれば、室内でも散歩と変わらない運動量をこなせるのでワンちゃんの健康につながります。

たとえ外に出られなくても、ボールやロープなどのおもちゃを使って室内で体を動かして遊んだり、おもちゃによって飛んだり跳ねたりして遊べば普段使わない筋肉を動かせるという効果も期待できます。

また、おもちゃで遊ぶことでよく体を動かせば体力も使うため、ワンちゃんも夜はぐっすり眠ることができるでしょう。

②しつけやトレーニングになる

おもちゃで遊べば、しつけやトレーニングになります。

犬は本来、「考えること」や「ほめられること」が大好きな動物。

転がしながらエサを取り出すタイプのおもちゃであれば、遊びながらでも頭を使うので犬にとって良い刺激となります。

また遊びに夢中になっているときの犬は、飼い主さんの声や動作にもしっかり集中することができます。

そのためおもちゃで遊んでいる時間の中で、「待て」や「おすわり」「おいで」などの言葉をかけながら、しつけやトレーニングをするのがおすすえmです。

また、このときに甘噛みをしてはいけないことや興奮しすぎてはいけないことを、一緒に体感で覚えさせることも効果的です。

③おとなしくさせたいときに便利

飼い主の手がどうしても離せないときや来客時、あるいは外出先など、ワンちゃんにどうしてもかまってあげられない時ってありますよね。

興奮してほしくない時や吠えてほしくない時におもちゃを与えれば、短時間でも気がそらせるので便利です。

おもちゃに注意を引きつけているあいだはいたずらをしたり、騒いで周囲に迷惑をかけたりする心配も少なくなるはずです。

いくつかのおもちゃを使いながら、とくにお気に入りのものがあれば外出時などに持ち歩いているといいでしょう。

④歯磨きの代わりになる

デンタルタイプのおもちゃやロープ状のおもちゃは、歯磨きの代わりにもなるといったメリットがあります。

しっかり噛んで遊ぶことにより、具体的に「自然と歯垢が落ちる」「歯茎を鍛えられる」といった効果があります。

とくにまだ歯磨きに慣れていない子犬や歯磨きをしっかりしてあげられない状況のときなども楽しく遊んでいるうちにデンタルケアができるので一石二鳥です。

ただし、おもちゃで遊ぶだけで口内すべての歯磨きができるわけではないため、そこは注意して定期的に歯磨きを忘れないようにしましょう。

⑤ストレス発散に効果的

「噛む」「振り回す」といった行動はワンちゃんの狩猟本能から来る動物としての本能です。

しかし、室内だと家具や身の回りにある物を傷めてしまうからといって、無理に制限ばかりさせていると犬もストレスが溜まってしまいます。

そんなとき噛んだり振り回してもいい素材で作られたおもちゃであれば、思う存分噛んだり振り回したりしてもいいため遊びながらストレスを発散することができます。

家の中もぐちゃぐちゃにならないので、もし心配な方は一つや二つあった方が安心でしょう。

犬のおもちゃで遊ばせる時の注意点とは?

犬のおもちゃはワンちゃんにとって様々なメリットがありますが、使いようによっては思わぬケガやトラブルにつながる恐れもあるので注意しなければいけません。

そこでここでは、犬のおもちゃで遊ばせるときの注意点についてご紹介します。

おもちゃの破損によるケガに注意

とくに長くおもちゃを使っていると、おもちゃが破損してしまう可能性があります。

犬によって噛む力はそれぞれですが、噛む力が強い犬は場合によっておもちゃを噛み壊してしまうことも。

しかしそのまま破損させたおもちゃを使ってしまうと、ワンちゃんがケガをしてしまいます。

破損を防ぐ対処法としては、「強度の高い犬用おもちゃを選ぶ」「こまめに犬用おもちゃの状態をチェックする」「なるべくおもちゃを出しっぱなしにしない」などが効果的です。

かけがえのない愛犬が思わぬケガをしないようにするためにも、しっかり対策をしておきましょう。

おもちゃの誤飲に気を付ける

犬用おもちゃで遊んでいる最中は愛犬が犬用おもちゃを誤飲してしまう危険性があります。

とくに破損した犬用おもちゃの破片や、ぬいぐるみなどから出る繊維は誤飲してしまう可能性が高いので要注意。

誤飲によっておもちゃを体の中に詰まらせてしまい、呼吸困難に陥ってしまうケースも。

もし誤飲が発覚した際は、慌てず速やかに動物病院でレントゲン検査を行なってください。

また誤飲を防止をさせないためには、なるべく目の届くところで遊ばせるか、部品などが複雑でないもの壊れにくいおもちゃをあげましょう。

安全に犬のおもちゃを使うための対策法5つ

せっかく遊ぶのなら、安全にワンちゃんに遊んでほしいですよね。

ここでは安全に犬のおもちゃを使うための対策法についていくつかご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 遊んでいる時は目を離さないようにする
  2. 目の届かないところにおもちゃを保管しておく
  3. 無理におもちゃを取り上げない
  4. なるべくこまめに洗うようにする
  5. 定期的におもちゃの状態をチェックする

➀遊んでいる時は目を離さないようにする

ワンちゃんがおもちゃで遊んでいるときは、なるべく目を離さないようにしましょう。

とくに子犬やおもちゃを与えた直後などは興奮しやすい傾向にあるとされています。

たとえ安全性が考慮された犬用のおもちゃであっても、我を忘れて噛んだり追いかけたりして遊んでいるうちに壊れてしまうこともあります。

おもちゃの部品による誤飲やケガなどもありえるので、「ちょっと興奮しすぎているな」「明らかにおもちゃが壊れかけている」など、すぐに異変に気づくことができるよう常に近くで様子を見ておきましょう。

②目の届かないところにおもちゃを保管しておく

いくらお気に入りのおもちゃでも、常時手の届くところにあって遊ぶことができる状態にしてしまうとどうしても飽きが来てしまいます。

また逆にいつでも遊べる状態にしておくと、外出中などで飼い主が見れないときに遊んでケガをしたり誤飲してしまうことも。

おもちゃで遊ぶ特別感やワクワク感を失わせないよう、おもちゃは遊び終わったらなるべくすぐに片づけて目の届かないところに保管しておくようにしましょう。

③無理におもちゃを取り上げない

ワンちゃんが興奮している時や夢中になっておもちゃで遊んでいるときに、無理に取り上げるのはNGです。

せっかく遊んでいたおもちゃを取り上げられることが続くと、ワンちゃんが取り上げられまいと飼い主さんから逃げたり隠れたりするようになるおそれがあるからです。

ときには絶対に取られたくないと思うあまり、うなったり噛んだりなど攻撃的な行動をとってしまう場合も。

せっかくおもちゃを与えたのに、暴力的になってしまったり、しつけにならないともったいないですよね。

遊んでいる時の状況などは「ちょうだい」「アウト」などの言葉をかけることで、子犬がおもちゃを自分から返すようなしつけをすると一緒に学べるのでおすすめです。

はじめはうまくいかないかもしれませんが、そんなときはおもちゃの代わりにおやつを少し与えるるとご褒美がもらえると身につきやすいですよ。

④なるべくこまめに洗うようにする

おもちゃは基本的にくわえたり噛んだりして遊ぶ物です。

したがって、犬のおもちゃは犬の唾液がかなり付着しやすいといったリスクがあります。

当然ながら唾液には雑菌が多く、唾液のついたおもちゃはゴミやほこりが付着しやすくなってしまいます。

衛生面から見ても使い続けるのはおすすめしないので、遊んだおもちゃはなるべくその日のうちに洗うようにしましょう。

とはいえ、ぬいぐるみなどは毎日洗うのはなかなか難しいですよね。

噛むぬいぐるみの場合は最低でも1週間に1回程度は洗濯、しっかりと乾燥させればかなりの殺菌効果が期待できます。

またあまりにもボロボロになってしまったら、定期的に買い替えるのもひとつです。

⑤定期的におもちゃの状態をチェックする

とくにお気に入りのおもちゃは、1週間に1度など定期的におもちゃの状態をチェックするようにしましょう。

とくに大型犬や子犬でも嚙む力は強く、問題なく遊んでいるように見えても破損や汚れなどが起きているといったこともあります。

「このくらいなら大丈夫かな」と思っていてもあっという間に壊してしまうことがあり、思わぬケガやトラブルに発展してしまったりもします。

チェックするときは細かいところまでよく見るよう、普段から心掛けましょう。

また不安のあるときは、「使用しない」もしくは「思い切って捨てる」といったことも検討してみてください。

犬のおもちゃは年齢や体に合わせたものを選ぶことが大事!

いかがでしたか?

今回は、ワンちゃんのおもちゃの選び方や、おすすめ人気おもちゃを紹介しました。

ワンちゃんのおもちゃを選ぶ時は、以下の4つの項目を考慮して選んでくださいね。

犬のおもちゃを選ぶときの基準
  • 遊び方
  • 素材
  • サイズ
  • 犬の性格

また、おすすめの人気のおもちゃ20選を紹介しておりますため、おもちゃ選びの参考になれば幸いです。

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ
犬と宿泊施設を出る女性

※本ページにはPRが含まれます。

犬のコラム

愛犬と泊まれる宿おすすめ人気ランキング!口コミ評価の高い人気の宿を徹底比較

2023年6月5日
ドッグフードの達人
旅行に行く時に犬を飼っていると誰かに預けないといけなかったり、自宅にお留守番させる場合は何かと不安だったりするかもしれませんね。 どう …
老犬・白内障予防になる犬の目に効くおすすめのサプリ

※本ページにはPRが含まれます。

犬のコラム

【2023年最新】犬の目に効くサプリおすすめランキング!老眼・白内障予防になる人気サプリ10選

2023年6月12日
ドッグフードの達人
ワンちゃんも人間同様、年齢を重ねて老犬に近づいていくにつれて、体のいたるところに健康障害を発生させます。 目のトラブルや眼病も、健康障 …
犬に与えられるおすすめの犬用スープ10選!

※本ページにはPRが含まれます。

犬のコラム

おすすめの犬用スープ人気ランキング10選!スープの種類や与える時の注意点を紹介

2023年6月5日
ドッグフードの達人
水分不足や加齢が原因で食欲が進まず、栄養失調になりかけているワンちゃんにおすすめのご飯があります。 それが、犬用のスープです。  …
犬用サプリ「アイズワン」の定期便の解約は可能?

※本ページにはPRが含まれます。

犬のコラム

犬用サプリ「アイズワン」の定期便の解約は可能?解約方法や条件について徹底解説

2023年6月8日
ドッグフードの達人
犬用サプリの「アイズワン」は、ワンちゃんの目の健康維持にいい効果をもたらしてくれる栄養成分が豊富に含まれているサプリメントです。 眼病 …