犬のコラム

おすすめの犬用スープ人気ランキング10選!スープの種類や与える時の注意点を紹介

犬に与えられるおすすめの犬用スープ10選!

※本ページにはPRが含まれます。

水分不足や加齢が原因で食欲が進まず、栄養失調になりかけているワンちゃんにおすすめのご飯があります。

それが、犬用のスープです。

犬用のスープは、水分だけじゃなく、不足しがちな栄養成分の補給ができたり、食欲が低下したこの食欲を刺激するトッピングになるなど、様々な使い方ができます。

今回は、自宅や出先で手軽に与えられるおすすめの犬用のスープを10種類紹介します。

【2023年最新】おすすめのドッグフード人気ランキング!原材料・安全性・食いつきを徹底比較

犬におすすめのスープ10選

ここからは、自宅や出先で手軽に与えられるおすすめの犬用のスープを10種類紹介します。

今回、ピックアップする犬用スープの主原料とスープの素のタイプ、価格をまとめると以下のような形になります。

商品名価格主原料スープの素のタイプ
ドットわんスープ605円国産牛骨スープタイプ
Wan Soup4,800円鶏むね肉キューブタイプ
ドッグダイナー 漁師のお魚スープ2,412円かつお・イワシ粒入り粉末タイプ
幸せのチキンスープ2,880円鶏肉・かつお・イワシ粒入り粉末タイプ
天然無添加手作りスープ1,410円かつお粉末タイプ
わんわんカロリーミニタイプ218円鶏肉ペーストタイプ
ドギーマン わんちゃんの国産牛乳スープごはんオープン価格鶏ササミ、牛肉、鶏レバースープタイプ
スープジュレ 国産しじみと煮干し880円しじみ、煮干しスープジュレ
国産豚肉と高知野菜のビタミンたっぷりスープ3,080円四万十ポークスープタイプ
四万十鶏とゴロゴロ根野菜のスープ3,388円四万十鷄スープタイプ

ドットわんスープ

ドットわんスープ
対象年齢
価格(税込)605円(5包パック)
1,650円(15包パック)
内容量1包10g
主原料国産牛骨
スープの素のタイプスープタイプ

ドットわんスープは、ぬるま湯でスープの素を溶かして食べさせられるタイプの犬用スープです。

主原料である国産牛から採れた大腿骨だけを集めて、じっくり煮詰めたスープなので、コラーゲンやコンドロイチンなど、骨の強度や皮膚の健康を支える栄養成分がたっぷり含まれています。

与え方は2方法あり、1つ目はぬるま湯に溶かして食べさせる方法と、2つ目はぬるま湯に溶かす前の原液を普段食べているドッグフードにトッピングして食べさせるほうほうです。

Wan Soup

Wan Soup
対象年齢全年齢
価格(税込)単品:4,800円
定期:4,320円
内容量スタンダードパック:100g(キューブ約20個)
ミニパック:6個入り
主原料鶏むね肉
スープの素のタイプキューブタイプ

Wan Soup(ワンスープ)は、ワンちゃんの健康維持・管理に必要な水分と栄養成分が手軽に補給できる犬用スープです。

キューブタイプの固形原料をお湯に溶かすだけで、簡単に犬用スープが完成するので、主食だけじゃなく、おやつとして与えることもできます。

またスープの原料は、フリーズドライされた状態なため、自宅だけじゃなく旅行先で与えることも可能です。

ドッグダイナー 漁師のお魚スープ

ドッグダイナー 漁師のお魚スープ
対象年齢全年齢
価格(税込)2,412円
内容量100g
主原料かつお・イワシ
スープの素のタイプ粒入り粉末タイプ

ドッグダイナーの漁師のお魚スープは、かつつおとイワシを主原料に数種類の野菜を煮詰めた犬用スープです。

粉末タイプのスープになるので、お湯で溶いてあげれば、おやつとして与えられます。

さらに、芳醇な香りを持つかつおがワンちゃんの食欲をと激してくれる効果もあるため、お湯で溶いたスープの中にドッグフードを混ぜてあげれば、食欲がない子や消化器官が弱くなった子でも無理なく食べられます。

幸せのチキンスープ

幸せのチキンスープ
対象年齢
価格(税込)2,880円
内容量100g
主原料鶏肉・かつお・イワシ
スープの素のタイプ粒入り粉末タイプ

幸せのチキンスープは、鶏肉とかつお、イワシを主原料に、数種類の野菜のうまみ成分と栄養成分が摂取できる犬用スープです。

粒入り粉末タイプの犬用スープなので、お湯を注いでたった数秒で美味しいスープが完成します。

手軽さとは裏腹に、9種類の野菜・肉・魚に含まれている栄養成分が補給できるため、不足しがちな栄養を補う副菜やおやつに最適です。

天然無添加手作りスープ

天然無添加手作りスープ
対象年齢全年齢
価格(税込)1,410円
内容量100g
主原料かつお
スープの素のタイプ粉末タイプ

天然無添加手作りスープは、かつおだしの香りが食欲を刺激してくれる犬用スープです。

降順な香りを持つかつお節に併せて、シイタケや昆布から取れた出汁を併せているので、水分補給や栄養補給に使えるだけじゃなく、スープの中にドッグフードを混ぜることで、出汁風味の効いたドッグフードにすることもできます。

おやつやトッピングとしても使えるので、フードの選り好みが激しい子に最適です。

わんわんカロリーミニタイプ

わんわんカロリーミニタイプ
対象年齢全年齢
価格(税込)218円(125g(5g×5個入り))
内容量125g(5g×5個入り)
主原料鶏肉
スープの素のタイプペーストタイプ

わんわんカロリーミニタイプは、手軽に水分補給ができるペーストタイプの犬用のスープです。

鶏肉をベースに、9種類のビタミン、ミネラル、オリゴ糖が配合された飲み切りタイプの流動食でもあります。

手軽に水分補給ができるうえ、普段与えているドッグフードへのトッピングとして与えることもできます。

ドギーマン わんちゃんの国産牛乳スープごはん

ドギーマン わんちゃんの国産牛乳スープごはん
対象年齢全年齢
価格(税込)オープン価格
内容量80g×6包
主原料鶏ササミ、牛肉、鶏レバー
スープの素のタイプスープタイプ

国産牛乳スープごはんは、ワンちゃんが安心して食べられるペット専用の牛乳シリーズの1つで、九州産生乳を原料に鶏肉や野菜を混ぜた犬用スープです。

生乳本来の旨味を凝縮した1つで、水分と鶏肉や野菜に含まれている栄養成分を効率よく補完できます。

なお、当商品には、小麦が使用されているので、小麦アレルギーを持つ子に食べさせるのは控えた方がいいでしょう。

スープジュレ 国産しじみと煮干し

スープジュレ 国産しじみと煮干し
対象年齢
価格(税込)880円
内容量18g×10個
主原料しじみ、煮干し
スープの素のタイプスープジュレ

「スープジュレ 国産しじみと煮干し」は、しじみと煮干しのうまみ成分を凝縮した犬用スープです。

主原料のシジミには、タウリンとオルニチンという成分が含まれており、いずれも肝機能にいい効果をもたらしてくれるので、肝機能に不具合が見られているワンちゃんの健康改善に最適です。

またスープジュレは、お湯に溶かして与えることもできれば、凍ったまま与えることもできます。

国産豚肉と高知野菜のビタミンたっぷりスープ

国産豚肉と高知野菜のビタミンたっぷりスープ
対象年齢全年齢
価格(税込)840g(70g×12個入り)
内容量3,080円
主原料四万十ポーク
スープの素のタイプスープタイプ

「国産豚肉と高知野菜のビタミンたっぷりスープ」は、国産豚肉「四万十ポーク」を主原料に土佐紅(サツマイモ)など高知県産の野菜をふんだんに使用した犬用スープです。

消化しやすいように5mm以下にカットされているので、超小型犬でも、消化吸収がスムーズに行えます。

また微量な塩分を含んでいますが、ワンちゃんが食べても過剰摂取にはならない程度量に調整されているうえ、ミネラル成分が豊富に含まれています。

四万十鶏とゴロゴロ根野菜のスープ

四万十鶏とゴロゴロ根野菜のスープ
対象年齢全年齢
価格(税込)3,388円
内容量840g(70g×12個入り)
主原料四万十鷄
スープの素のタイプスープタイプ

「四万十鶏とゴロゴロ根野菜のスープ」は、高知県産の鶏肉を主原料に、複数種類の野菜を混ぜ合わせた犬用スープです。

パック開封後、すぐに与え得られうえ、湯煎して人肌程度に冷ましてから与えたり、普段与えているドッグフードへのトッピングとして与えることもできます。

また1パック当たり、70ccの水分が摂取できます。

効率的な水分補給と、尿路結石などの病気予防のために食べさせたい飼い主におすすめです。

犬用スープの種類

一言で犬用のスープといっても、スープの素の種類はもちろんのこと、味のベースとなる主原料も異なります。

おいしいスープも、味のベースがワンちゃんの好みじゃなければ飲んでくれないことがしばしあります。

ここでは、犬用スープの種類について、解説します。

野菜メインのスープ

野菜メインの犬用スープは、栄養価が高く、犬の消化にも優れた1品です。

例えば、カボチャや人参、さつまいもなどの繊維質が豊富な野菜を主成分としたスープは、犬の消化器系を整え、健康的な体重維持にも役立ちます。

また、野菜から得られるビタミンやミネラルは犬の免疫力を強化し、病気の予防にも寄与します。

そのため、定期的に野菜スープを与えることで、犬の全体的な健康状態を向上させることが可能です。

肉メインのスープ

犬は元々肉食性の生物であり、肉メインのスープはその食事習慣を満足させるとともに、高品質なタンパク質を提供します。

例えば鶏肉、牛肉、羊肉など、さまざまな種類の肉を基にしたスープは、犬の筋肉組織の維持や成長、エネルギー源として必要不可欠です。

また、肉にはビタミンB群や鉄分も含まれており、これらは犬の健康な血液生成や神経機能に必要です。

魚のスープ

魚には、オメガ-3脂肪酸、特にEPAとDHAを豊富に含んでいます。

これらの栄養成分は、ワンちゃんの心臓や脳の健康を支え、皮膚や被毛のコンディションを良好に保ちます

また、魚はタンパク質源としても優れています。

サーモン、サバ、鯖などの魚を用いたスープは、愛犬の栄養バランスを整えるための素晴らしい方法です。

出汁メインのスープ

出汁メインのスープは、野菜や肉、魚から抽出したエキスが豊富で、ワンちゃんにとって美味しく栄養豊富な選択肢となります。

鶏や魚、昆布、野菜からとった出汁は、犬の食事に深みと風味を加えます。

さらに、出汁には、身体の各機能をサポートするための各種ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。

骨付き鶏スープ

骨付き鶏スープは、犬にとって栄養価が高く、また美味しい食事の一つです。

ゆっくりと煮込んだ鶏の骨からは、健康な骨と関節の維持に必要なカルシウムやコラーゲン、グルコサミンが溶け出します。

また、鶏肉は高品質なタンパク質を提供し、犬の健康維持に重要です。

このスープは特に寒い季節や、食欲が落ちている時に最適な食事となります。

犬にスープを食べさせるメリット

ワンちゃん用のスープには様々な種類があり、味のベースになっている食材の種類次第で得られる栄養成分が変わってきます。

ここでは、ドッグフードだけじゃなく、ワンちゃんに犬用のスープを与えるとどのようなメリットがあるのかについて解説します。

水分補給になる

ワンちゃんの健康を維持するためには、十分な水分摂取が重要です。

ワンちゃんにスープを食べさせるという方法は、特に暑い季節や運動後など、ワンちゃんが大量の水分を失う可能性がある時に役立ちます。

また、高齢のワンちゃんや病気から回復中のワンちゃんは、自発的に水を摂取することが難しい場合があります。

このような場合、スープを通じての水分補給は非常に有効です。

スープは美味しく、ワンちゃんが喜んで食べるため、無理なく水分を摂ることができます。

犬が水を飲まない時の理由は?水分不足を防ぐ対処法を詳しく解説

不足しがちな栄養の補完ができる

スープは、ワンちゃんの栄養バランスを調整するための優れた手段です。

一般的に、ドッグフードだけでは補足しきれないビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素を、スープを通じて効果的に補給することができます。

例えば、野菜スープはビタミンや食物繊維を、肉や魚のスープは高品質なタンパク質やオメガ-3脂肪酸を提供します。

さらに、特定の栄養素が必要な場合や、ワンちゃんの健康状態によっては、そのワンちゃんに最適化したスープを作ることも可能です。

このように、スープはワンちゃんの健康と栄養摂取をサポートする素晴らしい食事の一つです。

犬にスープを与える時に気を付けること

ワンちゃんの健康維持・管理の支えになる犬用スープですが、いざワンちゃんの与えるときは、使用されている食材の確認をしなければ、ワンちゃんの身を危険にさらす恐れがあります。

ここでは、ワンちゃんに犬用のスープの与える時に気を付けることを紹介します。

アレルギー成分の有無

ワンちゃんにスープを与える際には、アレルギーを引き起こす可能性のある成分が含まれていないかを確認しましょう。

ワンちゃんによくあるアレルギーを引き起こす食品としては、鶏肉、牛肉、魚、穀物、卵、乳製品などがあります。

また、ワンちゃんにとって有害な食品、たとえばニンニクやタマネギ、チョコレート、ブドウ、レーズンなどを含むスープは絶対に与えてはいけません。

これらの食品はワンちゃんの消化器系を混乱させ、場合によっては命に関わる状況を引き起こす可能性があります。

したがって、スープの全成分を確認し、ワンちゃんがそれを安全に食べることができるかを常に確認する必要があります。

犬のアレルギー検査の費用ってどれくらい?アレルギー検査の種類や期間・検査で分かるアレルギーの種類を徹底解説

与える時は人肌程度のものにする

スープを与える際のもう一つの重要な注意点は、その温度です。

ワンちゃんの口腔内は人間よりも温度感知に敏感であり、熱いスープは口内や喉を傷つける可能性があります。

そのため、スープは人肌程度の温度に冷ましてからワンちゃんに与えるべきです。

また、熱いスープを飲むとワンちゃんが焦って飲み込む可能性があり、それが舌の火傷や、舌炎などを引き起こす可能性もあります。

したがって、スープをワンちゃんに与える前には必ず適切な温度になっていることを確認し、安全に飲むことができる状態にすることが重要です。

犬に与えるのは危険!注意すべき食べ物と病院で行う処置も解説

犬用スープは水分補給や栄養補給に最適

ワンちゃんの健康管理において、適切な水分と栄養素の摂取は重要な要素の一つです。

そのために特に有効な手段が、犬用スープの提供です。

犬用スープは、水分補給と栄養補給の両方を同時に行うことが可能であり、特に暑い季節や運動後、高齢や病気からの回復期など、犬が水分を十分に摂取しづらい状況ではその効果を発揮します。

また、スープは犬が好んで食べるため、無理なく水分補給が可能です。

さらに、肉や魚、野菜を用いたスープは、ドッグフードだけでは不足しがちなビタミン、ミネラル、タンパク質などを補うことができます。

これにより、犬の健康維持と栄養バランスの調整を効果的にサポートできます。

ただし、スープを与える際には、犬のアレルギーや、スープの温度に注意しましょう。

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ

※本ページにはPRが含まれます。

犬のコラム

犬の涙やけ予防・対策に最適なおすすめのサプリ5選!配合成分や1日の適量について徹底解説

2023年6月14日
ドッグフードの達人
チワワやトイプードルなど、超小型犬や小型犬に多く見受けられる涙やけは、目元の毛が赤茶色に変色する目のトラブルです。 涙やけの改善をドッ …
犬と宿泊施設を出る女性

※本ページにはPRが含まれます。

犬のコラム

愛犬と泊まれる宿おすすめ人気ランキング!口コミ評価の高い人気の宿を徹底比較

2023年6月5日
ドッグフードの達人
旅行に行く時に犬を飼っていると誰かに預けないといけなかったり、自宅にお留守番させる場合は何かと不安だったりするかもしれませんね。 どう …